プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:Photograph
【 飛天の舞い Sanctuary 】①  

【 飛天の舞い Sanctuary 】②



地元では大御食神社 おおみけじんじゃ と呼ばれるよりも、
美女が森として親しまれている神域です。
 

吹く風は 神気に満ちて
 
Refreshing wind is blowing.



【 飛天の舞い Sanctuary 】③


【 飛天の舞い Sanctuary 】④


☯【 御神域、吾道太神宮 あぢだいじんぐう にて舞う 】
https://www.youtube.com/watch?v=xWMTMiMKC4I




スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 舞い 神社 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 宇宙法則 個別指導 神道

DATE: CATEGORY:講座
【 生命サポートプログラム 】①


先日は「眠りの養生」と題しまして、
〝寝るのが一番〟というのは極論ではなく、
睡眠時間だけではなく、どのような質の眠りを取るかということ、
 
そして睡眠には、良好な養生の作用がある、
 
これを説かせていただきました。
 

 
そこから一歩進んで、養生学の言葉のなかに、
 
「積極的休息」という、
 
まさに積極性を意識した取り組みを表した言葉があります。
 

 
 
☯「積極的休息」とは、
 

一般的には寝ると疲れがとれると考えられていますが、

ある要点を守って〝じっと立つ〟ことで、
 
活力インナーパワーの発動が促され、
 
眠るよりも効率的に疲れがとれて、
 
 
より深い安静の状態と、
 
より高い覚醒の状態を実現し、
 
 
相当程度時間をさかのぼって、
いま抱えている疲労を処理できる能力、
 
その獲得を目指すものです。
 

 
私の基本スタンスを述べておきますと、
つまらなくなったらやめていい、
また始めたくなったら練習すればいいというスタンスではありますが、  
 
シンプルに洗練されたボディーワークの真価を察して分かる方は、
長年、ご反応を観ていると、
 
社会問題意識とそれに絡む活動をされている方や、
企業の社長さんやコンサルタントをされている方、
スポーツインストラクターの方など、
 
健康分野でも、
今までいろいろ取り組んで来られたプロの方、
もしくは準プロの方ですね。  


いろいろ取り組んでは来たけれど、
どうも統合感を自分で感じられない・・とか、
 
深い探求心を持っていろいろ取り組んで来られた方は、
こちらが黙ってても練習しますから(笑)
 

 
取り組まれる方が、「本来の自分を生きる力をつけていく」

その辺りを、ボディー面からサポートさせていただく、
これが私の活動の主な目的です。
 
 

こちらが一方的に何か伝えて本人が知っていくことなど、
たかが知れているので、

今後はフィールドワークや体験型の合宿ツアーを織り交ぜながら、
提供していく機会を増やして参ります。
 

【 フィールド ナチュラルボディーワーク 】①  【 フィールド ナチュラルボディーワーク 】


今まで気づかなったことに、
 
「自分のなかから気づいていく」
 
これが貴いことでありますね。
 

【 生命サポートプログラム 】③  【 生命サポートプログラム 】⑥




近い講習会の予定としては、
 
・8月27日(土)13:00~16:00
 
長野県伊那市  カクイチショールーム伊那店
 

 
☯保健気功講座
 
9月2日(金) 13:00~14:30 
 
長野県駒ヶ根市 ふるさとの家 もりの塾セミナーハウス
 
◎上海気功療養所が古代からの文献を整理して編み出した、
簡単に実践できる気功法です。
効果は50年以上の実績で実証済みの内容となります。
 

 
・9月12日(月)13:00~15:30
 
奈良県御所市 葛木御歳神社 かつらぎみとしじんじゃ 内
サロン&カフェ 「みとしの森」
 

 
☯星空ボディーワーク
 
10月1日(土)2日(日) 長野県阿智村 

昼神温泉郷にて合宿フィールドワーク
 

※淡路島・沼島での合宿ボディーフィールドワークの企画も進んでおります♪
 

詳しいご案内はこちらまで。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTfJqOhJqOs
 

 
みなさまとの貴い出会いを、心よりお待ち申し上げます。



aZqNy7dky80Yp041469616399_1469616495.jpg





テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 積極的 休息 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 宇宙法則 個別指導

DATE: CATEGORY:所感
14079764_642914569207734_4063076086255819595_n.jpg

先日の23日、わたしたちの住むこの土地気質に流れている、
二十四通りの季節の節目、
二十四節気の「処暑 しょしょ」を迎えました。
 
「処暑」は暑気のピークが終わった時であり、
 
「処」とはその身を隠し、
また終えるという意味を含み、
文字通り、
 
「処暑」は暑い天気が間もなく終わることを表わしています。
 

 
私が現在、住んでいる信州では、
それら旧暦・自然のリズムの変化を
日々、如実に感じることができますが、
 

特に都市部、
 
実際的な体感としては、
朝晩すこし涼しくなり、
風には秋の気配が漂うものの、

エアコンの室外機や所狭しと並んだ住環境、
夜になっても熱が逃げないアスファルトや、
熱の逃げない(呼吸をしていない)建材に囲まれたヒートアイランドの都市部などでは、
 
