プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まる」


これが主なセッションの目的となります。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:感性文

心 mind というものは、

 
そのときその場 千変万化にある状況下において

適切に対処するためのものであって

呑まれ 支配されるものではない。


人それを 「心構え」という。 


IMGP0040.jpg


スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

DATE: CATEGORY:感性文

気はむかし、「氣」と表された。

 
それは立ち昇る 
熱エネルギーの状態、

スチーム・・・
蒸気を あらわしたものだ。

 
 
その前は 米ではなく 

なべぶたの下に 
火の表記だった。

 
 
電気、磁気、病気、

気に入る気に入らない、
 
気が付く気が付かない、
 
エトセトラエトセトラ・・・

エコエコアザラク 
エコエコザメラク・・・(笑)

 

 
森羅万象、
物理作用も 意識作用も

そのすべてに関係し、

 
すべてをつなぐ「架け橋」として

この「氣」という、
 
 
機能性をもったエネルギーが

わたしたちをとりまく
この世界に存在している。

 

ものごとを
安易なフレームに落ち着かせない

自由性、創造性の余地を
わたしたちに のこすために

あえて
とらえがたくも存在している

 

お茶を淹れるため、

先ほど、やかんに火を起こした

 
ほどなくして吹き上がる蒸気

 
もの ことの沸点が ほら♪

みんな わかるよね?


不動滝

 

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性

DATE: CATEGORY:所感

「自然」なるものは、
 
基本は
言葉では言い尽くしがたいものがあります。

 

それはときには
 
「 道 TAO 」であったり、

 
原子核を取り巻く電子の運動であったり、

いろいろです。

 

表現として昇華するなら、

それは文学的だったり、

実利的だったり、

それもさまざま。

 

 
「氣」とは、
 
ひたすらミクロな

そして千変万化に その質を変える、
 
この世界を構成する物質構成要素です。

 

また絶対に対して「相対的」・・
 
これが生命のバランスを取るために
 
「常に変化する」☯、
 
 
 
「氣」というものの特質であり、
 
これがまた固定的な絶対という観念を持ちだすと
 
とらえがたい
 
 
「氣」というもの本質です。
 

 
ゆえに「氣」を読む者のセンスと、
 
その〝観る〟精度によって
 
人や状況の見立てが変わる世界であります。
 
 

 
☯「氣」とはまた、
 
物質相互転化の作用による
 

「エネルギー」という機能性を持っています。

 
 

生命体として「氣」をまとわないと
 
「死」が訪れるのは、

エネルギーが枯渇し、
 
絶えるからです。

 

電気、磁気、蒸気、病気など、

われわれの生活とも密接に関わっている

物もの 事こと

 

ふと気づけば 
 
「氣」を冠している言葉は
 
わたしたちの周りには たくさんあります。

 

なにげにわたしたちが「氣」に関して

使っている言葉もたくさんありますね。

 
気に入らない、いい雰囲気、

気が向かない、気に障るなどなど。

 
これらはわたしたちの「気持ち」…

 
意識の作用と 
 
「氣」の働きが
 
とても密接であることを あらわします。

 

見える世界と(物質) 見えない世界を(精神)

つなぐもの・・
 
その橋渡しを果たすのが、

 
実は「氣」という世界です。

 

人の想念…脳内から発する電気信号、

これら人の想いも
大気中に浮遊する「氣」とつながり、

これが想いが現実化する
イメージトレーニングの具現化だったり
(相当、精細にイメージしないと形にはなりません)、

 
願いや祈りが遠方に届く

からくりです。

 

ピンキリではありますが、
 
「気功」という言葉や訓練体系が
 
世には存在しますが、 
 
 
これらは分かりやすく言えば、
 
上で論じて来た「氣」を練るトレーニングであり、

 
 
なにげに言葉だけで済ましているものを

しっかり「意識」して取り組む

トレーニングでもあります。

 

 
日常を丁寧に、
 
身体はこびと 心はこびを
 
意識して生きることもまた、

「氣」のトレーニングと言えますね。
 

 
 
