プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:神さま
猿田彦神社


この国は自然崇拝アニミズムから、仏教伝来、
それまでの土着の多様な豪族の在りかたから、大陸の律令制を参考に取り入れ確立して、
地道にこつこつと国の様相を呈して参りました。
神社建築とその参拝機能を各所にスポット的に配置して、少なくとも千年。
 
千年以上の長きに渡り、続いているということは、
 
機能的に無駄なく、無理がないということです。
 

 
もっとさかのぼれば、
 
毎日が神事であり、
一万年の長きに渡り続いていたという縄文のコミュニティが、
かつてこの国には存在しました。
 
ひそかに欧米の学会が着目しているように、
 
一万年続くほどに事足りていて、
 
機能的であり、
人々の暮らしに無理がなかったということでしょう。
 

 
それが伊勢神宮のように大きな社に関わらず、
 
鳥居のように 特別に目に見えた扉とも言えない、
 
〝一見、機能的ではない〟構造物が立っている。
 

 
「見立て」
 

 
その開かれた、実にオープンな空間のなかに
 
顕在的にも
 
潜在的にも
 
わたしたちの心身に及ぼす良質のエネルギーが
 
確かに機能的に作用している。
 

 
神社神域とは
 
こころに畏敬の念ある者ならば、
 
それが確かに作用する「場」であり、
 
人を清浄(正常)たらしめ、
 
 
襟元を正して心身をクリアにする
 
道行きであります。
 

 
 
大別すると、神なるものの二つの側面(人も同じです)、
 
にぎみたま と あらみたま
 
調和 と 活動エネルギー
 

やさしさ と きびしさ と分かりやすく捉えてもいいです。
 

調和だけでは 枠内に収まって
 
成長・発展、
 
そのための循環が実は働かない。
 

 
賢明な方は、これから述べること、
その問題点に既にお気づきでしょう。
 
一般に広く浅く伝わっている、
本来のスピリチュアルの深度と高度を欠いたものの概念は、
 
ほとんどがまとまりなく人心を惑わせ、
 
どっぷりハマって浸かっていると、
人を腑抜けにさせるものばかりです。
 

だからといって、いたずらに排他的になることはありません。
 
わたしたちは自分なりに哲学する、
つまり自分なりに感じ考えて意識的に検証する時代に入っております。
 

 
何をどう選択して生きていくかは
もちろん自由(真摯に人生全般の影響を考えると、ほんとは自由ではない)
 
考えなしにいつまでも
どっぷり浸かっていると健全さを見失うものです。
 

いろいろ個人として生きて疲れてしまったプロセスとしては、
そういった時期を送ることも人生のなかにはあるでしょう。私もかつてそうでした。
 

 
至極、本質的なことを話せば、
 
信仰のリスク面とも言える、
 
自分で考え、行動する力を弱めて、
 
他の何かに預け入れるように生きてしまう傾向は、
時代の変化のなか、形を変えても変わっていない現実もあります。
 
このことは、政治・思想・宗教・科学・あらゆる文化活動すべてにも言えることです。
 
 
 
すべてに通ずる、自身の内と外の「生命」活動そのものに根差した関心と、捉えなおしをはかることで、自ずと「在りかた」が生じて参ります。
 
「状態」とはなにか。
 

 
今や中毒性をもはらんでいる外在のものに強い関心を向けずとも、
 
それらで説かれているすべてが、
 
この国の深い歴史の層と
 
日々、絶え間なく行われている神事のなかに
すべて生きている。
 

 
戦後以来、いや、もっとさかのぼれば明治維新以降、
良かれと着手してきた近代化という流れのなかで、
 
それと気づかぬうちに
時間を掛けて腑抜けと成り、
 
目隠しをされるように見失っていった
 
わたしたち日本人の「神性」はどこにあるか。
 
足元ふくめて 向けるべき関心はどこか。
 
 
 
長い間、それと自身と周りを見渡して来たなかで、
 
歴然たる事実として、
 
外在のものに頼りすぎる者には、
 
人間生命力としての覇気・気骨というものがない。
 

 
先に述べたように、
 
自分で考え、行動する力、
 
生ききっていく力そのものが弱い。
 

 
生ききっていく力が弱いということは、
 
背中で語るように、
次代に何の姿勢も示し得ないということです。
 

 
 
大生命の呼吸状態を導くために、すべてを一新する遷宮があるように、
 
取り戻すべき生命の息吹きとはなにか。
 
 
 
ひとくちに語り尽くせないことですが、 

あらためて感慨あるなかで、
 
やさしさ と きびしさ
 

たとえば神社神域の“凛とした”気風。
 
 
 
この凛とした気風こそが、
 
この国の、
 
わたしたち日本人の「神性」に通ずることは、
間違いなく言えることです。
 

 
どこの国土地に足を向けようとも、
 
成層圏を突き抜けて宇宙に旅立とうとも、
 
 
帰属ベースを忘れ、
 
地に足根ざす豊かな重力の恵みを
ひとたび見失えば、
 

それが外交上の外つ国の関係であろうと、
個人の関係であろうと、
 
自他ともに認め 認められ
 
 
あなたは わたしは
 
この地球の日本人であると どうして
 
凛と立って誇らしく言うことが出来ようか。



16300484_727198494112674_4628096797960649384_o.jpg

11709551_506188889546970_726762345414264626_n.jpg






スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 根源 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 宇宙法則 神道

