プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:Photograph
11693834_482269275272265_3778067360162178329_n.jpg


11703203_482269371938922_1350836257088628720_n.jpg  11403417_482268918605634_7288800921308826144_n.jpg



木曾の山間にありながら、
 
海域にある浦島伝説の伝わる場所。
 

11701031_482268868605639_5200609581055826055_n.jpg  11692774_482268901938969_6668737991479034268_n.jpg



オリュンポスの神殿のような
花崗岩(かこうがん)に囲まれた、
 
中国神仙のパワーをも感じる
場所でもあります。



11039048_482268798605646_2823612817551801982_n.jpg


11720480_482295381936321_1150460586_n.jpg


11745808_482268878605638_6522486522438745964_n.jpg


スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 写真

DATE: CATEGORY:所感

世の中にはいろいろと
技巧的なエクササイズや健康法が
並んでおりますが、
 
そうしたものにいきなりパッと手を出す前に、
 
 
わたしたちのこの持ち前の身体を信頼して、
 
まず普通にその場で立ってみます。
 

 
人は誰かに信頼されると
素直に嬉しいものですよね?
 
そしてその信頼に応えるために、
 
自身の持てる力を発揮しようとします。
 

 
コミュニケーションの最小単位である、
わたしたちの身体だって同じことなのです。
 

 
いきなり外側から
これすごいんだぜと、
見つけたものをどんどん押し付けられても、
 
身体はその続くセールスに困ってしまって、
どんどん身を固めてしまいます。
 

 
わたしたちの身体の奥底、
内側に宿る力に信頼を寄せれば、
 
わたしたちの身体は喜んで、
その持ち前のスキルを発揮してくれます。
 


 
普段、わたしたちが何気に済ましている
 
この「立つ」ということですが、

 
あたりまえすぎて、
それくらいでは効果は無いように感じるでしょう。

 
ですが、
身体を真っ直ぐに保つという姿勢は、
主要な筋肉にけっこう大きな運動量を与えているものです。
 

 

取り組む時間帯はいつでも構いませんが、
 
静かに「立つ」ことを続けていくと、
 
 
心が静まっていくと同時に、
 
わたしたちの五感はするどくなって行きます。
 

鳥のさえずりなど、
日中のあまりノイジーでない、
自然音が粒だって聴こえる
早朝をおすすめします。
 

オーラ


 
立つ上で、
いくつか体液の流れなどにも影響する
 
「姿勢の要領」がありますが、
 
 
 
身体の要所要所をひとつひとつ
 
 
「感じていく」ことで、
 
 
雑念が減っていき、
 
静かな集中力を養う訓練にもなります。
 

 
立ちながらの「禅」といった感じです。
 
 
 
 
☯頭頂青天・・・
頭は青空を押し上げるような感覚で。
 
 
わきを気持ち開けて、
 
 
首から下は
地球の重力に引かれるような感覚で、
 
素直に自分の身体全体にかかっている
 
重力を感じ取ってみます。
 
 
地球核
 

 
股関節の力を抜き・・
 
膝関節の張りを抜き・・
 
 
足の小指側よりは 親指側・・
 
土踏まずの辺りを感じながら、
 
 
すーっと・・地球の中心核まで
 
落ちていくイメージです・・
 

落ちようとするぶん、
 
あたまのてっぺんは天空に向かう感じです。
 

 
尾骨の先を巻くように
身体のセンターラインに入れ込むようにすると、
 
骨盤全体が動いて
 
反り腰がゆるやかになります。
 

 
肛門は気持ち締めます。
 


仙骨操作③


 
なんとなくへその奥を感じながら(丹田)、
 
そのままゆっくりと
 
100回くらい数えますと、
 
 
代謝が良くなってきて、
 
この時期ならすぐに汗腺が開いて
 
身体の奥から汗をかくような感じになります。
 

 
ただ「立つ」だけの効果を
 
みなさま、お試しただけたらと願います。



テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

DATE: CATEGORY:所感
10313751_287218044777390_3711896568625920084_n.jpg



日本には“水に流して”という言葉があります。

 
神道(しんとう)・古神道(こしんとう)には

禊ぎ祓へ(みそぎはらへ)というものがあり、

 
ふるくは川や海に浸かったり、

滝を浴びたりといろいろです。

 

現在では人形(ひとかた)に
移し身をして流したり、
護摩焚き(ごまだき)など火をつかったりと、
いろんなやりかたが伝えられておりますが、
 
禊ぎ(みそぎ)のその始まりは、
水とされています。

 
 
 
そして祓へ(はらへ)とは、

すべてのおこなひ、

すべての想念の毒…穢れ(けがれ)を

落とす行為を指します。

 
 
穢れ(けがれ)とは、気枯れ(けがれ)…
 
生命力の低下を指す、言の葉です。

 
 
ですから、

禊ぎ(みそぎ)そして、
 
祓う(はらう)こととは、

低下した生命力を呼び起こす行為を指します。

 