☯エナジーボディーワーク」 山下 俊行
https://www.youtube.com/watch?v=NOvikiRv40Q&feature=youtu.be
 

1149116_205450732954122_2136724427_o.jpg


テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性

DATE: CATEGORY:感性文

わたしたちは
ご自分の人生の主体であり、

 
わたしたちの主人は

ご自分の「意識」です。

 

人類の持つ力というものは、

今この瞬間から
無限の可能性の扉を開くものは 
 
それは何かと尋ねたら、
 
 
わたしたちそれぞれがお持ちの
 
御自分の「意識」です。

 

 
とらわれない
「一心 いっしん」の状態をもって 
 
結果、
 
身体の状態を導くということです。
 
自らの力で。

 

そして自身の舞台で
十分に力を発揮する
 
その日その瞬間まで、
 
 
その一心の「状態を続ける」ということ。
 
 
 
なぜか?
 
力を漏らさないためにです。  

 

 
わたしたちは
 
「意識」という存在なのですよ。

 
 
人それを「心掛け」といいます。
 

 

山下 俊行



CADE830T.jpg


テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性

DATE: CATEGORY:お知らせ

エネルギーのターニングポイント
 
 
☯春の土用
 
『 Vital エナジーボディーワーク 吉祥寺講座 』

その最終ご案内です。

 
 
みなさま、いかがおすごしでしょうか?
 

 
 
4月24日(金) 
 
13:00~ 16:00で
タイトルの講座を とり行います。
 


 
講座の詳しい御案内は、
下の記事にて確認をしていただけたらと思います。

http://9512taitao.blog.fc2.com/blog-entry-310.html



会場である伊那市「吉祥寺」
(東京・吉祥寺ではありません)(笑)
 
その本堂は広いので、
まだ2~3名は申し込めるスペースがございます。
 

秋の土用、吉祥寺講座③

 

今回は春に直結した、
 
古伝気功の五禽戯(ごきんぎ)、
 
その五つの聖獣のなかの「鹿」をチョイスします。
 
 
 
冬の間に閉じた身体を大きく伸びやかに使う、

肝臓調整のエクササイズを中心に
 
寺小屋式に座学で説明を交えながら、
みなさまと一緒に汗を流したく思います。
 

891780_154326148066581_2043563890_o.jpg

 
 

☯立春・立夏・立秋・立冬前の、
年四回ある18日間の「土用」という
大きなエネルギーの切り替わりどきに
講座をセッティングし、
 
ご参加される皆さま方と
貴重な時間を共有できることを、
心から嬉しく想います。

 

さて、「土用」と申しますと、
 
ウナギを食べようという夏の土用が有名ですが、
 
夏だけじゃぁ ないんですね(笑)
 

今回は年4回ある「土用」の
お話しを少しさせていただきます。

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
☯「土用」について
 

この世界における五つのエレメント
 
「木・火・土・金・水」の
 
トータル的な陰陽五行説のお話しは長くなりますので、

 
この五つのエレメントの
中心と繋ぎ目に位置する「土」
 
 
 
そして「土用」という期間、
 
 
「土」はものを変化させる作用を持ち、
 
「用」とは働きの意が含まれています。

 
 
 
四季の終りの各18日間を
「土」の為の期間として、
 
五行のなかでは土用として割り当てられています。
 
 
つまり立春の前18日間が冬の土用、
立夏の前18日間が春の土用となります。
 
そして立秋、立冬の前各18日間が
それぞれ夏の土用、秋の土用です。

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
「土用」は元々は中国の五行思想に基づいていますが、
 
うつろいゆく日本の四季の変化、
その季節のうつろいを感じるなかでの
土用の18日間は、とても興味深くて、
また味わいのあるものです。
 
 
日本の季節はゆるやかに変化しながら
移り変わって参りますよね。

 
この移り変わりの期間に寒さや暑さが
行ったり、来たりして、
それが18日間ぐらいあって、
 
 
春、夏、秋、冬という四季が明らかになって参ります。

 

 
冬の土用は、ほぼ大寒の節気であり、
 
春の土用は、ほぼ穀雨の節気であり、
 
夏の土用は、ほぼ大暑の節気であり、
 
秋の土用は、ほぼ霜降の節気です。

 