まだまだ残暑お見舞い申し上げますであり、
 
信州で暮らす以前、
長く首都圏で生活していた
自分の身に照らし合わせてみても、
 
 
心と体に大きく影響している
自然のリズムの大切さを、
痛切に感じ入るところではあります。
 

14095718_642914612541063_7508525251682467352_n.jpg

 
都市部にいても 田舎にいても、
 
これから本格的に秋に向かう動きのなかで滋養する、
 
秋の養生としては
しっかりと睡眠の時間を取ることです。
 

「寝るのが一番」とは極論ではなく、
またどのような質の眠りを取るかですが、
 
睡眠には良好な養生の作用があるためです。


「処暑」の節気は、
暑い季節から涼しい季節に変わる
移り変わりの時であり、
 
また自然界の「陽の気」は、
 
今までの開放的発散・排泄の動きから
収斂(しゅうれん)に向かう時であり、
 
わたしたちの体のなかの「陰陽の気」の比重も
それに伴って季節同様に移り変わって参ります。
 
 
この訪れている変化の季節に、
 
普段の日常生活、仕事、休憩も
それ相応に調整しなければ、
疲れがいつまでも取れにくい状態を招くものです。
 

 
☯「気機の変化を読む」
 
世の中はずーっと同じペース、
リズムなどはないのですから、
 
その動きを繊細に感じ取る
 
心と体の能力が大切となって参ります。


睡眠とその回復機能には
およそ2つの面が含まれています。

 
①疲れを取る

睡眠は「五臓六腑」内臓機能の調整と密接です。
 
 
私は以前、会社勤務のかたわら、
良く工場での派遣アルバイトもしましたが、
 
内臓の疲れを良く工場の稼働効率にたとえます。
 
現代ではロボット化が進んだとはいえ、
24時間いつでもフル稼働では
スタッフはいずれ疲弊していきます。
 

疲れの取れなさは内臓、
特に肝臓の健全な状態に左右されますが、
 
五臓六腑の機能が健全であれば、
 
気・血が調和し、
 
体温、血圧、脈はくは
いずれも起床時よりは相対的に低下して、

呼吸と内分泌の加減も明らかに減り、
代謝率も下がって、
その体力は次第に回復していくものです。

 
 
②脳機能をまもる

わたしたちの脳は、
睡眠状態においては酸素の消費量が大はばに減って行き、
 
十分な睡眠は脳細胞のエネルギーの貯えに役立ちながら、
 
スタミナの回復を助け、
 
知能の効率・・
いわゆる頭が良く回る状態を高めるものです。
 

他にも、
 
免疫力を強くする、

「寝る子は育つ」発育を促進する、

皮膚の張り具合・美容に関係など、

まだまだあるのですが、
 
ひとつひとつを説明すると長くなるので省きます(笑)


で、本当に疲れ切った場合、
 
いわゆる電池切れのときは、
即、眠りにつくことをおすすめしますが、
 

余力が残っている場合は、
 
「眠りと目覚めの間を行く」
 
内観ボディーワークなどはおすすめです。
 

これはいくつかの要点を守って「ただ立つだけ」で、
 
上に挙げたような睡眠効果と
 
身体のバランス良い運動実現を
 
同時に成立させてしまうものなのですが、
 

 
「積極的休息」と呼ばれる、この特殊な運動状態は、
 
体感を重ねて具体的感覚が開かれて参りませんと、
 
言葉では表し尽くせないので、ここまでにしておきます。
 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。



【 フィールド ナチュラルボディーワーク 】①





テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 睡眠 養生 処暑 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 宇宙法則 個別指導

DATE: CATEGORY:所感
dgtuiggj.jpg


それが深みと高みを持って熟考されたものであれ、
瞬発的インスピレーションで産みだされたものであれ、
人にはそれぞれの人生のストーリーを紡ぎ描き出す上において、
物語りが必要です。
 

 
世界各国には古来より語り継がれて参った「昔ばなし」が存在すると思います。
 
 
それらは各国の「神性」並びに、そこに生きる人々の内面宇宙と、
 
誰個人が起点かもわからぬところで始まった、
 
人類宇宙共有の意識から自然派生された、
口伝えよりの真理の物語りと言えます。
 

 
聖書や仏典に相当するものが、
 
わたしたちが普段暮らしている、この日の本という国にもしあるならば、
 
聖書に相当するものとして、
それは日本昔ばなしが挙げられます。



それこそ、始まりは誰が書いたのかさえわからない、
個人の蓄積ではないところで、何百、何千年と経っている、
 
よくイメージされる平安貴族の装束さえ、
実は時空プロセスの最新の後付けとも言える、
根源真理のお話しとも言えます。
 

take_04.jpg
 
 

その聖書のエピソードのひとつである「竹取物語」
 

竹があるなら、むかしからよく聞いたり目にもする
 
「松・竹・梅」
 

松と梅に囲まれて
 
「竹」が真ん中にあるのが真理と言えます。
 

 
ここに酸性とアルカリ性と中性という、
科学的見立てが起こって参ります。


まず私が育った茨城県の鹿島砂丘近くにも見られる、
海砂浜からの砂防によく見られる防風林。
 
一帯、松がびっしりと植えられており、
江の島でもどこでも、海岸沿いに多く見られるアルカリ系です。
 

 
梅林は、梅の実そのものが酸っぱい酸です。
(梅干しなどは実際にはアルカリ食品ですが、
あくまで見立てです)(笑)
 

