プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:Photograph

10426646_300263006806227_3402460095599539506_n.jpg


田んぼを波のように 風が走り抜けていく…

陽の光りだけでは苗は育たない。

風なくては育たない。


風もまた、いのちを運ぶものであり、
それはいのちの情報を満たした「氣」の伝わりです。

そしてこの風は、

あまり密集した苗の状態では 風抜けというものが悪くなり、

風あっても苗は成長しないものです。


人もまた、寄りすぎれば 風抜けはよろしくなくなり、

苗同様にまた成長しない。


水も 風も 

そしてわたしたちの内にある気と血も、

その流れというものにおいて


過ぎることなく 不足することなく、


ですね。


10404401_289915457840982_8301455221000892557_n.jpg


スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 写真

DATE: CATEGORY:所感
近所の田んぼではこの農家だけ実践しており、気になってずっと観ながら農法自体を調べてみました。

10460707_302136216618906_4754877261584063073_n.jpg


「アイガモ農法」

簡単に説明すると、カモやアヒルを田んぼに放して、
雑草や害虫を食べてもらう、無農薬有機農法らしいです。

ただ食べてもらうだけにとどまらず、カモの糞も田んぼにとっては栄養分となり、
水田中をカモが動き回ることによって、満遍なくその栄養が田んぼに行き渡る…

稲づくりと畜産が合体した農法らしいです。

10341734_302136263285568_1077023933761801483_n.jpg


それこそ牧歌的な、まだまだ子ガモのよちよちとした可愛いらしさは変わらずですが、
元気よく皆が田んぼのなかに繰り出すなかで、
私の眼下で一羽、弱々しく動けなくなっている子ガモがおりました。

からだも皆よりひとまわり小さく、呼吸にあえいでおり、
観ていて感情が波立ちました。

昔、見過ごせずに箱ごと拾ってきた子猫たちも、先天的に体力のない子は早い段階で往ってしまう。
抱えた私の腕のなかで、瞳孔がひらき、息あえぎながら静かになっていった成猫もおりました。

先天的に強い弱いが歴然としてあり、だから動物は数を産む。
 

死にゆくいのち 生きゆくいのち

そのどれもが尊き いのち


いのちの総体としての田んぼが、そこにある。

その いのちとしての総体が、

わたしたちの「食」という、日々の営みを支えてくれています。


10408816_302135599952301_1387735679857415038_n(1).jpg


テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 写真

DATE: CATEGORY:お知らせ
10455159_576296149154255_8560963186630534358_n.jpg  その古き道 (6)



長野県は南信州において、私も副会長を務めさせていただいている市民活動団体

「まほろばの里研究会」の事業計画と、講座・イベントの予定が公示できる段階に入りましたので、この場をお借りしてお知らせさせていただきますね。


まず事業計画としては、

わたくしども「まほろばの里研究会」は、長野県内におけるリニア開通による国内外の観光客の誘致を図るため、
そういった利便性をとらえた上での、滞在型の地域交流と南信州に確かに流れる深い歴史の体感を目的とした、
主に「古道」にスポットを当てた、古道を歩く観光プラン「歴史古道フットパス」というものに着目いたしました。

自然の流れに沿って形成された「古道」と、その発展の歴史、
人・物を運び、いにしえより人々の結びつきを育んできたであろう、その古道の上を散策・学習しながら、

現代人が失いかけている、また取り戻すべき天地自然への感性力、
埋もれかけた地域に暮らした先人の歴史ロマンやストーリー、人・自然との結びつきを再発見するであろう、その軌跡を、参加される皆さまと共に体感共有して参りたいと願っております。


また本年のとりまとめとして、往年研究して参りました地元、駒ケ根市の社(やしろ)・・・大御食神社(おおみけじんじゃ)を中心に、
「大御食古道フットパス」を作成していく所存です。

みなさま、よろしくお願いいたします。

149897_302135326618995_3279010849343119672_n.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今後の活動予定ですが、取り急ぎ、主に近日の講座予定をお知らせいたします。

◎第一回講座 7月19日、土曜日 16:00~ 、「アイパルいなん」にて
テーマ「古道で繋ぐ、人と心と地域社会」
講師:宮田太郎(古街道研究家・歴史古街道団長)