 
寒・暑に雨と霜という象徴的な節気が
土用に相当するわけであり、
それは気候が厳しかったり、
寒さ暑さが定まりにくかったりする時節です。
 
 
健康状態にも気をつける時節ですし、
 
また大きな変化を秘めた期間でもあります。

 

 
以前、
大自然の「気」の五大運動のお話しをしましたが、
 
 
大きく分けると収斂(しゅうれん)と発散、
 
収縮と膨張のエネルギー作用を繰り返すのが、
 
 
自然のリズムであり、
 
宇宙のリズムです。
 

 
 
昇る・降りる・開放・合わさるの
 
「氣」の四大運動が自然のリズムであり、
 
春は草木が力強く育つように、
昇るエネルギーが強い期間です。
 
 
 

実はこの四大運動の間に「定 てい」というものが入り、
 
「氣」の五大運動と称します。
 

 
日本的に言いますと、この「定 てい」は、
 
「間 ま」に相当します。
 

 

☯「昇・降・開・合 しょう・こう・かい・ごう」の
 
流れのなかでの「定 てい」

 
土用の期間とは
 
この「定 てい」に当たります。

 

 
それは目まぐるしい動きの中で
 
ふと立ち止まる大切さであり、

 
 
静かなるものの極みであり、

 
 
宇宙の起点が静かな一点の「闇」から生じたように、
  
 
 
この「静」の極みが真の「動」…
 
宇宙を産み出していく。

 

 
五臓六腑で申しますと、
またこの期間は身体の中心たる
 
「脾臓や胃」の健康にも注意したいところです。
 

この身体の中心の
 
消化力の働きは、
 
実は受容力たる女性性と密接な関係があります。

 
いんよう図④


 
ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 
 
本気で変わりたいという皆さまのご参加を
 
心より、お待ち申し上げております。
 
 

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性

DATE: CATEGORY:所感

先日、東京でボディーワーク指導のあと、
弟子と居酒屋で過ごし、
 
素直にホテルに戻ったあとは、
 
久々にポケラッと(笑)映画を楽しみました。
 

 
 
「キャプテン・フィリップス」
 
2009年にソマリア沖で実際に起きた
コンテナ船のシージャックが
題材の映画です。
 

11088339_448274508671742_4381323470546527410_n.jpg

 
 
リアルと
リアリティー(迫真。真に迫る)は
違います。
 
 
たとえ実話とされていても、
映画やドラマはリアルすぎては
エンターテイメントにはなりませんから、
 
あまりその辺にツッコミを入れるのは、
当の事件関係者以外は
ナンセンスなことです。
 

 
ただこの映画は、私の好きな
「ジェイソン・ボーンシリーズ」の
メガホンを取った、
ポール・グリーングラスであり、
 
限りなくリアルに近づけたその描写は、
ジェイソンシリーズ同様、
こちらが呑まれるような緊張感を持って
楽しませてくれました。
 

 
 
主演はトム・ハンクスですが、
この作品ではメジャー俳優特有の
変なオーラを発していなくて(笑)
画面上、気になりません。
 
 
これが同じトムでも
トム・クルーズなら、
 
ミッチョンインポッシボーのような
ヒーローチックな映画になっていたと
思います。
 
いや、トム・クルーズは
もちろん素晴らしい俳優ですよ(笑)
 

 
 
事件を起こしたソマリア海賊は
漁師でした。
 
 
 
世の中というのは
ステレオタイプに良い悪いで
成り立っているわけではありません。
 

 
すべて相対的であり
 
絶対悪も 絶対良いも
 
この世の中には無いのです。

 

そこにこの世界の悲しさと
 
素晴らしさがある。
 

 
救出間際の追いつめられた
船長の叫びが象徴的です。
 
 
 
 
なぜ彼らが海賊行為に及ぶことになったか、
 
その背景もしっかりと感じたい
 
硬質なタッチの素晴らしい映画です。
 

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

DATE: CATEGORY:感性文

人は外側よりも、
 
まず「内」をまとめるのが肝要なことですが、
 
 
外よりは内(家)、
 
特に女性は内側の中心力・・
 
女性性「脾・胃」を調えることが幸せのカギです。

 

 
女性は求心力、男性は遠心力。
 
女性は受容力、男性は包容力。

 