 
水にたくした命の流れ。

川は大海にそそぎ 雨となって

大地をうるおし

まためぐりめぐって参ります。



不動滝③  不動滝①



『 不動滝 』
https://www.youtube.com/watch?v=bqPQON2W2Fk


もう過ぎてしまったことを 怒りに変えちゃいけないよ。

〝Don't Look Back In Anger〟oasis
https://www.youtube.com/watch?v=n4bMzztIRe0


テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

DATE: CATEGORY:Photograph
11219623_482251208607405_7857317882746354678_n.jpg

 

マリンブルーのバスクリンを
まいたような透明度…
 
…我ながらなんてたとえだ(笑)
 


11703333_482251325274060_4374581795246822988_n.jpg  11703125_482251198607406_4065823569749146838_n.jpg



水きよらかで
 
肌あたりも優しい流れ。
 

素晴らしい景観です。



11707482_482251311940728_1044469753152690982_n.jpg


11742695_482251418607384_8950500740273755538_n.jpg


テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 写真

DATE: CATEGORY:未分類
インターステラー

 

吉祥寺講座の翌日の OFF、
非常にインスピレーションを
いただける映画でした。
 
 
私は日本の SF アニメや特撮黄金世代なのですが、
 
ブラックホールやワームホール、
ウラシマ効果や特異点、
スペースコロニーなどの言葉や映像表現など、
 
ヤマトやガンダム、
超時空世紀 オーガス、
 
重力子とそれを用いたエネルギーに至っては、
グラビトン攻撃を使用する、
大鉄人ワンセブンなどで知ったものです。
 

 
「インターステラー」本作を観ますと、
硬質感あふれるタッチの、
実際の科学的知識や理論の考証に基づいた
バリバリのハード SF なのですが、
 
かつて子どものときに観た、
数々の日本のSFアニメの脚本や設定は、
ハリウッド映画の先端と相対できるクオリティーを
誇っていたのだなという感慨です。
 

その上で最先端描写である、
本作の球体のブラックホールや5次元の描写には、
正直うなりました。
 

 
いちばん余韻として残ったのは、
次元跳躍に干渉できる、
高速で伝わるとされる重力の話しです。
 

 
重力と言いますと、
わたしたちに制限を加えるものだったり、
重力から解き放たれて自由になるといったような、
 
どちらかというと
わたしたちを縛っているような
印象があるかも知れないですが、
 

 
私が得意とする中国武術や、
それを母体とする養生法である
站樁(たんとう)という訓練体系は、
 
地球の中心核まで根を降ろすような
イメージと身体操作を用いて、
 
重力というものをむしろ味方につけて
自由になる訓練でもあります。
 

地球核②


 
天と(宇宙) 地(地球)と
 
拮抗するような身体操作と
その感覚を磨くことを
 
 
「矛盾力」というのですが、
 
 
これは拮抗することによって
 
自身の身体の中心から生まれる
 
インナースペースと
その可能性を育てる訓練です。
 


座勁


 
人間にかかる重力の可能性というものを、
 
あらためて希望にも似た感覚を持って
インスピレーションをいただけた、
 
 
不思議だけど 不思議ではない、
 
浅いファンタジーに一切、陥っていない、
 
そんな本格映画でございました。


テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

DATE: CATEGORY:お知らせ
11745679_486830048149521_5740765839290531445_n(1).jpg

 

二日間の合宿参加者をふくめた
伊那市・吉祥寺でのボディーワーク講座が
おかげさまで無事終了いたしました。
 

基本的には理屈はどうでもいい、
 
やることしっかりやれと言う
スタンスですが(笑)、
 

 
 
☯「養生」というのは、
 
わたしたちが住み、帰属ベースにおいている
東アジア圏内における生命観を包括したものであり、
それは実践と哲学、
その両方をふくみます。
 
 
 
養生」とはハウツー的な
いわゆる「健康法」とは似て非なるものです。
 
 
当面きっての「法」というやりかた・仕方、
 
手法・テクニックが活きるには、
 
 
本人も意識できていないところから起きる、
深いところからの心の作用が
必要不可欠です。
 

 
テクニックと、
心と体がそろう「状態」との関係性。
 
 
体系としては、
 
ニーズ(欲求。たとえば痩せたい、綺麗になりたい)から、
 
生命根源の本質へのシフトが用意されていること。
 

 
テクニックと「状態」の両輪は、
 
これは深いところで何かを発揮する場合、
活かしきる場合、
 
どの領域、どの仕事の分野においても
共通する普遍的な真理です。

 

 
講座や合宿に参加された方は、
私と寝食を共にし、
肉声を発する空間を共にし、
 
それは上に書いたようなことを、
なんてことのない日常にマッチした会話に
変換されたものが、
 
たとえば食べ物のこと、
当面きっての肩こり解消のことなど、
 
実はお茶しながらパッと話したり、
目の前で即実践、示したものが、
 
その場での座学になっていたりします。
 

11745317_486830194816173_9082175163193586669_n.jpg


 
直接指導であるがゆえに、
学ぶ上において素直で敏感な方はみな、
 
その質量を空間ごと濃厚に受け取り、
それが本人の習得の深さに繋がっていくのが
比較的、長時間の講座や
合宿全体の魅力となります。
 

 
 