◎第二回講座 8月9日、土曜日 16:00~ 、「アイパルいなん」にて
テーマ「日本古代社会における上伊那(かみいな)の発展」
講師:北條芳隆(東海大学歴史考古学、第一研究室教授)

◎第三回講座 8月30日、土曜日 1600~
テーマ「秋葉街道にみる古道と信仰と心の癒し」
講師:秋葉街道研究会

   「自然現象と人体内におけるカオス、そのゆらぎについて」
講師:雄山真弓(関西学院大学名誉教授)

実習:上伊那の古代史遺構探訪、宿場跡、景勝地、癒しのスポット散策。
   気功体験(山下俊行)・精密バイタル測定機器による、視覚化したカオスアトラクター表示による、スポットでの変化測定など。

ゆらぎ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11月まで講座・イベントを企画しておりますが、取り急ぎ、近日のお知らせをさせていただきました。

自然景勝と歴史深い南信州における地域活動、

みなさま、よろしくお願いいたします。

10382407_577340642383139_8940220847614116824_o.jpg

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 写真

DATE: CATEGORY:所感

取り組みながらも迷走されてる方も多いですが(笑)

ここ数日、ヨーガ体系のまとめを投稿させていただいてますが、

「ポーズ」「呼吸法」ときて、最後は3つ目の「瞑想法」を。


瞑想座禅と称して、以前何度か「見る と 観る」など、記事を上げて参りましたが、

http://9512taitao.blog.fc2.com/blog-entry-41.html


瞑想に関しては、今回は端的なまとめとして上げさせていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨今、よく口にされるようになり、また定着しきったパワースポットと呼ばれるものですが、人の体内にも各所パワースポットがございます。

「チャクラ」「丹田」と呼ばれるものがそれです。

八百万(やおよろず)の神様同様に、いろんな性質の力が宿る場所です。


端的に申しますと、ヨーガも気功も各チャクラ、各丹田…それは下から上に意識して訓練し、
肉体的生命力の獲得から霊的インスピレーションの増大へとシフトしていく道行きです。


「瞑想法」は、ボディーワークによる身体の体感レベルを上げたのち、
その肉体的生命力と霊性(個人的体感として、神性と呼んでもいい)を統合する段階です。

ただし、

「下・根」をしっかり鍛える…初段階の「根のチャクラ」「下丹田」…ともに会陰部(肛門と性器の間)を指しますが、

それらは心身の根源的パワーが宿るところです。

第1チャクラの訓練からしっかり取り組まないと、瞑想をしても往々にして端なる“気分”で終わってしまいます。


それらを踏まえた上で、ここ数日からの流れで「瞑想法」の効果をまとめますと…

瞑想法→あたまがクリアになる→

気持ちがすっきりする→深いリラックス状態となる→

ときに(笑)無心になれたりする→自分の中の深いところへたどり着く→

たましいの声が聴こえてくる→自身の本来したいことがはっきりしてくる、眠っている意識が浮き彫りになっていく→

気づき→


*万物すべてのもの(宇宙)との一体化


とまぁ、大体こんな流れとなりますが……

以前、リアルにお会いしたお友達と話していて、こちらのギャップに驚かれましたが、

今だから打ち明けますと(笑)、私は比較的わかいとき、アジアのカオスとも言えるようなエリア、
夜の新宿歌舞伎町などの危険地帯をふらつきながら、不埒な喧嘩三昧(桃太郎侍かっ 笑)に明け暮れて、

“これじゃあいけん、どげんかせんといかん”と改心して(笑)、現在45に至っている不出来な人間で御座います。

生徒さんはがんばって私と一緒にレッスンこなして参りましょうね(笑)

…………………………………………………………………

ボディーワークに関してダイエットとか、

当面の興味として、特に女性の皆さまはおありでしょうから、

そうですね…


たとえばダイエットとしての効果は、呼吸法と瞑想法はちょっとかぶります。


簡単にまとめますと(笑)…

呼吸法と瞑想法→

ストレスが軽くなる→感情の起伏が激しくなくなる→

過食…ストレス食いをしなくなる→自分に必要な食事の量がわかってくる→


*無理なくスリムになっていく


およそこういった流れとなりましょうか。

あくまで個人的な研究視感ですので、皆さまご参考までにと願います ♪


これをお読みくださる皆さまの、健やかなる心と体を願っております。


木々の下


テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 写真

DATE: CATEGORY:所感

ヨーガ…日本ではハタヨーガ、沖ヨーガなど、その昔、第一次のブームがありました。
「心身統一法」…日本初のヨーガ行者、中村 天風 師もまた、
軍部の仕事で大陸に渡り、当時は不治の病と言われた結核で体を壊し、艱難辛苦をヨガの修得で乗り越えたことは知る人ぞ知る逸話です。