 
女性の内側がまとまってこそ、
 
男性が内(家)に帰って守り慈しみ、
 
女性は「安心」というものに包まれます。
 
 
そして男性は内(家)を起点にして、
 
また外へと元気に働きかけられる・・

 

これが「還元」という宇宙法則です。
 

 
またこれは現実面・現象面のことだけでなく、
 
女性性・男性性とは、
 
 
 
単純に時代の価値観に左右された、
 
女性らしくとか、男性らしく、
 
といった格好つけた在りかたではなく、
 

 
女性性・男性性とは、
 
陰陽たるエネルギーの質の お話しです。
 

 
そういった意味で、
今まで夜に昼にフルワーカー、
人さま以上に働き続けて来た
現在の私が実践していてそうなのですが(笑)、
 
表面的に男性がスーパーに買い物に行ったり、
洗濯をしたり、
 
 
その能力をフルに発揮して働きたいという
家内を助けて、
家の中のことを男性が
切り盛りしても良いのであり、
 
それは何も去勢された在りかたではありません。
 

 
 
表面的な形に左右されない、
パートナーどうしの
自覚したエネルギーの働きかけが
お互いに肝要であり、
 
いかにお互いに安心・安寧をもたらすことが出来るか、
 
その在りかたが大切となって参ります。
 

 
 
そしてこれが社会の最小単位であり、
宇宙の最小単位である
 
「平和」の状態を導く
 
 
「還元」という在りかたと成るのです。
 


いんよう図

 

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

DATE: CATEGORY:感性文

一昨日の春、
 
東京・高円寺の駅前、
 
大道芸。


473150_161727007326495_1445421474_o.jpg

 
 
それぞれのパフォーマンス、
 
溢れる身体の可能性。

 
天と地を行き交う人の意識。

 
行き交う意識の流れに抵抗せず、

必要な注意を向けてから、

また自分のコアなる「意識」に戻ればいい。

 
パフォーマーたちは皆それを実現できていた。
 

479234_161677293998133_928915268_o.jpg


テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

DATE: CATEGORY:所感
11060844_443526069146586_8586839156776493863_n.jpg

 

私の住む南信州、ここ伊那谷は、
 
本日、「寒の戻り」となりました。
 

10418361_443493485816511_878115875125623032_n.jpg

 

自身のインスピレーションにおいて
多大な影響をいただいている
劇画「バガボンド」第37巻において、
 
やはりこの
「寒の戻り」の描写があり、
 
苗を大切に育てることの大切さを説くシーンがあります。
 
 
10390035_327491624083365_8149570717607018460_n.jpg

 
 
実りを焦って、見極めを誤り、
 
結果、苗をダメにしてしまうのは
 
人が育つ上でも同じで在り、
 
ご興味を抱く皆さまには、
ぜひとも読んでいただきたく想う劇画であります。
 

1979882_443526059146587_3030126266275018085_n.jpg
 

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

DATE: CATEGORY:感性文

みなさま、今からちょっとですよ♪

下腹にちょっと力をこめながら

両手をこすりあわせます。

 
自分でもあっついというくらいの
摩擦熱が出るまで(笑)

 
 
それから静かに

へその前に

あたためた手のひらをかさねます。

 
 
現代医療でも言われる

いわゆる「手当て」とは

ここからきてます。

 
 
 
「マザーズタッチ」

だれにおしえられるでもなく

人が無意識に 

自分にも他人にも
自然におこなってきたことです。

 
 
気持ちはわかりますけど、
 
「手当ての」とき
 
あまり あなたの
愛情たっぷりの気持ちをこめすぎますと(笑)

 
かえって とどこおり を産むものです。

 
 
ときには 想い が 重い ときもあります。

 
 
わたしのスーパーな(笑)
「気」やエネルギーをおくるとか、

 
余計な気持ちをはたらかせず

 
ただただ

空気のようにそっと手をあてます。

 
 
また手のひらを重ねて 

へそのおくを

やわらかで静かな集中力で

そっと聴くようにします。

 
 
自律神経の安定・・・
わたしたちに平和が宿って参りますよ。



 
「 Mother's Touch 」藤井郁弥 
https://www.youtube.com/watch?v=6cAnnmIoIaA
 


地球
 

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性


copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