FC2ブログ

【 新ホームページ 】

202007030756566f3.jpg


あらたにシンプルな形でホームページを立ち上げました🍃

☯️ For beautiful life 気功と太極拳の教室「美生庵 びせいあん BISEIAN」
https://biseian.jimdosite.com/


7月14日(フランス革命記念日🇫🇷)には、地上の猥雑さを忘れた標高2000mの美ヶ原高原で太極拳を行うイベントを行います。


2020070307565770e.jpg


太極拳で作用する陰陽☯️の調節とは、からだと精神状態のバランスの良い調律とも言えるでしょう。

未経験者でも行えるシンプルな動作でありながら、味わい深いものでもありますので、ご参加された方には貴重な体験になると思います。


202007030807324d1.jpg


わたしたちはこの地球上で同じ五体を持つものどうしです。
どのような立場の方のご参加も🆗

みなさまとの楽しい出会いとそのひとときを、心よりお待ち申し上げます🌄♪


20200703075659c14.jpg




スポンサーサイト



【 メカニズムの解明 】

20200207200017c0e.jpg



私のような実践者は確信をもって日々、お伝えしているのですが、下の紹介記事のようなメカニズムの解明が進むのは嬉しい限りですね。


「世界が注目!太極拳による転倒予防の効果と隠された秘密とは」
https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_1140.html


文中より:プロジェクトを率いる、ピーター・ウェイン准教授によれば、太極拳のすごさの秘密とは、「動き」そのものにあるそうです。
モーションキャプチャ(体の動きを詳細に追跡できる装置)を使って、その動きを詳しく調べてみると、太極拳の動きには「あらゆる関節が同時に動き続けている」という特徴があることが分かりました。
頭・腕・足など、体のそれぞれが、常にとどまることなく、同時に動き続けているのです。
さらに、こうした複雑な動きの中でも、体が地面にかけている「圧力の中心」が、常に両足の間付近にとどまり、安定が保たれている事も確かめられました。
太極拳の動きとは、まるで複雑なパズルをするように、すべての関節を連動させるようなものであり、こうして培われるバランス能力こそが転倒予防のカギだというのです。

ウェイン氏は、『転倒を予防する〝薬〟など存在しませんが、研究が進んだ今、太極拳は『動きの中の薬(medication in motion)』と呼べるでしょう。』と期待していました。


20200207200019a2d.jpg



【 鬼平犯科帳に見る“厳しさ”の考察 】生島足島神社にて

201910030858309ae.jpg

好きなんですよね~♪「鬼平犯科帳」
良く鑑賞するのですが、ドラマの中村吉右衛門はホントにはまり役だと思います。

私も自身の立場上、判断を下す場面が多々あるのですが、
優しさに対して、その反面である「厳しさ」について言及された記述は他にあまり見られたことがないので、この場をお借りして自分なりの考察をしてみます。



20191003085834d0c.jpg


「厳しさ」とは人間関係においても自然との関わりにおいても、
今、その目の前の行為を許してしまうと、いずれは秩序や調和を乱してしまう、あるいはそのものの成長発展を阻んでしまう・・・それを直感的にも経験的にも熟知、察知した者が発する機能です。

熟達者、プロほど秩序や調和の大切さがよく分かっているから、ところどころに時折、関係するお相手に対して「厳しさ」を発揮するのです。

そして鬼平は、「厳しさ」を発揮したのちに、自分の今の立場、最大限界幅その領分において、どこまでも人情、優しさを持って人さまに接するのです。

罪を憎んで人を憎まずの姿勢なのでしょうね。

ドラマを観ながら泣くことしばしばです(笑)


There are many situations in which I make judgments from my own standpoint, but I would like to take this opportunity to discuss my own considerations, as I have hardly ever seen any mention of gentleness or, on the other hand, "severity". "severity" is a function of people who are intuitively and empirically familiar with, and who perceive, an act in front of them, if permitted, will eventually disturb order and harmony.

Professionals are more aware of the importance of order and harmony, so sometimes they show "severity" to the people they relate to.

The main character in this story sometimes treats criminals with kindness after giving "severity" to criminals.

Don’t hate the criminal but the vice.


20191003085834054.jpg




【 Love September 満月祭 】

20190908185925b47.jpg


2019年9月14日土曜日 14:00〜17:00

ヴィオ・パーク劇場 長野県 松本市刈谷原町392-1

武術や気功養生の世界に留まらずに、これまでたくさんのアーティストやミュージシャンの方々と即興のコラボやセッションをして参りましたが、
今週末は抱えている生徒さんの発表会と私の演舞をひっさげて、上記タイトルのイベントに出演させていただきます。


当日は演舞に限らずに、プロのミュージシャンの方々の熟練した演奏や歌の披露もございます。

多様な文化の花々が、煌々とした満月の夜に花開くことでしょう。

みなさまのご来場を心待ちにしております✨


詳しくは下記リンク先を訪ねてみてくださいね。

https://www.facebook.com/events/466268907427934/


2019090818592490a.jpg




【 腰の硬さと膝の痛みの関係性 】

Relationship between waist stiffness and knee pain.

先日の教室では、膝の痛みのセルフ整体をお伝えしました。

整体では痛みのある箇所だけを観ることはまれで、その箇所よりも遠いところに原因(遠因)を探り、なにがその痛みとなって表現されているのかと見立てることが多いです。

ケースバイケースですが、たとえば膝の痛みなどは、腰椎ようついの動きの硬さが影響しているものと見立てます。

わたしたちは身体を捻る動作のときは腰を捻っておりますが、この動きが硬くなると無意識に膝で捻ろうとします。

ところが膝というのはその構造上、捻るようには出来ていないので、“やめちくれ~、おれらそこは専門外だに?”と、膝周辺の筋肉を固めて抵抗を始めます。

そうした抵抗運動・レジスタンスが長く続くと、膝の痛みとなって表現するのです。

また腰の動きは消化器系内臓器官の働きにも影響しますし、がんばりが長く続く方も腰が硬くなっていくものです。

食べ過ぎやストレス過多も膝の痛みに関係するものです。


201906280909116cc.jpg


The other day in the classroom, I told about self-control of knee pain.

In the case of physical therapy, it is rare to observe only the area where there is pain, and it is often the case to search for the cause far from the area and to observe what is expressed as the pain.

On a case-by-case basis, for example, pain in the knee is observed as affecting the stiffness of the lumbar spine movement.

When you try to twist your body, you are twisting your hips, but if this movement gets hard, you will try to twist it unconsciously with your knees.

However, because the knee is not made to twist because of its structure, "Stop it-we are not specialized in the twisting movement!" And harden the muscles around the knee and start resistance.

If such resistance lasts for a long time, it will be expressed as knee pain.

In addition, the movement of the lower back affects the work of digestive system visceral organs, and those with long-lasting stress become stiffer.

Over-eating and over-stress are also related to knee pain.


201906280909083f7.jpg