「中村天風」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%9D%91%E5%A4%A9%E9%A2%A8

日本においての第一次ブームが沈静化し、時を経て、ハリウッドセレブなどが実践しているということで若い世代、特に女性の関心を呼び、
パワーヨーガ系の逆輸入で再注目され、今では有酸素フィットネス系エクササイズとどう違うの?と感じるピンきり状態でもあります。

ヨーガは、多様性をはらみつつ受け入れられ、ひとつの層の定着として、この国でもひとつの身体文化として収まった感があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前回、ヨーガはポーズ・呼吸法・瞑想法、
この3つの構成要素と一致を目指す体系だと説きました。

ポーズの次は、今回は呼吸法…イダ・ピンガラ、火の呼吸、陰陽調節呼吸法など、ヨーガや整体にも、さまざまな呼吸法があります。

以前、私の「氣功講座」に初参加された方にも、“呼吸法が体にいいと聞いて”…と訪ねられる方がおりました。本屋さんの健康コーナーなど観るにつけ、世の高い関心とその浸透ぶりが伺えます。

この“呼吸法がいい”ということが、人の意識に落ちてきているのは感じてはいるのですが、なんちゃらブレスダイエットとかいろいろと世に沢山あります。

先にヨーガは3つの要素の一致を目指す体系だと説きました。
この「呼吸法」というのが、実はそれだけを取り出して実践し、深めていくのは意外と難しく、私は指導する上では練習者の段階を追って、細心の注意を払います。


呼吸法、気功法・・・「方法」や「手法」というものは、先にそれを受け容れられる「状態」が成立してこそ活きるものです。


心が安静になってゆるみ、深い息ができてくる身体に成る前に、
呼吸のやり方にとらわれすぎて、リラックスどころか逆に緊張して過呼吸に陥り、気分を悪くしたりケースもあるのです。

30年来、武術や整体、yoga などを修めて参りましたが、「站樁 たんとう」を中心とした、実際的でアカデミックな「気功養生学」というボディーワーク体系に、すべてを集約した指導内容に行き着いた現在では、

練習者の身体の状況・状態によりますが、
私は初心者に無理に“吸って吐いて”を強要せず、自然呼吸を説きます。

運動量が上がりますと(身体内部における活性化)内圧が高まり、車の排気圧よろしく、「自然に」息を力強く吐きたくなりますから、
そのときはじゅうぶんに息を吐ききり、
吸うときは吐いたぶん、自然に空気が入ってきて、身体がふくらむような感覚にまかせます。

呼吸法はそういった体感から段階に応じて。これが私の経験上、言えることです。


イライラ、ソワソワしたりして心が落ち着かないとき、気血があたまに上がっているものです。

“あたまにくる!”という言葉があるでしょう?
あれはあたまに、氣も血も上がっている状態を指す、昔から日本にある、からだことばです。


「氣功」レッスンの姿勢要求で、私はいつも言います。

“肩と肘を下げて”と。

この姿勢上の要訣を「沈肩墜肘 ちんけんついちゅう」といいます。

肩肘張る…肩と肘が上がれば、気血が上がって こころ も乱れやすくなるものです。


肩と肘を下げれば、

自然とハラ・・・下腹部に「氣」が集まり、それと意識しなくても腹式呼吸になり、
いつの間にか こころ が落ち着いているものです。

………………………………………

「呼吸法」について論じましたので、効果合わせてとりあえずまとめます(笑)

呼吸法→

ご自分の息…静やかな「状態」に注意をはらう→

感覚をご自分の、からだ の中に向ける…「内観」→

吐いたり吸ったりのペース、呼吸を調整する→

いつの間にか こころ が安定してくる→

感情のセルフコントロール…「肩肘下げて」 呼吸を穏やかにする姿勢上の要点も、また知恵のひとつです→


*比較的フラットな、安定度の高い自分に成る


・・・およそこういった流れとなりましょうか。


皆さま、ご参考までにと願います♪


1016678_182072251958637_2090646489_n.jpg  1004036_182072278625301_2116474841_n.jpg

