FC2ブログ

【 感情と 身体の相関図 Relationship between emotion and body 】

たまたまニュースサイトで拾ったものですが、
こちらの内観ボディーワークの立場から見ても確認が取れて、
実に面白い内容でありました。

http://www.excite.co.jp/News/net_clm/20140124/Rocketnews24_406704.html


このサーモグラフィー的な相関図のわかりやすさ(笑)


1620617_252715608227634_326354453_n.jpg


 
要は、常に変化していく感情の、その状態における気血の流れと、

「冷え」との関連性ですよね。

 

このサイトの記事でも、
個人の深い感知に関わらず、肉体は常に感情の影響を受け続けている、

およそこういった内容が書かれていますが、

 
感情の状態と、その身体に与える影響というものは、

これは心はどこにあるかと捉えることにもつながることです。

 
脳機能の統御・・・脳内血液の流れの調整だけにとどまらずに(常にふつふつと湧き起こるマインドのダウンをはかる)、

五臓六腑そのものに半ば意志が在るように捉え、
 
その気血の流れを調える中医学(中国伝統医学)・・・

鍼灸・漢方・気功などの得意領域でもあります。

 

日本も江戸の昔までは、
この中医学をベースに独自に臨床発展した「漢方医学」が主流でした。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BC%A2%E6%96%B9%E5%8C%BB%E5%AD%A6

 

古来より日本人は、腹に心があると捉えていました。

「ハラを読む」 「ハラをさぐる」といった、からだことばが

昔からこの国にはありますね。

 
これなども臓腑に意志が宿るという捉えかたがあって
産まれている言葉です。

 

昔の日本人はその精神性だけから導き出したのではない、

実生活における身体の体験知から、言葉を発しておりました。

 
この こころ だけではない、からだ だけではない、

こころとからだを分離させず、

それらをくくり直した状態を「心身一如」と表現したり、

その発展段階を「神人合一」と表したりしました。

 

サイト記事を読むに当たり、
古来からのわたしたち先人のその洞察の深さに、
あらためて感じ入るところです。

 
もうひとつ興味深いのは、

この相関図は、フィンランド人と台湾人のデータから
上がってきているというところです。

 
身体の感知能力として、
東洋圏も西洋圏も違いはない、ということですね。

 
私は上記のように、
自分の修めて来た専門領域・・・そのバックボーンから言葉を紡いでおりますが(まぁ、皆さまそれが普通ですよね 笑)、

事実を事実として観る、発しているだけで、
いたずらに物事の優位性を説いているわけではありません。

 

横浜などで、かつて「気功」だけを前面に出した自身の講座においては、欧米の方の受講者もおりましたし、

人間の身体の見立てというものに、

西洋も東洋もないことは、ここに明記しておきます。


16298775_729587580540432_3773238155975304646_n.jpg

16298814_729587590540431_6689631673066121615_n.jpg

14589590_675795982586259_7029097839429611454_o.jpg





スポンサーサイト



【 雪の聖域 Sanctuary of snow 】 不動滝 Fudōtaki,Fudō waterfall

雪の聖域①


積雪、路面凍結の立ち入り禁止の聖域まで、林道をおよそ 3㎞。
 
車を降りて、その雪道 3㎞ を神社の参道に見立てて歩けば、
心と身体と、奥底にある魂は一瞬にして「状態」に入る。
 

雪の聖域③


わたしたちは皆、太陽と大地の子です。
 
へそ奥の丹田に熱量が沸き起これば、
全身をその熱が駆け回り、
 
たとえ雪中においても大気中のエネルギーを全身呼吸で吸収し(息吹き)、
取り巻く大自然と一体と成れる。
 

自らの熱量を持って「火」のエレメントを活性化し捧げ、
 
取り巻く龍のエネルギー
 
「水」のエレメントと合わせて、
 
「火水 かみ・神」として一体発現す。
 

また琉球では、この「火」の神性を、
 
「ヒヌカン 火之神」と称する。


雪の聖域②

雪の聖域④

雪の聖域⑤





Eight-section Brocade Exercise 「 内功八段錦 ないこうはちだんきん 」

16300057_727211920777998_7823554926100495182_o.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=8-qGvHTRYbo
 
この保健医療運動における構成要素は3つです。

 
☯調心(リラックスした状態での精神集中:入静)
 
☯調息(呼吸が整う)
 
