プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:お知らせ


5月18日(土)
「大御食(おおみけ)氣功の会」にて、
氣功講座をとりおこないました。

長野県は駒ヶ根市、

大御食神社。

主祭神は日本武尊。

地元では大御食神社というよりは、

「美女が森」と呼ばれ、親しまれています。


大御食 氣功の会では、
氣功体験の前後に参加者の「気の測定(バイタルチェック)」をさせていただいております。

去年よりの市民活動でありますが、
いつも天の采配か、講座の日は雨に見舞われたことがありません。
そして当日の空間は、清冽にして非常にパワフルでした。


測定機器の開発は、佐々木 茂美 電気通信大学名誉教授と、
鹿児島大学医学部が共同開発。
データ分析は、苗鉄軍(みょうてつぐん)工学博士。
556993_389387267777855_1841771629_n.jpg


測定結果で一番わかりやすいのが、実年齢に比しての血管年齢。

ちなみに私の血管年齢…はじめて測定を受けたのは、
この神社で「舞い」を披露させていただいた直後、
マイナス14才という測定結果が出まして、大いに驚かれました。
まだ生まれていない、宇宙だというお声もいただきました(笑)


測定結果を受けたこちらとして感じたことは、

緊張とリラックスの関係…

じゅうぶんにリラックスをしていながら、
非常時はパッと動ける状態。

ゆるみとしまりのバランス状態。

長い練功の成果の裏付けと、
教える氣功の効果の裏付けが取れたことが、
大変に嬉しかったです。

参加者の皆さんも、
とかく感覚世界にとどまりがちな“氣”という見えない世界に、
こうして化学的データで目測が出来ることは、
取り組む上での励みにはなると思います。


「氣功の力」が安定的にしっかりと身につくまでは、
寒い暑いなど環境条件にデータが大きく左右されるのは当たり前であり、
解析の結果はひとつの参考にとどめ、
焦ることなく、
他人と競うことなく、
ご自分のからだとこころと、じっくり対話されることを願います。
DSC_1092-1.jpg


この機械、指先ひとつでバイタルチェックできるものとしては、
かなりの精度を感じます。

ことに興味深いのはリアプノフ指数と呼ばれるもの。
指数が大きいときは、
外界からの刺激に過剰に反応してしまうパニック状態を指し、
指数が小さいときは、
うつ状態や痴呆症など、精神的にダウンした状態を指すこと。

このゆらぎの幅は、そのまま本人の命の幅と感じます。

交感神経と副交感神経の関係…

体温調整能力、血管運動、
ホルモン他、多様な心肺機能、
睡眠障害、無呼吸症候群、
低酸素血症など、
さまざまな関連性がデータにより導き出されるものでありますが、

特に自律神経の調整能力の向上、
血管拡張効果…緊張し過ぎれば筋肉はしまりこわばり、
そりゃあ血液はうまく流れんでしょうよ…
これらの改善効果は氣功の指導経験上、
一定の効果を確認できるところです。

現に氣功体験後は皆さん平和で豊かです。


結果だけにフォーカスしないで、
プロセスがもたらす自然な結果を待つ。


この平和で豊かな状態を、

練習中の一時間半なり、
からだとこころに実現できている体験を積み上げていき(功夫)、

いずれは安定的に命の力を増していくことが、

氣功の目的のひとつです。

DSC_1079-1.jpg


「大御食(おおみけ)氣功の会」

次回は第2回、6月15日(土) 8時半~

場所:大御食神社(雨天の場合は、長野県国際協力支援センター)

〈ご入会・お問い合わせ〉

0265-83-1510

080-6938-0350 (カレーハウス・アンシャンテ/小笠原)

主催:食と健康の郷開発協議会・氣功の会


皆さま、奮ってご参加くださいませ♪
DSC_1107.jpg





スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:お知らせ


体験講座から相当日数、報告が経ってしまいましたが、
なにぶん引っ越しの準備などで忙しくしており、
まことにあいすみませぬ(笑)


4月20日、土曜日。
長野県は駒ヶ根市、大御食(おおみけ)神社境内にて、
「氣功講座」をとりおこないました。

しばらく続いた春の暖かさも、
この日に限っては寒風吹きすさぶ冬の寒さが戻っておりました。

しかしながら不思議なことに練功中に限っては、
木々の間から陽射し降り注ぐ祝福の光のなかでの、
素晴らしい時空間と相成りました。

私も神道・古神道の世界を学ぶ身として、
ご神域で気功指導を行えることに感謝し、
白の作務衣にて臨みましたが、
当日の神さまのはからいに感謝いたします。

ありがとうございます。


さて、去年からの活動に引き続いてるとはいえ、
当日は初回と銘打っての体験講座。

気血…気と血は密接ではありますが、
気の道の前に、まずは血の道。
寒さでしまった血管拡張のために、ぷるぷる気功でウォームアップ♪
骨や内臓の問題も大きいですが、
やはり血管の健康、血管寿命は大きいです。

その後、「たんとう」

「内功八段錦 ないこうはちだんきん」

「収功 しゅうこう」

といった流れで修めました。

DSC_1036-1.jpg


それぞれのお暮らしぶり。
常日頃なにを抱えてらっしゃっても、
こういった練功にさく時間、
こういった皆の意識が集まる「場」へ足を向けることは、

つとめて“こころ”の荷物をおろして、

自分を放れる尊い時間なのだと、

実技をレクチャーしながらお話しさせていただきました。


“お気を静めて”という言葉があるように、
なにか心が落ち着かない、心配で不安で仕方ないときは、
気もまた身体のなかで逆巻いて乱れています。
荒ぶるその波が穏やかな波になっていくように、

氣の静まった、静かな平和な状態を実現していくこと


このことは個人の身体の問題だけではなく、
すべてはひとつながり…その在りかたは地球環境にも影響を及ぼすものです。

私の立場でモノを申せるとしたら、

「氣功」は平和な状態を実現していく、具体的で有効なツールのひとつです。


こころとからだに、この平和な状態を実現すること。


そして貯金をするように、
こういった平和な状態を蓄積することは(功夫)
とても大切で尊いことなのだと、

実技中、お話しを交えながら伝えさせていただきました。

それがご自分のためであり、

果ては世のため 人のためなのだということを


DSC_1044-1.jpg



次回は第1回として、

5月18日、土曜日

AM 8:30 開始となります。

*集合場所:大御食(おおみけ)神社
雨天の場合は「長野県国際協力支援センター」

〈お問い合わせ〉
natul@heart.nifty.jp(林)

主催:食と健康の郷協議会・気功の会


皆さま、ふるってご参加くださいませ♪







copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