私のボディーワーク体系の特徴は、
 
深いリラックス状態による
 
「静」をベースとした
 
 
老若男女、
 
関節や心肺に負担をかけない
全身運動の習得がまず持ってメインとなります。
 

 
なぜか?
物事の改善の第一歩は、

個人においても
全体性のコミュニティにおいても、
 
 
平和が体感として腑に落ちる
 
「安静状態」が大切となるからです。
 
 

 
これは同じ5分を過ごすにおいても、
 
忙殺の5分なのか、
 
深いリラックス状態でありながらも
〝運動実現をした〟5分なのか、
 
同じ5分を過ごしても
その充実感も質が違って参るものです。
 
 

この体感における充実感と関係深い、
瞑想・座禅の効果が及ぼす
 
「変性意識状態」とは、
 
 
脳みその前の方から
脳の中心核への血液の再配分が
はかられることですが、
 
 
 
変性意識状態でありながら、
 
身体の使うところは
プルプルしながらも(笑)実は使っているという
運動状態を実現しているのが、
最大の特徴となっています。
 

☯Improvisation Dance. Heaven And Earth. 
「昇龍・螺旋の舞い」 
 
https://www.youtube.com/watch?v=lKH_EeIDFF0 

 
 

☯「静」から「動」、「動」から「静」、
 
そして「静動の合一」をはかるのが
 
プロセスではありますが、
 
 
 
物事の改善の第一歩は
 
まず「安静にすること」であり、
 
 
 
まず「静」から始めるのが、
 
 
静かで澄みきった水面のように
 
物の現れが明確となり、
 

それぞれの現場において
自身がどう振る舞って参るか
 
「選択する力」とも密接となる、
 
五感がするどくなる第一歩です。
 

 
 
また「静」をベースとした訓練をしっかり積むと、
 
一流アスリートなど、
長嶋さんが現役最盛時、
相手の球筋が手に取るように「観える」
と表したように、
 
全身の神経ネットワークは、
微に入り細に入り研ぎ澄まされ、
 
刹那・一瞬における
反応力のスキルが変わって参ります。
 

☯無構えからの『 突き 』

https://www.youtube.com/watch?v=sX-wYfmawDY 

 

「気」をふくめたエネルギーワークに
 
興味の強い方もおられますが、
 
 
具体性に欠けたイマジネーションだけでは足りず、
 
筋骨格レベルの運動力学的にも安定した
姿勢条件が調っていないと、
 
エネルギーというものは
そのスムーズな循環運用が難しい領域です。

 
 
逆に、
水が滞りなく流れるためには、
まず水路を整備しなくてはならないように、
 
そしてわたしたちの体内の
水分パーセンテージが多いように、
 
まず自身の身体のなかの空間を体感する
姿勢条件が調えば、

 
 
特別、
「気」を回そうとイマジネーションしなくとも、
 
それぞれの身体の自然に応じて、
 
大自然とともに、
健全にその身体の内と外を
 
スムーズに循環していくものです。
 

11745317_486830194816173_9082175163193586669_n.jpg

 

 

次回の「土用講座」ですが、
 
 
秋の土用
『 Vital エナジーボディーワーク 吉祥寺講座 』
 
https://www.youtube.com/watch?v=NOvikiRv40Q

 
 
10月30日(金)

 
☯食欲の秋はしっかり皮下脂肪をたくわえて、
うまく体温を調整できるからだを目指します。
 
また呼吸器を調え、
主に肺のケアを中心とした運動をおこないます。

 
 
場所:長野県伊那市美篶(みすず)笠原馬場2911
 
電話:0265-78-4329
 
時間:13:00 ~ 16:00
 
あいだに10分ほど休憩を入れて、
じっくり ご自分の心と体
向き合う3時間コースです。
 

 
懇親会参加者は、
 
「ざんざ亭」の滋養食をいただきながら、
 
http://www.zanzahotel.jp/
 

囲炉裏端を囲みながら
ゆっくりとお互いに語り合い、
 
日常と離れたところでの
リトリート感たっぷりのシェアリングとなります。
 
都会で忙しく暮らしている方ほどに
おすすめできる食空間です。



お問い合わせ:taitao69@gmail.com
(お申し込みの場合、@を半角にしてお問い合わせください)



◎一般参加費:5千円。

当日受け付け(講座後の食事会費は各自別で)
 
◎合宿参加費:2万3千円。

事前振込み。メッセージを くださった方にご案内いたします。
(講座費、ざんざ亭での食事・飲み物代、宿泊費込み)



11188496_451170931715433_4996352123628236171_n.jpg


11781803_486873284811864_4334057120771732953_n.jpg


テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

DATE: CATEGORY:所感
11215736_481854488647077_8337353231920521872_n.jpg

 

 
廃藩置県後の王族なきあとの
老朽化や、
 
 
「鉄の暴風」…

戦災による焼失を経て
復元されたものですが、
 
 
割りと近代まで建築資料が残っていること、
赤瓦など、
琉球独自の建材加工が
引き継がれているせいか、
 

復元された城跡からは
 
じゅうぶんに当時の
 
450年続いたという、
宮中の人々の息づかいが
聞こえてくるようです。
 

11233266_481854531980406_8100906675975106823_n.jpg


10885608_481854578647068_8896960645714990756_n.jpg

 