☯調身(姿勢が整う)のおよそ3つの要素で構成されています。



16265793_727217627444094_6283898394749208366_n.jpg

 

この「八段錦 はちだんきん」は、
 
悠久の歴史を誇る、
中国導引術 どういんじゅつ のアルファにしてオメガのような位置づけとなるものですが、
 

時代が変化するなかで、
私は実際的な効果そのものを感じられるかを大切にしており、
30年以上、身体文化を実践・研究を続けていく中で気づいたことなどから、 
 
武術・ヨーガ・日本の整体、神道的な行法に至るまで、
私なりの創意工夫を加えております。


16174675_727217607444096_6716865208115252567_n.jpg
 

 
練習者が一通りマスターして実践を続けるならば、
この優れた保健医療運動は、
 
内臓機能の調整(内功インナーパワー)から、
 
この地球の重力を正しく味方につける、
身体を支える筋骨格レベルの強化まで(外功アウターパワー)、
 
比較的、短期間に練習者を強壮・強健効果に導く力を宿す、
エネルギーエクササイズでもあります。
 

今後も取り組まれる方の心身壮健のために、
広くお伝えして参りたい保健医療運動です。
 
 

☯「神さま と 宇宙 東国三社めぐりとフィールドボディーワーク」の中でも、
 
鹿島・香取の武神の息吹きのなかで、
じっくりとお伝えしたい保健医療運動であります。
 
2017年2月10日(金)11日(土)
http://ameblo.jp/vitalenergy21/entry-12222236664.html


CAXDLTFB.jpg

 
 
広いお部屋でも、ゆったりとした取り組みでボデイーワークを楽しめます。
夜は四季の懐石料理、夕食・朝食ともにお部屋出しです。
 

◎日常では味わえない贅沢なひとときを。
和洋室「雅特別室 」にて
 
和室10畳+6畳 洋室16畳 計92㎡
客室 露天風呂付
 

☯Vital Energy Body Work 山下道場
https://vital-energy.themedia.jp/


CAIHX6AX.jpg

CAT2VAO2.jpg





【 土用と インナースペース・内なる宇宙 】

【 保健気功講座 】①


土用の丑の日として、現代では夏の土用が知られておりますが、
実は「土用」の期間というのは年四回あるのです。
 
今年の「冬の土用」の期間は1月17日から2月3日まで。
 
それを越えると春の兆しが現れ始める「立春」ですが、
 
この「土用」の期間は、期間後における次の動き・気運のために、
 
ご自分の内側を静かに育てるのに最適な「間 ま」でもあります。
 
 
世間から得られる評価などではない、
自分への信頼を育む時節・チャンスを秘めた期間でもあります。
 
・・・・・・・・・・・・・・・
 
『 冬の土用 』

☯「Vital Energy Body Work 山下道場 」では、
https://vital-energy.themedia.jp/
 

立春・立夏・立秋・立冬前の、
年四回ある18日間という「土用」という大きなエネルギーの切り替わりどきに、
 
主に「春の土用」「秋の土用」の期間に、
 
「ボディーワークと食養生」というタイトルで、
 
一般講習会と、
山の恵みである鹿ジビエを提供される「ざんざ亭」さんとのコラボ宿泊などを合わせた、フィールドワークをセッティングして臨んでおります。
 
◎鹿ジビエと山師料理 - 囲炉裏のお宿 ざんざ亭
http://www.zanzahotel.jp/


14525133_665318720300652_8131063705896428647_o.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・
 
☯この世界における五つのエレメント
「木・火・土・金・水」の
トータル的な陰陽五行説のお話しは長くなりますので、

この五つのエレメントの中心と繋ぎ目に位置する「土」。
 

そして「土用」という期間、
 
「土」はものを変化させる作用を持ち、
 
「用」とは働きの意が含まれています。

 
 
四季の終りの各18日間を「土」の為の期間として、
五行のなかでは土用として割り当てられています。
 
つまり立春の前18日間が冬の土用、立夏の前18日間が春の土用となります。
 
そして立秋、立冬の前各18日間がそれぞれ夏の土用、秋の土用です。
 

☯「土用」は元々は中国の五行思想に基づいておりますが、
 
うつろいゆく日本の四季の変化、
その季節のうつろいを感じるなかでの土用の18日間は、
とても興味深くて、また味わいのあるものです。
 
日本の季節はゆるやかに変化しながら移り変わって参りますよね。

 