ここで酸とアルカリのふたつに分かれて在ります。
 

 
では「竹」というのは一体どういう存在でありましょうか。
 

 
「竹」は神と人の仲とり持ちとも表現できる、
 
アルカリでもない、酸でもない、
 
中性です。



「竹取り物語り」の かぐや姫という存在は、
 
宇宙生命、その根源生命の意識の総体から産まれた、
 
中性の心を持った姫なのです。
 

 
相対性、相い対するものを比べる概念のない、
 
ニュートラル原初の、
 
この世界の、
未だ知らぬ可能性を産み出す根源的存在を
 
先人意識の総体は、
 
中性である「竹」から産まれた かぐや姫と見立てたのでありましょう。
 

 
・・・おそらくはね(笑)



10309133_429111623921364_3026999467223359660_n.jpg





テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 根源 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 宇宙法則 神道

DATE: CATEGORY:個人指導

『 分水勢 ぶんすいせい 』
 
水の流れのなか その手をかざして分け入るがごとく


【 生命サポートプログラム 】①

 

昨日、一昨日と、淡路島から遠く長野まで来られた方の、
「養生学」その個別指導でした。
 
 
自宅道場とフィールドワークを組み合わせた、
 
2日間の「生命サポートプログラム」です。



【 生命サポートプログラム 】②  【 生命サポートプログラム 】③

【 生命サポートプログラム 】④





元々、「ただ在る」という、シンプルな生命そのものの活動を
 
複雑多岐にしているものはなにか、
 
その辺りをとらえる活動と言えます。


【 生命サポートプログラム 】⑤

 

「体自然と外自然の調和」これが今在る状態からも促進されること。
 
茅野の夕陽が、ひじょうに美しかったです。


【 生命サポートプログラム 】⑦

 

※ それぞれの社会的立場、生活状況・状態に応じた個別指導、
一般講習などのお申し込みはこちらまでどうぞ。

https://vital-energy.themedia.jp/



【 生命サポートプログラム 】⑥




テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 調和 人間の可能性 心と体 写真 身体感覚 波動 宇宙法則 個別指導

DATE: CATEGORY:個人指導
13892226_637443963088128_4289168618560053912_n.jpg

 
私のボディーワークの中心訓練として位置づけている
 
「站樁 たんとう」というメソッドは、
 
中国発の(中国の、という限定枠ではありません)人類共有の身体文化です。
 
 
中国発で漢字二文字であり、古くさ~い印象をお持ちでしょうが、
意外や意外(笑)、
徹底して曖昧さを払拭している、実は極めて合理的な近代メソッドです。
 
もちろん先人のたゆまぬ研究の積み上げから成るメソッドですが、
 
「站樁 たんとう」そのものを抽出するように着目し、
 
広がりを見せたのは割と近代になってです。



「站椿 たんとう」は、
現在、いろいろな方が、いろいろな伝え方をされており、
まだまだ研究・発展・進化の余地を残しているメソッドでもあります。
 


13428628_610621795770345_4975086983352157969_n.jpg

 
 
物事に対しての科学的姿勢というのは、
現時点における実際、必要とされる現場において、
 
最も効果的な「状態・在りかた、方法」を選択している姿勢のことです。
 

実際、必要とされる現場で検証年数を経て、
従来より更に効果的な方法が見つかれば、
それを良しとして視点を柔軟に変え、
さらに発展的試みを続けていくことが出来る、
 
柔らかな身体と心の姿勢の状態を、
科学的姿勢と捉えます。
 

振り返れば、私の教授スタイルも、
受講されている方が、無理なく変化していく実績ふくめて、

3年前に発信していた頃よりも更に研究・進化を続けております。
生きている限り、それはまだまだこの先も続くことでしょう。




※【 プライベートレッスンを受け付けます 】
 
ご案内:https://vital-energy.themedia.jp/posts/1111039
 
 
自宅道場から、出張範囲は東京~大阪・神戸まで。
 
東京以北、または神戸以南の方は御相談に応じます。
求める方がいれば、もちろん海外出張もありです(笑)
 
静かに安定したレッスン環境を御用意できる方。
 

 
主に上記のような、
 
特殊な生命運動状態「站樁 たんとう」を中心に教授いたします。
 

その他、私の持つ身体と心のスキル、
その引き出しをフル動員させていただき、
 
貴重な御縁で出会う あなたの生命、
 
その「状態」が、今あるところよりも引き上がること・・・
 
 
その一点に特化しながら指導の方、
誠心誠意、努めさせていただきます。


よろしくお願い申し上げます。
 

☯【 Vital Energy Body Work 山下道場 】
https://vital-energy.themedia.jp/


13988265_637444576421400_692481311121287752_o.jpg


14021746_637443976421460_7534241204137920536_n.jpg





テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 個人指導 プライベートレッスン 生命 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 宇宙法則 個別指導

DATE: CATEGORY:人さま ご紹介

今回の人さまご紹介は、「 ちょうせい塾 」代表の高橋 博幸さん。

https://energy-cyousei.themedia.jp/

栃木県で「ひだまり長生治療院」も構えてらっしゃる、
文字通り、治療家でもあります。
 

高橋さんの「ちょうせい塾」では、
セルフケアとしてのボディーワークをお伝えしています。

関東圏の方で、関節や心肺などの呼吸器にあまり負担を掛けない、
無理のないボディーワークに取り組みたい方に、おすすめ致します。

わかりやすい、懇切丁寧な指導をされる方です。

その一端が垣間見れるのが(笑)、
最近の高橋さんのブログ記事です。


人間の関節構造をわかりやすく手羽先にたとえるという、
実にユニークな指導です。

て、手羽先・・(笑) 今晩、ビールの友に「世界の山ちゃん」に行かねば(笑)