・・・・・・・・・・
 

 
どこの土地に行っても、
 
わたしたちそれぞれの足元には、
 
先人の生きた軌跡があるということ。
 
 
 
その積み上げた、
 
連綿と繋がった歴史の上に
 
わたしたちは存在でき、
 
 
当たり前のように生活できていること。
 

 
☯「さとうきび畑の村の戦争 沖縄戦の悲劇」
https://www.youtube.com/watch?v=5i4d2FhxmMQ



11059354_481854551980404_8588572829112380033_n.jpg


11204421_481854501980409_1601614264601142875_n.jpg


テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

DATE: CATEGORY:感性文
11695731_480921268740399_358326528262011719_n.jpg  11209372_480921318740394_5608910893982662982_n.jpg


 
内なる強さがあれば、
 
どのような状況、状態を
 
わたしたちが生きたところで、
 
 
 
世界は
 
わたしたちにやさしい。



11695776_480922375406955_6591712445861587211_n.jpg



テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

DATE: CATEGORY:お知らせ
エネルギーのターニングポイント
 
 
☯夏の土用
 
『 Vital エナジーボディーワーク 吉祥寺講座 』
 
最終ご案内
 
https://www.youtube.com/watch?v=NOvikiRv40Q

 
 
みなさま、おはようございます。
いかがおすごしでしょうか?
 
 
今年は7月20日の海の日から、
「夏の土用入り」となりますが、
 

 
 
7月24日(金) 
 
13:00~ 16:00で
タイトルの講座を とり行います。
 

 
講座の詳しい御案内は、
下の記事にて確認をしていただけたらと思います。
 
http://9512taitao.blog.fc2.com/blog-entry-357.html
 

 
会場である伊那市「吉祥寺」
(東京・吉祥寺ではありません)(笑)
 
爽やかな夏の風が吹き抜ける、
お寺の本堂は広いので、
まだ2~3名は申し込めるスペースがございます。
 

 

前回の春の講座は、
内容を盛り込みすぎた感がありますので、
 
今回は陰陽五行説を基本に、
 
からだのなかにこもる熱エネルギーの
正しい発散法など、
 
 
写真のような胸のなか(心臓ケア)からの、
 
伸びやかで開放的なひろがりを生むエクササイズを中心に
取り組みたく想います。
 

11733299_832534083508922_831943506_n.jpg

 

寺小屋式に座学で説明を交えながら、
みなさまと一緒に汗を流したく思います。
 

 
 
☯立春・立夏・立秋・立冬前の、
年四回ある18日間の「土用」という
大きなエネルギーの切り替わりどきに
講座をセッティングし、
 
ご参加される皆さま方と
貴重な時間を共有できることを、
心から嬉しく想います。

 

さて、「土用」と申しますと、
 
ウナギを食べようという夏の土用が有名ですが、
 
実は夏だけじゃぁ ないんですね(笑)
 

年4回ある「土用」の
お話しを少しさせていただきます。

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
☯「土用」について
 

この世界における五つのエレメント
 
「木・火・土・金・水」の
 
トータル的な陰陽五行説のお話しは長くなりますので、

 
この五つのエレメントの
中心と繋ぎ目に位置する「土」
 
 
 
そして「土用」という期間、
 
 
「土」はものを変化させる作用を持ち、
 
「用」とは働きの意が含まれています。

 
 
 
四季の終りの各18日間を
「土」の為の期間として、
 
五行のなかでは土用として割り当てられています。
 
 
つまり立春の前18日間が冬の土用、
立夏の前18日間が春の土用となります。
 
そして立秋、立冬の前各18日間が
それぞれ夏の土用、秋の土用です。


地球暦


 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
「土用」は元々は中国の五行思想に基づいていますが、
 
うつろいゆく日本の四季の変化、
その季節のうつろいを感じるなかでの
土用の18日間は、とても興味深くて、
また味わいのあるものです。
 
 
日本の季節はゆるやかに変化しながら
移り変わって参りますよね。

 
この移り変わりの期間に寒さや暑さが
行ったり、来たりして、
それが18日間ぐらいあって、
 
 
春、夏、秋、冬という四季が明らかになって参ります。

 

 
冬の土用は、ほぼ大寒の節気であり、
 
春の土用は、ほぼ穀雨の節気であり、
 
夏の土用は、ほぼ大暑の節気であり、
 
秋の土用は、ほぼ霜降の節気です。

 

 
寒・暑に雨と霜という象徴的な節気が
土用に相当するわけであり、
それは気候が厳しかったり、
寒さ暑さが定まりにくかったりする時節です。
 
 
健康状態にも気をつける時節ですし、
 
また大きな変化を秘めた期間でもあります。

 

 
以前、
大自然の「気」の五大運動のお話しをしましたが、
 
 
大きく分けると収斂(しゅうれん)と発散、
 
収縮と膨張のエネルギー作用を繰り返すのが、
 
 
自然のリズムであり、
 
宇宙のリズムです。
 

 
 
