プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:古道プロジェクト
1534285_383639111801949_4324660036083542111_n.jpg


まずは神社で私による参拝作法のレクチャーと、

冷えた身体を温めるストレッチ、

その後、コース説明から和やかに始まりました。

10393687_383638711801989_1834850508349193116_n.jpg

10405305_383638078468719_5435967833150972192_n.jpg

10406610_383638915135302_6718712818065505688_n.jpg  10382731_383638698468657_5047014760469407456_n.jpg

10420386_383639128468614_7996160946702018135_n.jpg

10408637_383639151801945_3659853389933028132_n.jpg

10461383_383639211801939_4256024217610432680_n.jpg

10411216_383639171801943_7262175462470015462_n.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 写真

DATE: CATEGORY:古道プロジェクト

現在住んでいる、何百㍍もの標高差のある街、
南信州は駒ヶ根市。

 
去年5月、
ご縁あって横浜から ここ南信州に越して参りましたが、
道々、やたらと道祖神や庚申塔などの石碑が目につき、
気になってはおりました。
 
この辺りは昔から・・一番盛んに行われていたのは、
おそらくは天下泰平の江戸期だと思いますが、
「庚申信仰」が色濃い土地だったようです。

10414458_384296048402922_2280007007248199105_n.jpg


先日、日曜日は「大御食 おおみけ フットパス」
その歩いたコースの道中にて、
プチガイドよろしく庚申塔の説明をさせていただきました。


10563183_480112972128123_6460172665662589807_n.jpg
 
 

☯元々の起こりは中国の道教ですが、
陰陽五行のお話しを少ししますと、
 
60日にいっぺん(アースノーマットではない)(笑)、
庚申(こうしん)の日は、
この世界の五つのエレメント「木・火・土・金・水」
 
そのうちの金・金…五臓六腑でいうと「肺・大腸系」
心理でいうと「愁い うれい・悲しみ」に相当します。
 
このキン・キンのエレメントがダブルで重なってガッツンガッツンして(笑)
いろいろとトラブルを生みやすい日とされていました。

 
 
これは古代中国の体のとらえかたですが、
人間は本来、何事もなければ120歳まで生きるとされています。
 
 
体のなかには「三尸 さんし」という虫が住んでいて、
この庚申の日、
 
寝ている間に体を抜け出して天界に昇り、
最高神である「天帝」に、
普段の生活ぶりをいわゆるチクるわけですね(笑)
日本で言うと、地獄の閻魔さまにチクるわけです(笑)

 
で、この三尸(さんし)の虫から報告を聞きつけた「天帝」が、
“なに?そんな悪いことしてるなら、そいつの寿命を削ってやろう”…
そしてひとつ削り、ふたつ削りと、
寿命を減らされていくと信じられていたのですね。

 
 
眠ってるあいだにその虫が体の外に出ていくなら、
じゃぁ、夜通し起きてたらいいじゃん♪と(なんと安直な)(笑)、
寝ないで無病息災を祈ったのが庚申信仰の起こりです。

それが平安時代に当時の貴族にも伝わりました。
紫式部や清少納言も寝なかったそうですよ(笑)

 
 
当時は寝ないだけで拝む対象はありませんでしたが、
鎌倉・室町と時代がくだるにつれて庶民にも広がり、
そして一番の最盛期は、
世相が安定して来たおそらくは江戸の時代、
 
神仏習合のなか、
次第に仏教色が強くなり、
主に青面金剛と呼ばれる不動明王に似た仏様を、
目に見えて明らかな御本尊に見立てて拝むようになります。
 
 
そして神道的要素や修験、密教、
道開きの神さま・猿田彦さまを起こりとする道祖神なども加わり、
複雑に融合して、
石碑を結界のように辻かどに立てるような風習となりました。
 
10153301_283511158481412_3954683932625667634_n.jpg
 

大体、庚申の日は、
夜通し宴を催し、そのあと勤行をして、
 
それは村の衆の信仰度合いのひとつの目安でしょうが、
3年18回をやりきり、
その証しとして庚申塔という供養塔を立てたのでしょう。

 
 