37995604.jpg



以下、高橋 博幸さんの了解をいただいた、ブログ全文です。

・・・・・・・・・・・・・

【 構造から学ぶ いのち 】手羽先食べたら

 

「 このままではいけない 」という、心の叫びを自身の中に聴き、

行動に移している方を見守っています。


站椿(たんとう) という、さまざまな姿勢の要求を満たしながら

立ち、


自分自身を内観し、(観察と集中) 自分自身を統合し

いのちの底力を養っていく訓練を行いました。


骨盤、そして股関節のポジションが重要なこの取り組みです。



13652983_487142241494065_2162897161591570073_o.jpg



私の指示したことが、映像で浮かびますか? 


「浮かびません。」 



自分は解剖学の知識があるので、
関節とか筋肉の位置関係の絵が浮かびますが、   

そうだよね~、うん


ということで、解剖学的に説明をしました。


股関節の形、動き、この筋肉が働くと、こういう動きができる、

自分の身体を触ってみて、この出っ張りがここ、とか。



13914004_487142284827394_8696054582646554753_o.jpg



骨というものは、機能的な、無駄のないフォルムになっており、

自分はそこに芸術性を感じます。


その形状は、  いのちを営むため     と伝えました。


そして、その構造を、
理にかなう形で生かす知恵が、古来から育まれ、
伝えられて、私たちはその恩恵を受けています。

 

「今度手羽先食べたら、よく観察してみて」 


靭帯、軟骨、動き、人と基本的に一緒だから。


普段なにげなく食べ、ぽいっと捨てている骨ひとつ


 
観察すれば、そこに「いのち」はあります。


そういうことに 興味をもってほしいのです。

循環したエネルギーを、
きちんと 収めるべきところへ「収功」して、この日は終了しました。



13909249_487142324827390_5210463928220547443_o.jpg



ちょうせい塾(ちょうせい塾は、ひだまり長生治療院のスピンオフ活動です。)
https://energy-cyousei.themedia.jp/



『 希望と勇気を持って、人生をクリエイトするために 』

Vital Energy Body Work とは
https://vital-energy.themedia.jp/





テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 長生 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 宇宙法則 個別指導

DATE: CATEGORY:所感
【 藤原 俊成 ふじわらのとしなり 】①


先日、ふらり直感で参った三河の國、竹島。
その竹島とスッと対面するように立っていたのが、
平安時代後期から鎌倉時代前期の歌人 藤原 俊成像でした。
 
再現された像とはいえ、
夕陽の中、佇むその相貌は、ひじょうに印象的でした。
右手に笏 しゃく、左手を剣に掛けている姿が、
文人のなかに、きらり武を忍ばせているようで格好いいですね(笑)
 

【 藤原 俊成 ふじわらのとしなり 】②

 
 
「大島や 小島がさきの 仏嶋 すずめの森に 恋の松原」
 
俊成卿が、ここ蒲郡の地で詠んだとされる歌です。

「すずめの森」を「涼みが森」としているのですね。
 
まぁ、今の時期のように夏の暑さのなか、
森で涼んだのでありましょう(笑)
 

 
像右下の説明文によると、俊成卿は三河国司を3年5カ月、
32歳から36歳までの間、
藤原顕広と名乗っていた頃につとめられたそうです。
その生涯を閉じるのが91歳、当時にしては長寿です。
 
三河湾に面した温暖な気候である、
この竹島の地を大変好んだと伝えられています。


当地を直感で訪れて初めて知ったことですが、
竹島は琵琶湖に浮かぶ竹生島 ちくぶじま とも密接な関わりを持つ島です。
 

竹島①

竹島③



竹島弁天、
八百富神社の祭神・市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)は、
俊成卿が三河国司の頃に、
琵琶湖に浮かぶ竹生島から勧請されたものだそうです。
 

江の島、竹生島、厳島と、弁天の見立ては、
水に囲った命の状態そのものを現したものでありましょう。
 
それは私たちの身体を構成する、
細胞ひとつひとつのようでもあります。



竹島④

竹島②

竹島⑤





テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 蒲郡 竹島 弁天 人間の可能性 心と体 写真 波動 宇宙法則 神道

DATE: CATEGORY:所感
161810_01.jpg

 
正確には〝うま~く い~く〟です(笑)
 
活力に満ちており、かな~り、おすすめな映画です。
 

2.jpeg


日本人の当たり前の倫理観を持ちだすと、
途端に気になってしまうシーンがいくつかあるので、
それでは作品全体を見通すことが出来なくなってしまうでしょう。
 
そこは頭をやわらかくして、
映像から溢れる活力を味わい楽しまれることをおすすめします。
 

〝あの話しはどうなったの?〟と、伏線を張ったはいいが、
まったく回収しない映画が多い中で、
この映画はすべての伏線を立派に回収している丁寧な作品です。

 
 
映画とはいえ、
そこまで憎たらしくキャラづくりするか(笑)という強権的学長の、
優秀な学生であるがゆえに観えていない主人公に送る、
 
「誰だって間違うことはあるんだ」というセリフが、
私としてはグッと来ました。


images.jpg

 
やっぱりそこで歌い踊るんだ(笑)