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 写真

DATE: CATEGORY:所感

どこでもヨガえもん(笑)

瑜伽(ゆが)もまた、

こころと からだを 結びつけるの意のこと。

http://ja.wikipedia.org/wiki/瑜伽


YO-GA…概略として説明しますと、
ヨーガはアーサナ(いわゆるポーズ)、呼吸法、瞑想法の3つの構成要素に大別され、
またその一致を目指す訓練体系を指します。


今回はポーズの効果について端的に述べます。

ポーズ→血液の流れが良くなる→ご自分の からだ を意識する→

あたま と こころ がクリアになる→からだ と こころ の健康状態がととのう・・・

およそこういった流れとなりましょうか。


「気功」もそうですが、

注意点は内観…こころ で からだを感じて、からだの声を聴くこと。


無理に難しいポーズを取ろうとして、反動をつけて筋を傷めたり、
ポーズの最終形を追いすぎるがゆえに、からだを歪めてしまっている方を多く見受けます。

ご自分の限界可動範囲いっぽ手前、いた気持ちいいところで じわ~っとからだの声を聴く…ポーズに関してはこれでオッケーです♪

・……………………………………・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ポーズでダイエットになる仕組みは、

ポーズ→血液の流れがよくなって代謝機能があがる→

脂肪のつきにくいからだになる→デトックス…老廃物の排泄機能が高まる→

からだがしなやかになってくる→


*理想的なからだとなる


およそこんな変化の流れでありましょうか♪


写真、「ウエストサイド物語」じゃありませんよ(笑)


998322_181470322018830_1635221866_n.jpg


テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

DATE: CATEGORY:Photograph

10338313_288287691337092_8020178562414087892_n.jpg


命を謳歌する、鳴き声ひびく田んぼには、
カエル一歩手前、まだしっぽをつけた大人一歩手前のオタマガエルがたくさんでした。

完全に機械を入れては、この水面の下を生きる生態系に、

人は気づかない。

その農耕、人のその営み。

いにしえより、そのすべてを静かに見つめ続けて来たであろう、
巨大な磐座(いわくら ご神体)がそこにあった。

10385606_288287338003794_9161548610267654797_n.jpg


よほど感性が鈍ってなきゃぁ、そりゃ自然と人は手を合わせて拝むわなぁ(笑)

10356353_287794828053045_7411083170749748995_n.jpg


左の手のひら 右の手のひら

陰陽 相合わさって

両の手のひらには何がある

手のひらのあいだに「闇」がある・・・


「闇」なれど あたたかい


出会いがあった わかれがあった

生まれ産まれて 死に至にて

闇一点から また何かが生ずる

闇一点から この「宇宙」が生まれた

それがこの「宇宙」の ことはり(法則)


10356332_288288004670394_9140435392701524283_n.jpg



固有の宗教や思想などに関係なく、古今東西、人は自然とその手を合わせる

心をそろえ 無心に手を合わせる

合わせた静やかな「闇」のなかから

それは心軽やかに 無限の光りが生まれることを

みな知らずに知っているからだ


10313522_288287878003740_1539725691483289729_n.jpg


テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 写真

DATE: CATEGORY:Photograph

10294310_288191004680094_5575186951930344314_n.jpg


美しい海岸線、七里御浜に向かう

獅子岩。

地殻変動と海の浸食で形作られた自然彫刻です。

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 写真

DATE: CATEGORY:Photograph
10302697_288179411347920_6157026036498665148_n.jpg

10294470_288179488014579_6378664226920389120_n.jpg


神社といっても社殿はありません。

高さ45メートルの見上げるような巨大な磐座(いわくら ご神体)で、敷地内からではカメラに収まりませんでした。


火の神 カグツチノミコトを産んだあとで亡くなった、イザナミノミコトの墓綾とされていますが、

古い熊野の自然信仰が、絶やされずに色濃く残る場所です。


10308307_288179554681239_2364175880440629309_n.jpg


やはり個人的には神社神道よりも、こうした原初の感覚にアクセスしやすい自然信仰・アニミズムに惹かれます。

参道はまさに冥界を感じさせるような静まった通り入り(鳥居)でした。


10300697_287248531441008_3783139128776086627_n.jpg


テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 写真

DATE: CATEGORY:動画紹介

今回は動画紹介です。


「気功的ラジオ体操」
http://www.youtube.com/watch?v=2hiSwQfnJ8s


わたしたち日本人の、おそらくはほとんどの方が体験しているであろう
「ラジオ体操第一」を気功的アレンジで。

“開いて 調えて 高まる”