安直云々と、
上のようにちょっとふざけては書きましたが、
 
信仰とはポーズではなく、
痛切なる想いから生ずるものです。
 

昔の人はこの国の土地空間にマッチした
自然の流れに沿った旧暦で生きておりました。
 
それはこの国の、主に米作り・・
農耕にマッチした暦でした。
 
 
五穀豊穣を祈り、収穫を祝い、
その恵みを神=自然に奉げて感謝を示し、
神=自然に繋がりながら、
毎日を丁寧に生きておりました。
 

人は畏敬の念を忘れるからこそ、
「行事」というものを制定して、システム化したのです。
 
もちろん精神の抜けた形だけのもの、
形のむくろ・形骸化したものをとりおこなっても
天地とは繋がりません。
 
10385606_288287338003794_9161548610267654797_n.jpg

 
自然は大いなる恵みを もたらすと同時に、
またすべてをさらっていくものでもあります。
 

飽食の時代と言われて久しい現代ではありますが、、
 
そのむかし、
作物が穫れないということがどういうことであるか、
あした食べるお米が底をついて、
飢饉などで それが何日、何十日と続くときもあったでしょう。
 

この伊那谷には、
川の氾濫も しょっちゅうである暴れ天竜とも呼ばれる天竜川が流れています。
 
その天竜川を、ときには飢えで亡くなった方の遺体が流れ行き、
そういった光景を目の当たりとしながら、
武士でなくとも この土地の人々は
確たる死生観が育っていたはずです。
 

庚申祭りでイベントを楽しむ反面、
そういった死生観も、
信仰の裏には流れていたはずです。
 

10356332_288288004670394_9140435392701524283_n.jpg

 
〝恐れを知らぬ自惚れた人は 宇宙の力を悪魔に変えた〟
 
「僕と彼女と週末に」という浜田省吾の歌ですが、
 
この畏れ(おそれ)・・わたしたちが畏敬の念を忘れたことと、
さまざまに起きて来た社会問題とは決して無縁ではありません。
 

今回は、そんな庚申信仰のお話しでありました。
 

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 写真

DATE: CATEGORY:古道プロジェクト
10407110_383825435116650_2109355791749633626_n.jpg


秋名残の紅葉も楽しめ、風さわやかに
 
陽の光りも優しく、
 
選定されたコースの成功を感じることができました。
 

10001379_383825565116637_1473011200864684984_n.jpg

10522747_383825498449977_7455966540492359286_n.jpg

10420167_383830995116094_6009907219853944649_n.jpg

 
古街道研究家 宮田 太郎 先生の講演会も、
 
先達として、
熊本県美里町の取り組みと成功例をいただき、
 
東京町田市の古街道団と協力しながら、
駒ケ根初の「歴史古道フットパス」として、
良いモデル事業を提供することができそうです。
 

[ 講師 ] 宮田 太郎・(株)歴史シアタージャパン 代表
http://www.miyatataro.com/profile/
 

10805537_383831041782756_3844514758473206753_n.jpg

15852_383831058449421_1120594186257552779_n.jpg

 
「ドラマチック!美里町 ~フットパスの魅力~ Fantastic! Misato Town. -Intriguing FootPath- 」
 https://www.youtube.com/watch?v=qdfm86F-CfU


10393933_383825515116642_2207869712393113615_n.jpg

10247474_383831021782758_3582530657886720097_n.jpg

10421215_383831081782752_5811665326292286676_n.jpg

10407926_383831118449415_9153462051964305931_n.jpg

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 写真

DATE: CATEGORY:古道プロジェクト
10615369_339434186222442_158468793984929743_n.jpg


私も役員として関わらせていただいてます長野県は南信州、
地域発元気づくり支援金による事業と、
それによる市民活動団体「まほろばの里研究会」の事業計画。


イベント・講演会と今年度は駆け抜けて参りましたが、
いよいよ明日、
11月30日㈰が最終事業になりますので、
それにからみまして お知らせの方させていただきます。
 


地域の外の関心と参加も呼びかけながら、
地域の方でさえ知らない歴史の掘り起こしをはかり、
情感ふくめた感性力を高める「フットパス」。

イギリス発祥とされ、
現在、全国的に取り組みがなされているこの「フットパス」

単に訪れた地域を歩くだけのウォーキングではない、
地域の方とのコミュニケーションも目的の周遊ツアーです。
 
IMGP8865 (1)


明日30日当日は、
日本武尊 ヤマトタケルノミコトを主祭神とする「大御食 おおみけ神社」を出発し、
 
古代から中世まで
 
古東山道(こ とうさんどう)を辿りながら、
赤須城址や小鍛冶古墳などを巡る、
比較的平坦な二時間ほどのコースを歩きます。
 
IMGP7672.jpg


そのあと、上記の「フットパス」を全国的に進めておられます、
宮田 太郎 氏の講演会を開催いたします。
 
IMGP7997.jpg


11/30㈰
場所:大御食 おおみけ神社
長野県駒ヶ根市赤穂市場割11475
 
時間:10:30 集合
 
参加費:1,000円
 
講演会場:宮の前いきいき交流センター(大御食神社近く)
長野県駒ヶ根市赤穂11568−1

 
[ 講師 ] 宮田 太郎・(株)歴史シアタージャパン 代表
http://www.miyatataro.com/profile/

懇親会:16:00~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わたくしども「まほろばの里研究会」は、
長野県内におけるリニア開通による国内外の観光客の誘致を図るため、
そういった利便性をとらえた上での、滞在型の地域交流を目指しています。