昇る・降りる・開放・合わさるの
 
「氣」の四大運動が自然のリズムであり、
 
開放的な夏と昔から良く言われるように、
夏は中心から広がりゆく、
その開放的エネルギーが強く働く期間です。
 
 
 

実はこの四大運動の間に「定 てい」というものが入り、
 
「氣」の五大運動と称します。
 

 
日本的に言いますと、この「定 てい」は、
 
「間 ま」に相当します。
 

 

☯「昇・降・開・合 しょう・こう・かい・ごう」の
 
流れのなかでの「定 てい」

 
土用の期間とは
 
この「定 てい」に当たります。

 

 
それは目まぐるしい動きの中で
 
ふと立ち止まる大切さであり、

 
 
静かなるものの極みであり、

 
 
宇宙の起点が静かな一点の「闇」から生じたように、
  
 
 
この「静」の極みが真の「動」…
 
宇宙を産み出していく。

 

 
五臓六腑で申しますと、
またこの期間は身体の中心たる
 
「脾臓や胃」の健康にも注意したいところです。
 

この身体の中心の
 
消化力の働きは、
 
実は受容力たる女性性と密接な関係があります。

 

 
ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 
 
みなさまのご参加を
 
心より、お待ち申し上げております。

 

11760147_483826341783225_7820174191904217756_n.jpg


テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

DATE: CATEGORY:所感
11666113_481044058728120_387964331410126468_n.jpg

 

トリプル台風の、夜のあたたかさ。
 
店の常連にご馳走いただいた泡盛
「おもろ」で酔いました(笑)
 
割とこの記事まとまりありませんことを
ご了承願います(笑)
 

11403077_481044045394788_3005499684131813871_n.jpg


 
どこに行っても国際通りとか、
観光客相手のメジャーシーンに
私自身は足が向きません。
 

浮ついた、地に足の着かない、
 
物事の根幹を外れた、
しれ~っとしたスピリチュアル風情や、
 
 
Realなようでいて、
 
妄想・仮想敵を標榜して生きていたい、
 
人間としてあまりにも弱く未熟な、
 
武道やナショナリズムな連中にも
用はありません。 
 
 

 
地元の声は、
ちょっと裏通りの居酒屋なんて
とこにある。
 
 
どこに出かけても
私はそこに触れたい…。
 

 
スタッフや常連のお客さんと、
酒を酌み交わし、
ごちそうし合い、
互いの気心を知り、
 
素直にしあわせな気持ちとなる。
 

 
ハワイのときにも感じた、
南国特有の開放性…。
 
 
 
沖縄はまた
その土地気質以上に、

 
重ねた、その歴史事実ゆえの
 
無意識レベルでの
再生の願いあっての「開放性」を、
 
 
強く 心地よく感じる、
 
そんな夜です。
 

11692665_481044078728118_9072283586434018212_n.jpg


 

人は開放的すぎて、
受け容れすぎてもならんのです。
 
 
これはこれから次代に繋いでいく
流れにおいて、

全世界的に言えることですが、
 
 
受け容れるとともに、
 
 
 
拮抗する力が要るのです。
 

 
それを「内圧」と呼んでも、
 
「肚 はら」と呼んでも、
 
「自信」と呼んでも、
 
「誇り」や「矜持 きょうじ」と呼んでも、
 

「心をそろえる」と呼んでも、

「陰陽のバランスを調える」と呼んでも、
 
なんでもいい。
 

 

受け容れるとともに、
 
それらに拮抗する、
 
それぞれの意識による
かじ取りが必要になって参ります。 

 
 
 
居酒屋で、
気のいいスタッフや客と通じ合う夜・・・
 
 
沖縄が大好きになった、
 
そんな夜です。



11701040_481044028728123_9035131552045267168_n.jpg


テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

DATE: CATEGORY:所感
11695731_480921268740399_358326528262011719_n.jpg

 

元来、男子禁制という場なので、
 
祓詞(はらへことば)を唱えて、
 
畏れながら
その聖域に入らせていただきました。
 

11698695_480921368740389_3220705015440043754_n.jpg


 
台風直前で
人の往来もそれほどなく、
 
 
観光地化されて開かれたとはいえ、
 
その聖域としての
「場」の鎮まり加減は、
 
じゅうぶんに祭祀場としての
威厳を保っておりました。
 

11692700_480921805407012_5395992896360103423_n.jpg


・・・・・・・・・・・・・・

 
ホテルに帰る車中の中で、
あたまのなかをずっと流れていました。
 
どこの土地に行っても、
 
わたしたちそれぞれの
 
先人の生きた軌跡があるということ。
 
 
その積み上げた、
 
連綿と繋がった歴史の上に
 
わたしたちは生活できていること。
 

 
「さとうきび畑の村の戦争 沖縄戦の悲劇」
https://www.youtube.com/watch?v=5i4d2FhxmMQ



11695776_480922375406955_6591712445861587211_n.jpg


11209372_480921318740394_5608910893982662982_n.jpg


テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

DATE: CATEGORY:Photograph
11709691_480258292140030_1128525900399541119_n.jpg



七夕以降、
 
ちょとお仕事で、
 
一週間ほど沖縄に行っておりました。



11216252_480258278806698_8686026314153377309_n.jpg



基地のフェンスの向こうに。

1908121_480300308802495_298349789851857647_n.jpg

 