水路を整備せねば、水は流れてゆかぬように、

まず開かねば体内のエネルギーは滞り、流れてゆきません。


最初は身体の上下内外、

ゆっくりじわりと「開いて」、

関節、心肺に無理なく、

全身を気持ちよく伸びやかにして参ります。



ほとんどの方が知っており経験しているであろう「型」、ラジオ体操第一ですが、

いずれもゆっくりかつ丁寧に、

意識をめぐらし、

全身上下内外に身体を「開いていく」ようにおこなえば、

体液、気血の活性を緻密に促進させる「気功運動」となります。


いずれ通しで撮るつもりですが、今回の動画は、

「腕と足の運動」から「外曲げの運動」までで、

深呼吸をして締めます。


自身を監督するような「内観力」を身につけるためにも、
行う上でいくつかの姿勢・動作要求があります。

・足うらが地に着いているときは、足指で軽く床や大地をつかみ、
土踏まずで呼吸しているような感覚を持つこと。

・腕を上に伸ばすときは、指先まで天に届けとばかりにピンと張ります。

・腰を伸びやかに、反らせすぎない。
尾骨の先に重りがついたような感覚で沈めていきますと、
腰が開き(腰の命門穴 めいもんけつが開く)上半身と下半身が断絶せずに「繋がります」

・腕をまわして円を描くときには、最大円の軌道をキープして、関節を伸びやかにします。

・胸を開く運動のときには(むね開けば 心が開く オープンハート)背中の二枚の羽・・・肩甲骨を寄せるようにすると大きく開いて「呼吸力」がつきます。


だいたいこういったところでしょうか。

これらの姿勢・動作要求の訓練は、他の分野の所作にも活きますので、

みなさま、ご参考までにと願います♪

「エナジーボディーワーク」 山下 俊行


動画後半は流れで調え出した自己調整運動ですので、気になさらないでください(笑)


10277231_293065817525946_4093950308775120637_n.jpg


テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 写真

DATE: CATEGORY:所感
私は以前、横浜の地区センターで「気功講座」を受け持っていました。
こちらの館長さんは野口晴哉(整体という言葉をメジャーにされた巨人)の整体の本などを読んでおり、東洋的身体観にとても理解のある御方でした。

http://ja.wikipedia.org/wiki/野口晴哉


初めてお会いした時に、私のからだとこころのとらえかたに共感してくれて、公共施設の自主事業として是非ということで、
講師依頼を受けての「気功講座」を一年半ほど引き受けて以来のご縁です。

去年の5月、横浜から長野に引っ越すにあたり、ご挨拶に伺った際に、館長さんとお茶をしながら
いろいろとお話しをして参りました。

こちらの施設ではママ友クラブといいますか、サークルを通じて地域社会においての母親と子どもの関わり、
その橋掛けに、
お話しを聴いた限りではかなり力を入れてらっしゃるようでした。

サークルの具体的活動内容はそれとして、館長さんとお話しを交わしていて、お互いに共通して感じている問題点は、
お子さんのために非常に貪欲なくらい熱心なのはわかりますが、

じっくりと腰をすえた、プロセスがもたらす自然な結果よりも、

はじめに結果フォーカスに一生懸命なところです。

結果にフォーカスしているかと思えば、空く時間を無為に感じての資格の取得であるとか、
とりあえず取っておけば何かの役に立つとか、何のための資格なのか着地点が観えていない行動であったり、
そんなお話し内容でした。