またこの南信州に確かに流れる、
古代よりの深い歴史の体感を目的とした、
主に「古道」というものにスポットを当てた、
古道を歩く観光プラン「歴史古道フットパス」というものに着目いたしました。

 
IMGP8985.jpg



自然の流れに沿って形成された「古道」と、
その発展の歴史、
人・物を運び、いにしえより人々の結びつきを育んできたであろう、
その古道の上を散策・学習しながら、

現代人が失いかけている、
また取り戻すべき天地自然への感性力、

埋もれかけた地域に暮らした先人の歴史ロマンやストーリー、
人・自然との結びつきを再発見するであろう その軌跡を、
参加される皆さまと共に体感・共有して参りたいと願っております。


また明日30日当日は、本年事業のとりまとめとして、
往年研究して参りました地元で「美女が森」と呼ばれ親しまれている、
駒ケ根市の社(やしろ)・・・大御食神社(おおみけじんじゃ)を中心に、
「大御食古道フットパス」を展開していく所存です。

みなさま、よろしくお願いいたします。


IMGP7964.jpg

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
「まほろばの里研究会」
 
TEL 090-3143-2440 (中島)
 
Email : nakakazu@janis.or.jp

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 写真

DATE: CATEGORY:古道プロジェクト
10661675_342785955887265_2874968086599495996_o.jpg


「南信州・古道プロジェクト」

私も関わる長野県元気づくり支援金を活かした事業、「まほろばの里研究会」ですが、

8月30日㈯
午前中、「秋葉古道フットパスツアー」に始まり、午後は「ゆらぎの心理学」の著者であり、カオテック研究所代表の雄山 真弓先生の講演会と相成りました。
おかげさまで、好評のうちに無事終えることができました。

ご参加された皆さま、ありがとうございました♪


心を科学する「カオテック研究所」
http://chaotech.org/


ゆらぎ


講演は、「ゆらぎの心理学」自体が電子書籍による英文で海外向けにも発信されているせいか、学術論壇の様相を呈すような本格的なもの(笑)
なんちゃらわからんけれど、おらが村にエライ先生が来たもんだぁ~と、目をパチクリか、眠くなる向きもあったやもしれません(笑)


識しることは力に成ります。


少し補足をすると「ゆらぎ」というのは「波動」です。

私などは身体論からなる体験知からの実践研究者として「気功」などの状態における生理的データの裏付けが取れますし、こういったお話しは大変興味深いのですが・・・


「命」というのは常にゆらいでいないと成りません。


雄山先生の著書の中でも、宮本武蔵の「五輪書」と女性のここ一番の大勝負、出産時の状態の共通性について検証されておりますが、

ここぞというときの環境適応力・・・これは以前、私も記事において触れた「不動心」と同じことです。


非常時ほど問われる変化への対応力・・・これは〝動じない心〟という直訳的な言葉のイメージからなのでしょうが、

「不動心」とはピタっとした、固着した、心が動かぬ状態を指すのではなく(このような状態を居着き、死に体 しにたいとも言います)、
心においても体においても、中心点は据えたまま「ゆらぎ」を保持し、

変化に対して、いつでも反応できる状態のことです。


これは私が気功学上で説かれる「松緊度 しょうきんど」・・・ゆるみ と しまりの関係と同じ状態です。

一般でいうリラックス・・・ゆるみ過ぎれば「たるみ」と成り、

しまり過ぎれば「こわばり」・・・過緊張と成ります。

そのどちらかに傾きすぎては、人間はいざというとき・・・たとえば災害時や、人生上の ここぞ!というときなどに、
速やかに反応して「対応」することができない。


この「ゆらぎ」の幅が、バイタリティふくめた生命活動の幅であり、本人の命の幅でもあります。

雄山先生は、指尖脈波(しせんみゃくは)と呼ばれる指先から得られるバイタルチェックから、
コンピュータ上のカオスアトラクターという非線形の「波」として、心の状態の視覚化をはかり、
鬱や認知症レベルの高い方々のデータを取り続けて研究を続けておられる方です。


