プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
〔 山下俊行 〕

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな現代人の

こころ と からだ がより良く寄り添うような、

身体と心の在りかたセッションです。



からだ の軽快な状態をもって こころ の状態が導かれていく


セッションの比重としては、
中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや症例に応じた各種整体運動・現代型ストレッチなどをとりいれたセッション内容となります。

 
一般に広く行われているリラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まっていく」


そんな状態をセッションでは当面、目指しますが、
プロセスのなかでいずれはそんな目的も自然に忘れて、
楽になれば良いと捉えております。


現代は特に、

“あたま”が賢くなることよりも先に、
 
“からだ”が賢くなることが大切なことと感じています。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:感性文
【 17歳のカルテ 】


いちばん自由奔放に見えるアンジーが、
いちばん“囚われていて”そこから“抜け出す”ことが出来ない。
 
私自身が精神病棟に勤めた経験や、
日々、向き合っている自分の仕事から言える感慨ではありますが、

何が異常や病態で、何が正常か、
そのボーダーラインは複雑なようでいてシンプルやも知れません。


【 Girl, Interrupted • Downtown • Petula Clark 】
https://www.youtube.com/watch?v=Ljfoc1aYS60&feature=share




スポンサーサイト

テーマ : 人生を豊かに生きる - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 プライベートセッション 個人指導

DATE: CATEGORY:感性文
flow of ki energy



「自然」成るものは、基本は言葉では言い尽くしがたい。

それはこの宇宙の森羅万象の思想性さえ宿し、また物理現象までをも包括した「道 TAO」であったり、

原子の熱振動とその運動エネルギーである科学表現として説明できたりと、いろいろでありましょう。

 
「表現」として昇華するならば、

それは文学的だったり、実利的だったり、

それもさまざま。

 

「氣」とは、ひたすらミクロな

この世界を構成する物質構成要素でもあり、

また物質相互転化の作用による、
不可視ではありますが確実に現象として機能している「エネルギー」という性質をも持っています。

 
生命体として氣をまとわないと「死」が訪れるのは、

エネルギーが枯渇し、また絶えるからです。

 
電気、磁気、蒸気、病気など、

われわれの生活とも密接に関わっている

物もの 事こと

ふと気づけば 氣を冠している言葉はたくさんございます。

 
なにげにわたしたちが氣に関して使っている言葉も、日常たくさんあるのですよね。

 
気に入らない、いい雰囲気、

気が向かない、気に障るなどなど。

 
これらはわたしたちの「気持ち」…

無為・有為による意識の作用と 氣の働きが密接であることをあらわすものです。

 
いわゆる「気功=気の訓練」とは 
 
こうしたとらえがたくも「自由」であり、
 
状況に応じてさまざまに質的変化を続ける「氣」を、
 
体内外においてセンシティブに練り上げるトレーニングとも言えるものです。
 

とらえがたい自由であるがゆえに、
 
いまひとつ固定化したイメージが、社会的に定着しない側面を持って現在に至っている感じでもあります。
 

ただ、この世界を個人またはコミュニティの想念において紡ぐ、
絶対から成る幻想世界の確立へと陥らず、
 
相対世界を生きる「自由自然」へと至る“橋渡し”として、
 
無限の可能性を秘めているのも、
 
「氣」とただ一文字に、
 
シンプルに表現されているものの特性やも知れません。



【 端座 たんざ 】






テーマ : 人生を豊かに生きる - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 プライベートセッション 個人指導

DATE: CATEGORY:感性文
【 站樁(たんとう)Standing zen 禅 】


立ち昇る雲

 
どんなに低く腰を落としても、
良くも悪くも世の中の現象面においては相対的に安心しないで(心と身体の動きが停滞することは避ける)心と身体のフットワーク・機動性を失わないことです。

No matter how you sink your body, "footwork" is to not lose mobility.



magical-fire-4-2-s-307x512.jpg





テーマ : 人生を豊かに生きる - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 プライベートセッション 個人指導

DATE: CATEGORY:感性文
変わりゆくもの 変わらないもの

それぞれの歩みのなかで

人生上、かならずや訪れる

本人のなかでの 質的変化が起こる

 
それは「気」であり 「運」であり、

ふたつを総称しての 「気運」というものがある

 
それぞれの「気運」の

その流れにおいて大切なことは

 
たとえどんな流れのさなかにおいても

自身の限りない自覚があり、

その姿勢態勢においては 支流はあれども

確たる本流が観られること

 
流れを感じ 流れにまかせて

生きること

生ききること

 
命の奔流は 尽きることはない



尽きることはない






テーマ : 人生を豊かに生きる - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 プライベートセッション 個人指導

DATE: CATEGORY:感性文
どのような立派な言葉も 
しかるべき身体の感覚が育っていないと、
一向に心には落ちてこないものです。
 

この世界はすべて響きで成っています。
 
山も川も 海も
 
みなそれぞれの響きという表現で成り立っているのです。
 

たとえば、わたくしどものような体術家であれば、
 
自身の手足を通じて、
 
たとえば拳なら 
 
それが怒りであれ 悲しみであれ、
 
拳を通じて 何をどう表現し、
 
どう自分の気持ちを昇華せしめるかです。
 

人から何を言われても
 
おそれないで
 
あなたの表現を し続けることです。



【 あなたの表現をすること 】





テーマ : 人生を豊かに生きる - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 プライベートセッション 個人指導


copyright © 2018 ☯Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