少し前に、

「行動すること」と「待つこと」について、一緒に感じ考えたいというところで、いくつか記事を上げたことがあります。

“動きたい”から動くのではなく、

こころの整理含めて、準備万端ととのって

意識にしっかりのぼって こころ決めがあるから

からだ運びがある…


これは何もママ友クラブだけの問題ではなく、人間である以上、起こりうる問題点。

強迫観念や 盲目的な不安から起こっている行動は

どんな個人的、社会的に良識ある行動をしていても

いずれは消耗し、

自信を失い、

自分を傷つけ 周りを傷つけていきます。


そしてそのマインドは、

心の起こりは、

心根は、

お子さんにうつるどころか、すべての人間関係、

地球、この宇宙の働きに影響を及ぼします。


「一生懸命」の矛先を一度やすめてみませんか。


コミュニティーとして集まっているはずなのになぜかチームにはなりえない結果であるとか、

いつの間にか“私にとって。私は私は”となっている「一生懸命さ」を休ませましょう。


「一生懸命」と「真剣である」 

この2つは明確な違いがあります。


「一生懸命」は心理的な緊張、不安と恐怖から出ているものです。


「真剣」は、精神エネルギーを目標に向けてピュアに向けるもので、とても建設的なエネルギーです。


求道的に生きてきたつもりで、昔日の名人・達人の認識していた世界はどんなだったろう?
そんなモチベーションを抱きながらいつしかそれも観えなくなり、自身の生き方を認められず、
破壊的に生きて反省した(笑)私が言います。


自然のなかに静かに佇んで身を置いてみたり、自分を放れる対象をこさえるように神棚をお世話したり、

特別たのみごとを用意せず 神社に無心で参拝したり、

“自分自分”を休ませるのにけっこう良いものですよ♪


一生懸命がんばった自分を認めて しっかりとお休みする。
 
それぞれご自分なりの休みかたがあるはずです。


あっ、おすすめの本ございます♪

先の野口晴哉の本、「風邪の効用」読み応えありますよ。

風邪は自然なるからだの調整であり、

無理に治すものではなく、

経過すべきものである

といった著者です。

「整体入門」も合わせてオススメします。

http://www.amazon.co.jp/風邪の効用-ちくま文庫-野口-晴哉/dp/4480038078


よろしかったら、ご参考までにどうぞ♪


1521621_296726880493173_1237677887340312638_n.jpg

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 写真

DATE: CATEGORY:Photograph

1398859_231621283670400_117572346_o.jpg



気功太極十五勢(たいきょくじゅうごせい)の型、

「分雲捧月」

雲かき分けて 月を捧げ持つの意。

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 写真

DATE: CATEGORY:Photograph
10365851_288145884684606_752094126956735164_n.jpg


神社神域としては、先日の熊野詣、
個人的にはここが一番好きです。

女性的な柔らかさのなかに、出雲大社のような太い注連縄(しめなわ)が特徴的。

拝殿の鈴は、巫女舞いに使う鈴のようにシャラシャラとした美しい音色。

10352201_288146968017831_1883140773799207899_n.jpg

10380314_288145904684604_7410618587232383073_n.jpg


10367790_288146921351169_2162819612455548046_n.jpg


梛(なぎ)の大樹も素晴らしい神域です。

なにげに狛犬さんは、どや顔でした(笑)


10341620_288146994684495_7585145051460385710_n.jpg  10345999_288147038017824_5653573186124964396_n.jpg