沖縄・那覇の空。

11539560_480300325469160_5262359698090200300_n.jpg



テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

DATE: CATEGORY:所感
CAZ2BQN0.jpg


本日は「七夕」ですね。
 
先ほどまで降り続いた雨も上がり、
私が住むここ伊那谷は、
風も穏やかな静かな時が流れています。

 
 
一昨年になりますが、
伊那市にある曹洞宗は「吉祥寺」の本堂にて、

「インド音楽と七夕の舞い」と題するステージを
つとめさせていただいたことがあります。


1053295_368124929977716_1830649103_o.jpg

 
 
「祈り・願いに宿る力」をテーマに
企画した舞台ではありましたが、
 
平安期の七夕は、
香を炊き、楽を奏で、
詩歌を楽しむ宮中行事として親しまれておりました。

 
 

意味・由来などをあらためて知ることは力になる…
 
当日は「舞い」だけではなく、
舞台メイクはそのままに(笑)
 
七夕に関する座学も展開しましたので、
それを想い出しながら書いてみます。
 

1048673_368125576644318_1917307413_o.jpg


 

現代では七月になると七夕の季節が訪れ、
笹竹に願いを書いた短冊を飾る風習として
落ち着いている行事ですが、
 
どういう起こりで現代までに
そういった形になったのか、
舞台の前に冒頭ちょっとお話しをさせていただきました。

 

 
七夕は季節の節目たる五節句のひとつですが、
 
1月7日の七草、3月3日の桃、
 
5月5日の端午、9月9日の菊、
 
そして7月7日の七夕を祝う行事があります。

 

 
その七夕、
 
昔は現在のような新暦ではなく、旧暦でお祝いし、
 
また「文月 ふみづき」とも呼ばれてました。
 
 
今年ですと旧暦における七夕は
8月20日辺りとなるでしょうが、
だいたい8月の中旬過ぎから9月の中旬近くになります。
 
 
 
この「文月 ふみづき」…
 
短冊に願い事の「文」を書くからともされてますが、
由来は他にあり、
秋になり、
収穫間近の稲の穂が米を含んで大きくなるので
 
「含月 ふくみづき」とも呼ばれます。

 

 
七夕は、
昔ながらの日本の伝統神事と、
 
有名な織り姫と彦星…
およそ奈良時代に伝わった中国の星伝説、
 
そしてその星伝説にあやかって裁縫や手芸の上達を祈る
 
「乞巧でん きこうでん」という中国の習俗がブレンドして、
 
日本では宮中行事となって成立したお祝い事です。

 

当時の人々は季節のもの…
梨や桃、なす、うり、大豆などを捧げ、
 
星をながめ、香を炊き、
楽を奏で、詩歌を楽しみました。

 
それが次第に時代が下るにつれて民間にも広がり、
江戸時代の寺子屋の行事として
中国の「乞巧でん きこうでん」にあやかって、
 
詩歌や手芸や書道の上達を願い、
笹竹に飾る風習として現在の形に落ち着きました。

 
笹竹は一年を通して緑を保つ生命力の現れとして、
 
そして真っ直ぐ伸びる姿に、
 
人の力強い成長を当時の人たちは見立てて
自身の姿を重ねたのでしょうね。

 

 
五色(ごしき)の短冊の「五色」とは、
 
これは陰陽五行の「五行」から来てます。

 
「青・赤・黄・白・黒」

 
「木・火・土・金・水」…
 
この五色はこの世を構成する五大構成要素、
5つのエレメントに相当します。

 
 
そしてまた人体においては、
 
「肝・心・脾・肺・腎」の五大臓器に当たります。

 
心の動きにおいては
 
「怒り・喜び・思い煩い・悲しみ・不安や恐れ」…
 
それぞれこういった心理面にも相当します。

 

黒の色は、
体内の水分調整その機能に関わる、
 
命を育む水を司る「腎」に相当しますが、
 
黒の代わりにすべてをまとめる「紫」の色として、
五色では変遷をたどって参りました。

 

最初に日本の伝統神事とブレンドしたと書きましたが、
 
昔の人は稲作に関わりながら、
 
古事記にも登場する
 
「棚機女 たなばたつめ」の信仰を持っておりました。

 

これは天より降りてくる水神さまを迎えて
秋の豊作を祈り、
 
人々の穢れ(氣枯れ けがれ)を
祓って(はらって)いただく神事だったのです。
 

 
この水神さまに捧げる織物を織る女性を
 
「棚機女 たなばたつめ」といい、
 
七夕は、
この「棚機 たなばた」という言葉が
転化したものとされてます。
 
 
 
年に一度、織女(おりめ)の中から選ばれた女性は、
 
川辺の「機屋 はたや」にこもって神の衣を織り、
 
降りてこられた神さまと一夜を過ごします。

 
翌日、村人たちは禊ぎ(みそぎ)を行い、
村中の穢れ(けがれ)や災いを持ち去ってもらいます。
 
水神さまに除災・安寧を願ったのですね。

 
 