38d36c7f5011638e268763c4f34a9221.jpg

c0116778_11235272.jpg




テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : インド 映画 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 宇宙法則

DATE: CATEGORY:功法紹介

みなさま、残暑お見舞い申し上げます。
先日の8月7日で「立秋」を迎えましたね。
 
体感的には今年の猛暑のなか、まだまだ夏真っ盛りな感じですが、
たとえばうちの庭先の田んぼの稲穂が、
日を追うごとにどんどん垂れゆくように、
自然やわたしたちの身体も少しずつ、
 
「秋のからだ」へと移り行く季節となりました。
 

ちなみに、約20本の稲穂1束から成る お米の数は2千粒だそうです。
ご飯茶碗一杯ぶんが、稲穂1束分です。

 
 
☯「秋」…大自然の「気」の五大運動法則では、
 
葉がはらはらと舞い落ちてゆくように、
 
春の強い上昇、夏の広がりゆく開放的エネルギーから
 
エネルギーは地球の重力に素直になるように下降傾向となって
 
わたしたちの「気が落ち着く」季節となります。
 

 
感情の働きにも影響するひとつとして、
“気落ちする”という言葉が昔からありますね。

臓器のケアとしては「肺・胸」のケアを、
 
一般講座や、またこのFacebook上でも少しづつ、
お伝えして参りたいところです。


【 悲しみと 胸のケア 】②
 

 
胸のケアとは呼吸器のケアに他なりませんが、
整体運動としてはいろいろな取り組みかたがございます。
 
シンプルなやりかたから突っ込んだケアまで、
これから秋へ向かう季節の訪れとともに
少しずつご紹介して参りたく思います。
 
直接指導にまさるものはありませんが、
Web上ではまた限界もございますが、なるたけ尽力いたします。

 
なぜなら秋は「肺」・・・呼吸器の健康につながりがあり、
わたしたち多くの方が普段、帰属ベースにおいて暮らしている
四季のはっきりとした日本、この東アジアの時空間。
 
 
自然の動きの一端として、
私たちが既知として捉える実践宇宙哲学上においては、

その心理、心の動きに影響するは
 
まさしく秋の心と書いて
 
「愁い うれい・悲しみ」だからです。


英語圏でも Heartbreak など、
胸の動きに直結した からだことば が御座いますね。

 
生老病死…生きていれば誰もが経験・体験し、
そして味わうことになる「悲しみ」

 
 
おそらく喜怒哀楽という人間が味わう感情のなかで、
一番抜けにくい、大きな感情ではないでしょうか。

 
また「悲しみ」というものは「怒り」同様 、
 
純粋昇華すれば、わたしたちを傷つけるだけではない、 
 
「悲しみという力」へと成りゆくものです。
 

悲しみをしっかり味わうことができる方は、
人に優しくそっと添うことも出来る方です。
 

 
未病及び、逆巻く感情が落ち着いたときにでもおすすめできる、
胸のケア運動のひとつに、
 
「両手伸ばし」というものがあります。
 

これは 9月2日(金)に予定している、
 
「保健気功講座」でもお伝えする養生運動のひとつです。
 

胸の苦しさ、ぜんそく、空せきなどに対応するものです。

行いかたとしては、
まず両手をそれぞれ親指を中に入れた拳の形を作ります。
 
その場で作ってみると感じると思いますが、
大胸筋・・胸の大きな筋肉の余計な緊張を取るためです。
 

 
まず両手を胸の前に拳を合わせるように置き、
そこからまるで物を引っ張るようにして、
左右両側へと、特に胸の中心の動きに注意をはらいながら、
徐々に広げてゆきます。
 
10回行います。
 

こうしたケアを当日の講座ではお伝えして参ります。
 

【 悲しみと 胸のケア 】①
 

☯「保健気功講座」
  
9月2日(金) 13:00~14:30 
 
長野県駒ヶ根市 ふるさとの家 もりの塾セミナーハウスにて
  
お伝えする内容:上海気功療養所が、
古代からの文献を整理して編み出した、簡単に実践できる気功法です。
効果は50年以上の実績で実証済みの内容です。
 

お問合せ:Info@koshizu.com
 
下記ホームページも、どうぞ参考になさってください。

わかりやすいニーズから、
物事の普遍的本質へと至るプロセスを
当方では一貫した体系として用意しております。
 
また申込み者の状態に合わせた完全オーダーメイドによる、
プライベートレッスンも受け付けております。
 
よろしくお願い申し上げます。
 

☯【 Vital Energy Body Work 山下道場 】
https://vital-energy.themedia.jp/


【 悲しみと 胸のケア 】④

【 悲しみと 胸のケア 】③




テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : プライベートレッスン 呼吸器 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 宇宙法則 個別指導

DATE: CATEGORY:所感

自身の一般講座や少人数からなる個別指導において、
レッスン終了後は、それぞれその身に感じ、起きていることの体験・体感を
お茶など飲みながら、またときには食事を共にしながら
体感シェアする時間に充てています。
 
