FC2ブログ

【 抱 bào - to hold 】

202007180902492a8.jpg


片足挙げは、挙げたその足裏をいつでも降ろして、次の動きに備える気持ちがあることで頭頂部まで大地の力が貫き、体幹が安定するのです。

この状態を固定的バランスに対して、動態バランスと言います。

自然とその現象は常に、毎回、毎瞬、この動態バランスで変化を重ねているのです。

自然の機微とその変化を、大げさに騒がずにキャッチする力を養うのが気功や太極拳と言えるでしょう🌱

この場合の自然とは、外の自然のみならず、自身のからだうちを流れる自然である体内環境能力も指します。

つまり、気功や太極拳を行うひとつの狙いとは、自身の体内環境の自浄作用を促進する能力を養うことだと言えるでしょう。

このことは実は心の自浄作用も、その身を修めながらも意図することなく並んで行われているのですが、

気功や太極拳を行ったあと、清新で爽やかな気持ちに包まれる体験をされる方が多いことは事実であります🍃

In one-leg raising, the sole of the raised foot is lowered at any time to prepare for the next movement, so that the power of the earth penetrates to the top of the head and the trunk is stabilized.

This state is called dynamic balance as opposed to fixed balance.

Nature and its phenomena are constantly changing in this dynamic balance.


202007180902486b1.jpg



スポンサーサイト



【樹々との相互作用】

2020060911581783c.jpg


氣で結ぶ訓練を日々、行っていると、樹木の一本一本にもさまざまな表情があることに気功の実践者は気づくのです🌱

樹木にもそれぞれ格があって、あっ💡この方は地元の名士クラスだな、とかね(笑)

When Qigong training is conducted on a daily basis to interact with trees, Qigong practitioners notice that each tree has a variety of expressions.


202006091158199f9.jpg




【 抱球式 】

202006040841379a9.jpg


The first step in Zen, when you stand up, is to hold a ball.

両足先は平行に揃えて立ち、両足の幅は肩幅よりやや広く取り、あたかも高い椅子の端にちょこんと触れるような気持ちで股関節・骨盤を沈めて参ります。

股関節が沈むと共に、連動して頭のてっぺんは首はリラックスしながら天空に向かう気持ちで釣り合いを保ちます。

「上虚下実」釣り合う力は下半身7分、上半身3分の割合です。

両腕はただ脱力するでなく、両肩は鎖骨を沈めるように自然にゆるめ、
両の肘は、例えばテーブルに両肘を着けて体重をかけて足を浮かし、そのまま上半身を伸び上げるような重量感がありながらも、両腕内側には膨れ上がるボールを抱いているような感覚を保ちます。

体幹は骨盤の上に楽に背骨が乗る感じで真っ直ぐ立てます。
腰が反らないように気をつけて。
たとえば仰向けに素直に寝た場合、よほど骨格に異常変異がなければ、腰は反らないですよね。
立っていてもそのような状態をキープしてみます。

からだを立って保つ以外の全身の余計な力は抜き、
眼の奥の力を抜き(凝視しない)まるで仏像のような半眼・薄目で前を見ると、呼吸は自然と落ち着き、迷いなく、気持ちはへその奥辺りを感じ取れば自然とさざ波立った心も落ち着いて参ります。

そのまま5分ほど、エネルギー発生装置が働くための上記の外的要求、内的要求を満たしながら立ち続けてみます。

内的変化が自然に起きる周期はだいたい40分から。
その場合は写真よりもやや腰を高くしてトライします🍀

習得すればいつでもどこでも、たとえ留置場に入れられても(笑)畳半畳のスペースがあれば、効率の良い運動不足解消となりますよ🎵

まずはどれどれと♪軽い気持ちでトライしてみてください。


2020060408414259b.jpg



【 呼吸養生 】

2020060117412187c.jpg


呼吸養生とは、人間生命体の本来あるべき姿からその本質を引き出すことであり、常に呼吸器の性能スペックを引き出すことでもあります。

呼吸訓練には慎重な段階があり、最初から無理に吸ったり吐いたりせずに、この種の保健医療運動においてはまずは自然呼吸を説きます。

血中酸素濃度など全身の細胞に至る必要な呼吸量とリズムは、写真のような体系の力を借り、その姿勢と体勢から産まれる体内推進力によって自ずと意図することなく決まって参るのです。

最も単純な原理は、心が穏やかに静まり、リラックスして自然な呼吸から姿勢とその動きが自律運動として導かれて行くことなのです。

Kinetic power method: Kinetic power method is mainly based on body posture guidance, often combined with breathing and vomiting, and even mind guidance, but the simplest principle can be relaxed and natural breathing to guide posture movement.


202006011741199a8.jpg



【 足の三角力 】

写真の歩形・弓式🏹で立つとき、後ろ足の前進する力と、前足のブレーキング・制動する力をかち合わせて、体幹姿勢の安定をはかります。


202003240830403a7.jpg


この、力をかち合わせたり、引き合ったりする力の融合とその状態を「争力」または「矛盾力」と表現します。

世の中は思想としても体感としても一方向性だけではとても危険であり、
矛盾あるからこそ、いろいろなものが産み出されていると言えます。

When you stand in the posture as shown in the picture, the force of the back leg moving forward and the force of the front leg braking are matched to stabilize the trunk posture.

The power created by this attitude is described as "conflicting forces". It is very dangerous to limit the world to one direction, both as an idea and as an experience, and it can be said that various things are created because there are contradictions.


20200324083040c90.jpg