DATE: CATEGORY:神さま
竹島弁天 ①

竹島弁天 ⑤


三河の國、竹島に鎮座する八百富神社。
神奈川の江ノ島同様、海上の橋を渡り行きます。


竹島弁天⑨

竹島弁天 ④

竹島弁天 ⑧


対面するお山の向こうには、
お伊勢さまと金比羅さま。


竹島弁天 ⑪

 
ちなみに、下駄を履いていたので、
岩場では安全上、裸足で立ってます(笑)


竹島弁天

竹島弁天 ②

竹島弁天 ⑦

竹島弁天 ⑩




テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 八百富神社 神道 波動 人間の可能性 心と体 写真 身体感覚 宇宙法則

DATE: CATEGORY:神さま
【 阿智神社 奥宮 】

【 阿智神社 奥宮 】④


石舞台と 神さまの御座所である磐座 いわくら 。
 
近くには透明度の高い阿智川が流れます。


阿智川

【 阿智神社 奥宮 】③

☯【 内功八段錦 ないこうはちだんきん 】 阿智神社 奥宮
https://www.youtube.com/watch?v=OuHkPf4zzG4


【 阿智神社 奥宮 】①




テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

DATE: CATEGORY:神さま
荘子(紀元前369年 - 紀元前286年と推定)の時代よりの
古い気功【 五禽戯 ごきんぎ・猿 】 桃献果(とうけんか)

☯桃の果を捧げ持つ
https://www.youtube.com/watch?v=TidezSitWQE



猿②


 
 
先日は上巳(じょうし・じょうみ)の節句、
別名で桃の節句、ひな祭りでしたね。

 
節句の謂われは、
元来は中国の暦での季節の変わり目を言う「節」で、
中国では二十四節気に分けられますが、
 
日本では奇数の重なる日を邪気を払う日として、
いろいろと催しが行われるようになりました。

 
それがいわゆる五節句で、
3月3日・5月5日・7月7日・9月9日、
それから1月7日です。
 

 
桃の節句は平安時代以前からで、
貴族が健康と厄除を願った「上巳の節句」が始まりと伝えられています。

以前、七月の、お寺での七夕にちなんだ舞台イベントでも、
その謂れについて座学としてお話しさせていただきましたが、
 
陰陽五行にしても、そのほとんどが大陸から伝わり、
日本の習俗と融合するようにして平安貴族にもてはやされ、

江戸時代には庶民にまで広がり、
お金の問題ふくめて(笑)より簡略化した形で、
現在のようなイベント然とした形で落ち着いたものとなっています。

 

 
また昔は旧暦を祝いましたから、旧暦の3月3日は、
桃の花が咲く季節であることから、
桃の節句とも呼ばれました。

 
漢方薬効でもある桃の種・・・「桃仁」は
血液の流れを良くするとも云われ、
 
桃の葉は、
昔日はあせもや湿疹のための入浴剤として使われていたそうです。

昔から健康や願掛けに関する行事がたくさん行われてきたのですね。

 
 
節目を意識する・・・祈りとは、
 
「意をのせる」ことでもあります。

 

私のボディーワークのベースである
学術体系である「気功養生学」では、
 
座学によって認識を深める、
内観(観察と集中)を伴った覚醒運動を動員しますが、
 
行事にしても、
意味・由来を知ることでより意識化がはかられ、
そうすることで願いや祈りの落ちようが、
より深く変わって参ります。

 

 
節句の日は穢れ(けがれ)を祓う(はらう)日です。

 
すべての罪穢れ つみけがれを祓う(はらう)という概念は、

この国の古代よりの自然崇拝・・・
アニミズムから起こった古神道(こしんとう)、
仏教伝来から現在の形に連なる神社神道に独特のものですが、

 
雛人形・・・人形の起こりは「形代 かたしろ」とも呼ばれる、
うつし身。
 
 
紙で作った小さな人の形(形代)を作っては
それに穢れ(けがれ)を移し、

川や海に流して(禊ぎ みそぎ)災厄を祓う祭礼行事・・・
神事(しんじ、かみごと)でした。
 
これは、現在でも「流し雛」という風習として残っているものです。

 
 
禊ぎ(みそぎ)は古来より水をつかうものですが、

川や海に流す・・・いろいろいきさつがあっても
 
「水に流す」とは、ここから来ている言葉であり、

 
また穢れ(けがれ)とは、

生命の根源要素でもある「気」が低下した状態、
 
「気枯れ けがれ」・・・生命力の低下した状態のことであり、

 
罪穢れ(つみけがれ、気枯れ)を祓う(はらう)とは、

その低下した生命力を呼び戻す行為なのです。

 

 
意識化をはかるというのは、
 
わたしたちの身体うちの基本ソフトウェア、
OS のメンテナンスをして、
 
遅く鈍くなってしまった心と身体の反応率を上げたり、
 
インナースペースを設けて空き容量を作るようなものであり、
 

季節の節目にあたって注意をする(意を注ぐ)ことによって、
 
日々の暮らしを丁寧に、気をつけて暮らすようになることです。

 

まさに「気をつける」・・・気のコーティングですね。

中医学ではこの「気のバリヤー」を衛気(えいき)といいます。

 
この国でも昔から「気を張る」といいますよね。

 
以上な感じで、
みなさま、うまくまとまりましたでしょうか?(笑)



昼神・花桃




テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 写真

DATE: CATEGORY:神さま
美女が森


千人塚


大御食おおみけ神社と千人塚。
 
天地に連なる御影杉の太く真っ直ぐな重量感は、
毎度ながら 站椿たんとう の参考になります。


御影杉  「 抱式 バオシー 」


同じものでも毎回、思わずして観てしまうような、
直感に働きかける状態を、
 
「神態 しんたい」と言います。


おおみけ狛犬  12799447_564087273757131_7196848305151701627_n.jpg



テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 写真


copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