10556379_342786182553909_5293142415949936931_n.jpg

10357825_339434346222426_3721792631866752760_n.jpg

10609652_342786565887204_7800579379346567690_n.jpg


鬱や認知症の方はやはりこの波・・・「ゆらぎ」の幅が少ないことがデータからわかってきております。

その御研究は常に社会にお役立ていただけるように、最近ではモバイルなどの端末を活かしたハンディな機器の開発をはかり、
歩数計を見るように、いつでも自分の状態をチェックできるような自己診断システムの実現を目指しているそうです。

私が伝える気功体系も「内観」を通じて、自身の感覚の変化を追う「意識化をはかる作業」と言えますが、
こういった見えない世界を機器を通じて視覚化するのも「意識化をはかる作業」と言えます。
それと人はご自分の状態に〝気をつける〟ようになり、ご自分の人生を主体的に生きるようになりますから。

10626501_339434486222412_1837957653199458458_n.jpg


講演に際して「ゆらぎ」と「古道」とどう関係があるの?という向きもあるかも知れませんが、
「古道」も、その交通の要所に存在する神社仏閣も、この「ゆらぎ」が活性化している場所です。
それは私たち市民プロジェクトも一昨年から、同じソフトで指尖脈波を通じて測定をし、
神社での気功前と気功後における、その如実な心身の変化のデータを積み上げて参りました。

10560562_342788319220362_302414970460817362_o.jpg


雄山先生曰く、自然現象は総て「カオス」であるとのことです。

カオテック研究所、サイトによる「カオス」の説明です。
「カオスとは、あるシステム(系)が確固たる規則(決定論的法則)に従って変化しているにもかかわらず、非常に複雑で不規則かつ不安定にふるまい、遠い将来における状態がまったく予測できない事象のことです。」


小宇宙と大宇宙とは良く言われることですが、
人体が刺激に対してその健全さを保つために、自然治癒力など適宜に対応するための自働調節機能を備えているように、

自然もまた、その恒常性を保つための調節機能・・・自然現象という見立ては納得のいく話しです。


たとえば人間にとって無慈悲ともとれる自然災害・・・これは地球規模で捉えれば、自然自身のセルフケアと解釈することもできます。
自然は人間ひとりひとりの こうあってほしいという気持ちを汲み取って機能しているわけではありません。

またひとりひとりの情感を汲み取っていないからこそ、かならず夜は明けて陽の光りが注ぐように、あまねく全ての人々が、
差別なく自然の恩恵を受けられている、という捉えかたも出来ます。


そうだとするならば、自然が具合悪く感じるような環境に対する振る舞いを一切止めるのが、
今後の人類のつとめだと、私は想うのです。

10571936_342788565887004_7457421317138035197_o.jpg

10630661_342788955886965_7981646302616107942_o.jpg


10549950_342786342553893_1992953734823475380_o.jpg


雄山先生は御年70代の女性学者です。常に社会にお役立ていただきたいという高いお志と、常に純粋な研究熱に突き動かされ、それが若さの秘訣にもなられている素敵な方でした。

ご一緒にお話しを取り交わしながら感動したもののひとつに、
雄山先生が年若い時分、さぁ、これから学者にというときに、お父様が娘である雄山先生のために時間を作り、
当時、神奈川県は大磯の自宅を出て、東北大学のある仙台まで来られて、
〝なぜ学者になりたいのか?〟と話しを切り出したそうです。

このお父様というのが、当時民間の会社の研究所長をされていて、
日本科学工業賞や大河内賞も受賞された、優れた研究者であったそうです。

〝なぜ学者になりたいのか?〟 雄山先生はいきなりそう聞かれて首をかしげながら〝好きだから?〟と答えたそうです。
それを聞いた雄山先生のお父様は〝ただ好きなだけではだめだ。 ヒューマニティーのない学者になるんだったら、今すぐ帰って来なさい〟と、厳しく言い放ったそうです。
それを70になられた今でも印象的にお話しされるということは、学者になる「根」として、そのとき相当ビカッと自身の中に落ちたのでしょうね。


物事好きなだけで続けるには足りない「根気」、「決心」・・・それをしっかり養うことの大切さを考えさせられるお話しだと思います。


10363995_342789089220285_3153226813204779830_n.jpg


ご興味ある方は「ゆらぎの心理学」詳伝社新書、
よろしかったらお手に取って読まれることをおすすめいたします。
読みにくい学術書のようなカタい文章ではありませんから♪

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体


copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