それはネタバレするなら、
私自身がそれぞれの方の感想を聴いて、
研究、技術に落とし込みたいからではなく、
 
 
今まさにレッスンを通じて
その身で受け、感じていることを、
 
あたまで考えることなく、
率直にご自分の口で語って「表現」していただき、
 
目に明らかな意識的作業を通り越えて、
 
無意識レベルでも
本人が練習の場を離れても腑に落とされていく・・
 
その体験・体感を重ねていただくことに
実はそうしたシェアの私の目的があります。
 

 
練習というものは
押さえるべき基礎根幹を内容ベースにしながらも、

毎回、お互いに循環が働く
創造的関係性を形成する「場」であらねばなりません。
 

これは教師の一方性だけでは成立せず、
 
練習生の、熱心で真摯な眼差しを伴った姿勢も、
お互いに創造循環の協力関係を築く上では必要になります。
 

 
私は毎回、毎瞬間、
練習される方の心身の総体が引き上がるよう、
情熱を持って全力で火を起こし、励まし、
 
成長・発展の「場」に立ち会わせていただく貴い機会を得ています。
 
おかげさまです。

 

 
 
緻密な内観(観察と集中)ボディーワークを始めて
間もない方のほとんどに観られる、
 
大体、総じての初期反応が、

 
レッスンが終わったあと、あたまはぼーっとするのだけど、
(普段つかいすぎの思考がダウンしている)

からだ全体にはしっかりとした

スッキリとした充実感を感じる…

こういった反応が多いです。


思考傾向の強いあたまつかいから、
 
脳内前面から中枢・後部への血液の流れの再配分により
 
眠っている身体の内と外を繊細に感じ取る能力
 
「感性力」の拡大が起き、

 
 
禅や瞑想状態における脳の「変性意識状態」…
 
睡眠と覚醒の中間状態を実現しながらも、
 
 
同時に全身五体、
関節や心肺・呼吸器系に無理な負担を掛けない
 
「静かなる特殊な運動状態」
 
筋骨格レベルから からだの基盤プログラム、
 
OS の書き換え、再編成が起きている状態です。

 

 
そして多くの方が
その身体の基盤書き換え過程において、
東洋医学で良く言われる好転反応を訴えます。

 
・多くは眠気や だるさなどの「弛緩反応」

・便秘、下痢、発汗など、
体内臓器が調整状態に向かうために起こる上での
 
一時的な「過敏反応」
 

・多くの目やにや、吹き出物など、
体の解毒作用が皮膚表面などにも起こる「排泄反応」

 
また凝り固まっていた昔の古傷が
身体の奥底からの深いリラックス状態を経ることにより、
 
筋腱から ほぐれていくことによって起こる
痛みのぶり返し、

 
普段からの からだ のクセとズレが、
 
「自然整体」…
 
身体が修復、整っていく過程で感じる
違和感などがあります。

 

 
 
好転反応は肉体面だけでなく、
 
精神面においても、
 
たとえるなら長い時間をかけて
固くなってしまったその心の結び目が、
 
次第に ほどかれて行くさまに良く似ています。


特にその場での刺激理由もないのに、
すーっと流れる涙をその表情に
静かに浮かべる方もケースとしてはあります。
 
 
 
それらの好転反応は一時的に経過するものですし、
身体に生じる違和感や痛みは
今までの生活ぶりを感じ考えるサインでもありますが、
 
3週間以上続いたり、相当気になる場合は、
関係医療機関の治療も受け参考にしながら、
ひとつの体系を貫いている代替医療を自ら選択し、
並行しながら続けて様子を観られると良いでしょう。
 

 
お茶のとき、
おひとりおひとりの話しに耳をかたむけながら、
 
〝レッスン終了後、ぼーっとすることがなくなった〟
 
〝セルフケアを自分なりに生活に取り入れ、
いつの間にか疲れにくくなっていたことに気づいた〟
と仰った方がいました。

 
 
疲れにくいということは、
 
その方のヴァイタリティ・生命力に裏打ちされた行動力の幅が広がり、
 
その方の暮らしをクリエイトする
力の底上げになるということです。


この自分の身体の奥底からの
生命運動のヴァイタリティが出てきますと、
 
ただ「癒される」段階から、
 
 
次なるステップである、
自己実現に向けての真の「生命自律運動」が始まり、
 
 
そして心身の安定感から生まれる
個としての充足感により(ありのまま)、
 

より良い「自他共生」の道を
 
 
人は自然と〝方法〟先行ではなく、
 
強くしなやかな こころ と からだの「状態」に根差しながら、
模索、構築をし始めます。
 

 
 
「ありのまま・天然自然」と「あるべきもの・社会自然」
 
 
 
ここが注意深いところですが、
 
ありのまま も あるべきもの も、
 
両方、往来ができて、統合が取れていなければ成りません。


ここが現代人が多く勘違いを起こしてバランスを欠いてしまう注意点であり、
 
どちらか一方向に流れて、
自分の内にも外にも対立図式を形成し、
 
表も裏も合わせて社会批判をしたり、
 
個としての自由と可能性を封殺、攻撃などして落ち着こうとします。
 

 
「ありのまま・天然自然」も「あるべきもの・社会自然」も、
 
両方、往来、統合が取れて、
 

はじめて世界総体としての「自己統合」が可能と成るのです。
 

 
そうしてこそ、ヒトははじめて人となり、
 
後天的成長プロセスを入念に重ねて、
 
本来の意味である人と人のはざまで生きたる
 
この社会宇宙の機能性を発揮する「人間」として成立するのです。
 

 