日本にも元々こういった伝統神事があったことと、
中国の天帝の娘とされる、
織物の技芸に秀でた織女さん…
 
いわゆる織り姫との類似性があったところで、
違和感なくブレンドされたのでしょうね。

 
 
今回はそういった七夕に関するお話しでした。



五行図③


テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

DATE: CATEGORY:所感

「志し」とは、
 
 
己が心の向うところ、心のめざすところ、
 
 
その動きの 今まっただなか、
 
 
その動きの「状態」そのものを生きたる
 
 
姿勢・勢いであって、

 
 
「目標」そのものという、

当面、〝自分が〟どう成りたいという
質の動きとは少し違います。
 

 
 
私心 わたくしごころなき、
 
高潔なる魂を
 
 
「志し」というのだと
 
私は捉えます。
 

 
 
幕末の志士、中岡 慎太郎の言葉に
 
涙する夜。
 

高潔なる先人が築いた歴史と国土の上に、
 
わたしたちは生活できているのです。

 

 
「志しとは、
目先の貴賤(きせん)で動かされるものではない。
 
望むべきは、その先の大いなる道のみである。
 
今 貴い(とうとい)と思えるものが、
明日は賤(いや)しいかもしれない。
 
今 賤しいと思えるものが、明日は貴いかもしれない。
 
 
君子となるか、小人となるかは家柄の中にない。
 

 
君、自らの中にあるのだ」  中岡 慎太郎
 
 


中岡慎太郎



◎「土佐勤王党 - 不滅の志」 その歴 (1/4)
https://www.youtube.com/watch?v=Q0gx_NBrmlo
 

◎「土佐勤王党 - 不滅の志」 その歴 (2/4)
https://www.youtube.com/watch?v=feG_YJWI354
 

◎「土佐勤王党 - 不滅の志」 その歴 (3/4)
https://www.youtube.com/watch?v=njVyEw4cdSY
 

◎「土佐勤王党 - 不滅の志」 その歴 (4/4)
https://www.youtube.com/watch?v=DjbuQTNGJR0



テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

DATE: CATEGORY:所感

生命運動及び、すべての世の事象の
安定要素において、
 

「動」から、
 
次なる「動」へシフトする場合、
 
 
「静の極み」がなくてはなりません。
 

 
 
それは動かざること
山のごとくでありながら、
 
内部には溶岩流れる
 
力強い「内動」を秘めた状態です。
 

そしてまた例えるなら、
 
静かに佇みながらも、
 
 
スタートの瞬間を今まさに待つ
短距離走者のように
 

 
いつでも事あらば
瞬時に蹴り出し動けるような、
 
「運動状態」を
 
 
 
“動かぬように見える”足に
 
秘めていないとなりません。
 

足裏の感覚③

 
 
今はすべてが流動的で
いたずらに言葉を繰ること、
 
動くことばかりを尊重し、
 
 
 
言葉も姿勢も
 
そこから生まれる動作すべてが
軽い傾向にあります。
 


次なる動きのために
 
杭を打つような、
 
身体の中心核にタメを秘めた
運動状態がある。
 

 
その状態を相対静止、
 
人それを「不動」といいます。



朝陽のなかで自由に (5)


テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

DATE: CATEGORY:お知らせ
高遠の夏



エネルギーのターニングポイント
 
☯夏の土用
 
『 Vital エナジーボディーワーク 吉祥寺講座 』 ご案内

https://www.youtube.com/watch?v=NOvikiRv40Q
 


みなさま、
いかがお過ごしでしょうか。
 

「大暑」の翌日、
 
7月24日(金) 13:00~ 16:00
 
上記タイトルの講座を とり行います。



☯夏はしっかりと汗をかいて発散、
 
代謝を高めて、身体をゆるめる
 
心臓のケアを中心とした運動をおこないます。
 

秋の土用、吉祥寺講座③




前回、4月24日の
「 エナジーボディーワーク 吉祥寺講座 」
(東京・吉祥寺ではありません)(笑)

地元信州から、
遠くは東京や栃木から参加された方もおられて、
有り難くも皆さまに喜びのお声をいただくことができました。

 

立春・立夏・立秋・立冬前の、
年四回ある18日間の「土用」という
大きなエネルギーの切り替わりどきに
講座をセッティングし、
 
ご参加される皆さま方と
貴重な時間を共有できることを、
心から嬉しく想います。

ありがとうございます。

 

今回も既に多くの方から、
参加したいという お声をいただいておりますが、
 
まだまだ数名枠、
あなたさまと御一緒できるスペース、
空きがございます。


 
私と一緒に、
自身の「内なる自由」への旅路を
体験いたしませんか。
 
そっと心を澄ませば、
あなたの身体のなかの奥底から
渦を巻くような変化が、
あなたを待っております。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


場所:「吉祥寺」長野県伊那市美篶(みすず)笠原馬場2911
電話:0265-78-4329

 
時間:13:00 ~ 16:00


あいだに10分ほど休憩を入れての、
じっくりと ご自身の心と体に向き合う
3時間コースです。



☯見た目は動いていないのに、
 運動量が得られる「站樁 たんとう」など、
 
中国気功の緻密な内観力(観察と集中)…
 
自身の意識の力をベースに からだ のスキルを高めて参ります。

 
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどを
とりいれたレッスン内容となります。

 
 