10304770_288147014684493_7124854758768065293_n.jpg


テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 写真

DATE: CATEGORY:Photograph

熊野は「丸山千枚田」

10295709_287778371388024_4348734860171454440_n.jpg


巨大な磐座(いわくら)…ご神体が直接見おろす、

棚田の風景。

10375934_287786834720511_6285597625782595983_n.jpg


目に見えぬ、「神」なるものへのおそれ。

それは昔日の人々が感じ取っていた、

畏怖という名の「おそれ」

それは目に見えぬ、自然波動への敬意です。

「僕と彼女と週末に」だったか、浜田省吾の歌に、

〝おそれを知らぬ うぬぼれた人々は

宇宙の力を悪魔に変えた〟

とありますが、

それはこの「畏れ おそれ」と受け止めたい。

10356353_287794828053045_7411083170749748995_n.jpg


10252077_287778361388025_1985585421703338000_n.jpg


10371505_287794504719744_3689471039884365442_n.jpg


テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 写真

DATE: CATEGORY:Photograph

10252077_287778361388025_1985585421703338000_n.jpg


命を謳歌する、かわずの鳴き声が響く。


10373509_287778384721356_5628287135054927731_n.jpg

10295709_287778371388024_4348734860171454440_n.jpg


テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 写真

DATE: CATEGORY:感性文

古道において。それは道々の発見でした。

10456426_296008213898373_5606829785817859075_n.jpg


生きもの、自然が指し示してくれること。

陰陽あいそろい、結合することで

万象が生まれ まわるということ。


10423831_296008333898361_1847559630935646964_n.jpg


自然は大きな師であり、

人間たるや、後天的に「自然性」を獲得することで、

その意識をもって始めて、

天地自然、この宇宙をさらに育てる役割があること。

それをわたしたちは、識 しっていくのですね。


10441486_296011277231400_7729758986716258462_n.jpg



「 陰と陽 」
http://9512taitao.blog.fc2.com/blog-entry-152.html


テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 写真

DATE: CATEGORY:Photograph
10299005_287756794723515_108363182904545310_n.jpg  10325290_287756738056854_2625467680937638939_n.jpg



那智大社と青岸渡寺の境にある、

大きな楠木。

その穴は黄泉路への入り口か。


10330452_287756684723526_4158094575957033979_n.jpg


この中を人が通り入る(鳥居)ことができます。
というか、入りました(笑)

胎内くぐり。

10348618_287756888056839_8268062502801668682_n.jpg


六世紀からの仏教伝来以来、昔は「神仏習合」でありましたが、
明治の時代政策で神仏は分けられてしまいました。

10155372_287756824723512_8007389902415704380_n.jpg


いろいろと功罪をはらんで、しっかりそのバックが伝わることなく、

その曖昧模糊とした歴史の残しの上に、わたしたちは立っています。


10348301_287756774723517_5623173411774529479_n.jpg

10259362_287756868056841_3030346867187637260_n.jpg  1613882_287756721390189_1506850135615404452_n.jpg

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 写真

DATE: CATEGORY:Photograph

10350542_287511664748028_2733787019615824399_n.jpg 10338339_287511648081363_400715971664081306_n.jpg



だいたい「鬼」というのは、

体制側から見て異民族だったり、

海賊行為の困ったちゃん状態を、時の政権側が討伐したのが、

鬼退治伝説となったのだと想います。

リアス式海岸の浸食された奇岩は、
まさに鬼を想起するところですが(笑)

10361054_287511451414716_8477657435998102281_n.jpg  10291086_287511764748018_4384770937992694730_n.jpg

10334281_287511741414687_5676436454262803716_n.jpg

10270773_287511628081365_7800492360109540350_n.jpg

10250246_287511811414680_3905433898968844419_n.jpg  10155887_287511591414702_3515782279724713273_n.jpg

10154267_287511698081358_4567497089866310424_n.jpg


日輪も輝く。

1625664_287511411414720_3027002326352709147_n.jpg


テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 写真

DATE: CATEGORY:Photograph

10345564_287375898094938_9053937733505943799_n.jpg


山神 海神、その豊かな自然景勝。

10268628_287376108094917_2436045285628982093_n.jpg  10253953_287376018094926_7399738845438766115_n.jpg



天地神氣のフィルターがかかり、

伊勢志摩同様、神社に関わらず

この一帯そのものが神域であり、

その陽気ははなはだ柔らかである。


森が「杜 もり」であることは言うに及ばず、

土着の原始信仰(古神道 こしんとう)が当時の権勢側にあまり絶やされない形で、

現在の神社神道へと無理なくシフトした地と

各所を詣でながら感じさせていただきました。

10329246_287376191428242_5320399998086192938_n.jpg  10366127_287376211428240_8113912220680767919_n.jpg

10313470_287376248094903_595885885545044080_n.jpg  10322643_287376231428238_5866775668378082446_n.jpg

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 写真

DATE: CATEGORY:Photograph

しばらくは、熊野詣での記録で。


5月13日

南紀の御浜を越えて、

那智の大滝へ参りました。

10353644_287218028110725_8348898866656710336_n.jpg

10253897_287218101444051_1869868201222640459_n.jpg

10313751_287218044777390_3711896568625920084_n.jpg

10306252_287217881444073_8166910063614189245_n.jpg

1901227_287218071444054_2007785764883618641_n.jpg

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 写真


copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