ぼーっとする段階から、
次なるステップにこの方は進んだのだなと、

お話しを聴いて別れたあとで

静かに嬉しく感じた次第です。


gMGF40zTy9l5lQT1464739758_1464740059.jpg



テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 好転反応 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 宇宙法則 個別指導

DATE: CATEGORY:感性文
13882392_634214760077715_1305302230814524868_n.jpg

 
みんな何を抱えてたっていい。当然さ、生きてるんだから。
 
今どう、あなたが在ったっていいのだ。
 

ただ、無自覚ではなく、

どう在ろうと、自分の今ある「状態」に気づいていることが、
 
それこそが、わたしたちの内に存在する「光り」だ。
 
 
神性と呼んでもいい。
 

その「光り」を持ってはじめて、
 
 
今、関わっていること 
 
これから関わろうとすることすべてに
 
あなたの「光り」によって
 
この世界に橋が掛かりゆくのだ。
 
 

葉月 山下 俊行



竹島弁天 ⑥

竹島弁天 ③





テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 神性 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 宇宙法則 個別指導

DATE: CATEGORY:神さま
竹島弁天 ①

竹島弁天 ⑤


三河の國、竹島に鎮座する八百富神社。
神奈川の江ノ島同様、海上の橋を渡り行きます。


竹島弁天⑨

竹島弁天 ④

竹島弁天 ⑧


対面するお山の向こうには、
お伊勢さまと金比羅さま。


竹島弁天 ⑪

 
ちなみに、下駄を履いていたので、
岩場では安全上、裸足で立ってます(笑)


竹島弁天

竹島弁天 ②

竹島弁天 ⑦

竹島弁天 ⑩




テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 八百富神社 神道 波動 人間の可能性 心と体 写真 身体感覚 宇宙法則

DATE: CATEGORY:人さま ご紹介

今回の人さま御紹介は、私の弟子でもあり、
身内で恐縮なのですが(笑)、小静さんという方です。

西洋占星術を使った星読みセッションも得意としております。


13321724_1049615165129340_4140184972779342922_n.jpg

 

「お客さまの感想」に相当する感じで読んでいただきたいのですが、
私に会ったときは本人もプロセスの只中で体力もなく、
人にあまり言えない辛さも抱えていた方です。
 
そこから本人の努力が実って、後の人生が一変し、
今ではただ学ぶだけでなく、
有り難くも人さまの指導までお受けするようになった方です。
 
特に女性の方など、同じ人間のプロセスとして
何か感じていただけたらと願います。
 

以下は、本人の記事内容の説明です。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
「今回は頭痛と若返りだけ書きましたが
本当はもっとたくさんあります。

ただ結果は勝手についてきたんです。
 
中学生のころから悩まされてきた
片頭痛が無くなったことも、
年齢より若く見られるようになったことも
さらに生き方が変わったことも

やはり、生命というところにベースを置いたから
いのち、活力、内圧、生命力
人によっては原子や電子、神、宇宙、空、エネルギーetc
表現は違うけれど、皆いのちのことを言っている。
 
それを実践すると、結果が変わる。

波動ってふわふわした、スピリチュアル的な
自分から離れたもののようなイメージとしか
捉えてなかったけれど
  
現実的なところ、世の中波動です。
又は響きとも言える。
それがイメージや妄想でなく、
実際に体感から分かるようになったのはうれしいことです。
  
自分が発するもの(波動)が変われば、人生が変わる。
これは実体験からそう言えます。
 
ブログを更新しました。」
 

☯『 若返りは期待しない頃やってくる 』
http://www.koshizu.com/vitalenergybodywork-26/


12963926_1018101341614056_4271997232671488937_n.jpg


【 自然呼吸と 循環状態と 】 2016年07月30日 伊那市
https://www.youtube.com/watch?v=2-ZhONByz_0&app=desktop




テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 宇宙法則 個別指導

DATE: CATEGORY:講座
13662149_631403877025470_8125520726962630277_o.jpg

 
先日の土曜日は長野県伊那市で、講習会。
アフリカンダンスをしている若い男性の参加もありました。

身体内の原初の活力状態としては、
こちらのボディーワークは内圧として動きの原動力に転換する方向性ですが、
生命運動のダイナミズムとしてはアフリカンダンスとも共通するものがあり、
たいへん興味深いところです。
 

13891807_631403913692133_1230068116369736650_n.jpg


しっかり練習すれば一生ものの見えない財産とも成る、
「習慣化」「基礎の基礎を打ち固める」など、
どの領域においても必要な具体的プロセスをお伝えしましたが、
座学のなかでいくつか紹介した言葉があります。
 
 

『 一法不立 百法不成 いっぽうふりつ ひゃっぽうふせい 』
 
 
この言葉は「気功養生学 きこうようじょうがく」を提唱された
気功名人、
焦国瑞(しょうこくずい)先生が良く言われた言葉です。
 

私は30年以上に渡って、東西の武術・格闘技、
気功や整体、ヨーガなど、貴重な身体文化を研究して参って、
 
その中心核に「站樁 たんとう」原理を据えることによって、
自身のボディーワーク体系を確立することが出来ましたが、
 
その確立に大きな役割を果たしてくれたのが、
焦先師の「気功養生学」でした。
 

 
私が気功において、師と捉えている方は、
90年代初めに日本の気功界を牽引された、
草分けとも言える星野 稔先生ですが、
 
「気功養生学」は、その星野先生の師に当たる、
北京中医研究院 焦国瑞 しょうこくずい 教授の提唱になる、
壮大な生命科学とも言える養生体系です。


焦国瑞先生②

 