持ち物:ヨガマットorバスタオル、
水分補給の飲み物。
 
前回ご参加された方は、
お配りしたテキストをまたご持参ください。

 

支度:からだをあまりしめつけない、
動きやすい服装で。
   
汗をそれなりにかきますので
着替えを用意されてください。


お問い合わせ:taitao69@gmail.com
(お申し込みの場合、@を半角にしてお問い合わせください)



◎一般参加費:5千円(講座後の食事会費は各自別で)
 
◎合宿参加費:2万3千円
(講座費、ざんざ亭での食事・飲み物代、宿泊費込み)
 

鹿ジビエと山師料理「ざんざ亭」
http://www.zanzahotel.jp/
 

11200868_454000251432501_8740291312291024076_n.jpg



・・・・・・・・・・・

  
「ざんざ亭」宿泊希望の方は、
 
朝のボディーワーク指導も入れて
 
ちょっとした合宿形式の
 
より密な指導内容となります。
 

10357126_812125815539522_3723086863708034_n.jpg


*宿泊希望の方は参加費を事前振込みでお願い致します。
 
メッセージをくださった方には、ご案内を致します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

この世に絶対なものはありません。

私は自身の提供するものが何かを良く知り、
またその限界も良く知るものですが、

それはある意味、フィリピンバナナと
台湾バナナの違いを論じることに似ておりますが(笑)、

 

◎こんな方にはおすすめできます

 
・最近よく聞かれる「こころの軸」とか
「芯」は育てたいけれど、
どうにも人の意見などに流されてしまう。

 
・ここぞ!というときに
思うようにからだが動かず、
無駄な動きをかさねて疲れきってしまう…。

 
・体に良かれと普段スポーツに邁進しているけれど、
なんか体の歪みと、使いかたのかたよりを感じている。

 
・いつもなんとなく頭がぼーっとして考えがまとまらず、
イライラ・そわそわ…
気持ちがあまり落ち着くことがない。
心の安定がほしい。

 
・体に良いこと始めたい。
運動はしたいけれど、あんまり激しいのはどうも…
体かたいし…もじもじ…。

 
・インスピレーションを安定的に高めたい。
クリエイティブな暮らしと、
その活動の源泉となる根の力
 
「底力」を養いたい。

 
などなど。

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


おかげさまで、
今まで実に多くの方々の、
こころとからだの目覚ましい変化に
立ち合わせていただきました。

 

あなたの「内なる宇宙」と、
 
わたしたちを取り巻く「外の宇宙」が、
 
あなたの自然なる変化、
 
その自由な姿を待っています。



あなたさまの御参加を
 
心よりお待ち申し上げます。



いんよう図⑤


テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性

DATE: CATEGORY:所感

「アイガモ農法」
 
https://www.youtube.com/watch?v=b-1hzVf_ihk

 
 
近所の田んぼではこの農家だけ実践しており、
この時期、子ガモたちの可愛さに
どうしても目を止めてしまいます。


149897_302135326618995_3279010849343119672_n.jpg

 

簡単に説明しますと、カモやアヒルを田んぼに放して、
雑草や害虫を食べてもらう、無農薬有機農法です。

ただ食べてもらうだけにとどまらず、
カモの糞も田んぼにとっては栄養分となり、
水田なかをカモが動き回ることによって、
満遍なくその栄養が田んぼに行き渡る…

稲づくりと畜産が合体した農法らしいです。

 

 
それこそ牧歌的な、まだまだ子ガモの
よちよちとした可愛いらしさは変わらずですが、
元気よく皆が田んぼのなかに繰り出すなかで、
 
私の眼下で一羽、弱々しく
動けなくなっている子ガモがおりました。

からだも皆よりひとまわり小さく、
呼吸に力がなく、
立ち上がろうとしても立ち上がれない・・
観ていて感情が波立ちました。

 
 
子どもの頃、
見過ごせずに箱ごと拾ってきた子猫たちも、
先天的に体力のない子は早い段階で往ってしまう。
 
抱えた私の腕のなかで、
瞳孔がひらき、息あえぎながら
静かに動かなくなっていった成猫もおりました。

 

生きものは先天的にその命の強い弱いが歴然としてあり、
だからこそ動物は種を残すために数を産む。
 

 
人間は後天的に持ち前の命を、
 
「自身の意識を持って」
 
労働やボディーワークなどの
働きかけを通じて、
 
強くつなぐことができます。
 

 
この「意識の力」を持って
 
自他の「状態」が
 
無理なく変わっていくのが、
 
人間の持つ力と言えます。
 
 

 
死にゆくいのち 生きゆくいのち

そのどれもが尊き いのち

 
いのちの総体としての田んぼが、そこにある。

 
その いのちとしての総体が、

わたしたちの「食」という、
 
日々の営みを支えてくれているのです。
 

 
それが肉で在れ 野菜で在れ、
 
わたしたちが物を食べるという行為は
 
すべて、
 
 
 
「命」をいただくことなのです。
 


10408816_302135599952301_1387735679857415038_n(1).jpg


テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体


copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