焦先生は、站樁(たんとう)原理を、
国手(こくしゅ)・・国を代表する武術家であるとも賞賛された
王薌齋(おう こうさい)先師に学ばれましたが、
 
当時の政府からの指示で
王先師のところに出向いたのはいいですが、
 
国の指示で派遣されて向かったにも関わらず、
全く相手にはしてもらえず、
王先師に何日も懇願して やっと学ぶことが許されたことは、
その世界では有名なエピソードです。
 

 
気功養生学は焦国瑞先生亡き後、現在はその体系を
 
「日本気功養生学研究会」代表として、
 
星野 稔先生が引き継いでおられますが、
 
 
「自養其生 じようきせい」の思想を核心として、
より深く、より確実に体内変化の体験を積みあげ、
 
いのち のもつ可能性を大きく開いていく・・
そうしたセルフ・ケア、
セルフ・コントロールの能力を育てていくことを
目指している団体です。
 

私自身の研究要素を加えたボディーワーク体系においても同じ根幹で、
そのプロセスを お伝えさせていただいております。
 

13522032_631403973692127_3079100682453268755_n.jpg



☯「一法不立 百法不成」

 
これは「一つのことが出来ないのに、
百のことをやっても何の意味もない」という言葉です。
 

 
みなさまの背骨はなんでしょうか?
 
人は自分の背骨・バックボーンをしっかりさせてこそ、
 
その自由性の すそ野を広げていくことが出来ます。
 
 
自由というのは無秩序に
ただ広がれば良いというものではありません。
 
「最初から手つかずの自由」はないのです。

 

あれも良い、これも素晴らしいと、
いろいろな系統の気功法を学ぶ学生に対して、
 
焦国瑞先生は「そんなことは単なる時間の浪費に過ぎない、
むしろ体験は後退していく。
 
先ずは一つの事をきちんと学び、
 
修めていくことが何よりも大事」と戒められたそうです。


世の中は一昔以上に情報量が増大し、
あれも良い これも素晴らしいと、
このネット上でもさまざまな情報が
日々、飛び交っております。
 

信じられるものを何かひとつ、
 
たとえば身体から起きてくる自身の財産とも呼べる
 
昨日の、一年前の自分とは違うという変化ひとつ、
 
人が見つけられるということは、
 
とても貴いことです。
 

どんな分野においても「認識」をしっかり持つことが、

その後の体験の質を決定づけるのです。
 

それを理屈だけではなく、
 
たゆまぬ練習を通した検証、実践のなかで
 
「内的体験」とともに可能にしていく・・・
 
その具体的プロセス。



「内的体験」 「静をベースとした運動」
 
そして、
 
「積極的休息」と呼ばれる状態。
 

学びに終わりというものはありませんが、
私が学んだなかでは上記三つの状態が、
気功養生学の三大特徴とも言えるでしょう。
 

 
☯「内的体験」とは、
 
体の内部に起こる様々な変化にじっと耳を傾けていくと、
 
ひとつの系列をなす変化を克明に体験することができる、
そのプロセスの総体を指します。

 
 
☯「静をベースとした運動」とは、
 
上記の「内的体験」が前提となって、
 
表面的にはじっとしている中で心が静かになり、
 
身体の中が動いていく
 
〝特殊な運動の状態〟を育てていくことです。



☯「積極的休息」とは、
 
一般的には寝ると疲れがとれると考えられていますが、
 
 
内功(ないこう)インナーパワーは、
 
じっと立つことで眠るよりも効率的に疲れがとれ、
 
より深い安静の状態と、
より高い覚醒の状態を実現し、
 
相当程度時間をさかのぼって
抱えている疲労を処理できる能力のことをいいます。
 

私の伝えるボディーワーク体系は、
 
生命活力の根源とも言える、
 
この「内功 ないこう」を育てることを主眼目としています。

 

 
根が育つ前に あちこち不用意に動いて「気・Energy」が散ずれば 
 
エネルギーは枯渇し、
 
その体験はどんどん遠のいていく・・・

  「一法不立 百法不成」

とても意味深い言葉であります。



次回の講習会は、
 
8月27日(土)13:00~16:00
 
長野県伊那市  カクイチショールーム伊那店
 

 
ちょっと面白い?ところでは(笑)、
 
9月12日(月)13:00~15:30 
 
奈良・葛城御歳神社 かつらぎみとしじんじゃ 
 
「みとしの神域でボデイーワーク」を行います♪
 

 
◎講習会についてなど、お気軽にお問い合わせください。

『 Vital Energy Body Work 山下道場 』事務局 案内人:山口

メール info@koshizu.com
 

☯Vital Energy Body Work 山下道場HP
https://vital-energy.themedia.jp/


13895566_631404163692108_3647452190080191363_n.jpg


【 美しさ(整然としている) と 美しくない(雑然としている) 宇宙法則との関係性 】
2016年07月30日 伊那市
https://www.youtube.com/watch?v=nOPM7516U2o




テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 身体感覚 波動 宇宙法則 個別指導


copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