この移り変わりの期間に寒さや暑さが行ったり来たりして、
それが18日間ぐらいあって、
春、夏、秋、冬という四季が明らかになって参ります。

 

冬の土用は、ほぼ大寒の節気であり、
春の土用は、ほぼ穀雨の節気であり、
 
夏の土用は、ほぼ大暑の節気であり、
秋の土用は、ほぼ霜降の節気です。
 

寒・暑に雨と霜という象徴的な節気が「土用」に相当するわけであり、
それは気候が厳しかったり、
寒さ暑さが定まりにくかったりする時節です。
 
主に内臓の健康状態にも気をつける時節ですし、
また大きな変化を秘めた期間でもあります。

 

 
以前、大自然に働いている「気」の五大運動のお話しをしたことがありますが、

 
「昇・降・開・合 しょう・こう・かい・ごう」の
 
気運の流れのなかでの「定 てい」

 
 
土用の期間はこの「定 てい」に相当します。
 

それはさまざまに起こりゆく現象・動きの中でふと立ち止まる大切さであり、

静かなるものの極みであり、

「静」の極みが、次なる気運を決定づける真の「動」…
 
インナースペース・内なる宇宙を育てていく。

 

上記の、静まった内なる宇宙のように
 
 
物ごとの改善の第一歩というのは、
 
 
まずこの わたしたちの心と体が
 
「安静」になることから始まります。
 

五臓六腑で申しますと、またこの期間は身体の中心たる
 
「脾臓や胃」の健康に注意したいところです。
 
この辺りは、最近、私の周りでも胃の健康不安を訴える方がけっこう出て参りましたので、
また機会あらためてお話しすることがあるかも知れません。

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。


14615782_672613506237840_4440385374875403832_o.jpg





『 不足の害より 過剰の害 』 愛情も同じでありますね


「土用」はウナギを食べる夏の土用が有名ですが、
先日、土曜日の1月17日から
2月4日の立春までが「冬の土用」と呼ばれる期間です。
 
 
また季節の変わり目は静かに滋養し、
心身における大きなエネルギーの
切り換えどきにも備える期間でもあります。

 
呼吸とともに「後天の気」と呼ばれるエネルギーのひとつである、

「食」のことについて触れておきたいと思います。

 
 
食べることが好きな方は多いと思います。
私も五感すべてで味わう感じで
食べることが好きなタイプです(笑)
 

 
むかしから 「朝飯前」という言葉がありますね。

現在では、楽にちょちょいのちょいとこなせる仕事
という意味で広く使われておりますが、
 
元々は、朝ごはんの前にひと働きという意味です。

遠足のあとのお弁当が美味しかった体験を、
多くの方は持ってらっしゃると思います。

 

 
☯ライフスタイル・・・
現代の多様な生活様式のなかで
わたしたちそれぞれの
リズムや生活パターンがあると思いますが、

 
食べる前にひと働きすると ご飯はおいしく食べられます。

 
わたしは現在、朝早く起きて、
ひと働きする生活パターンで落ち着いてますが、
午前中は普段、ほとんど食事というものをしません。

 

 
☯食べたくないときは 
無理に食べないことが「自然」です。

食べたくないときに無理に食べても

からだに大きな負担がかかるものです。

朝食を抜くだけで からだ の調子が良くなることは
体感を重ねていけば結構あるものです。

食べるだけ食べて 飲むだけ飲んで、

 

消化・吸収、特に排せつがうまくいっていない方を、
自身のボディワークを教えたり、
人さまの整体施術をするなかでも実に多く見受けます。

 
IMGP0024.jpg


 
☯食べ過ぎ

栄養の過剰が、

からだや こころのエネルギーの過剰をもたらし、

からだと こころを曇らせています。

 
その過ぎたエネルギーの過剰が、
現代の多くの病気の原因になっている現実は、
もっと知られてもよい事実です。

 
 
長い人類の歴史をかえりみれば、
腹減らし・・・
おなかぺこぺこ状態の時代の方が長かったはずです。
 
このことは、
人類の直感のレベルやクリエイティブな文化を
生み出してきたことと けして無関係ではありません。

 

飽食の時代と言われて久しいです。
昔に比べると、栄養価の高いものを
私たちはたっぷりと食べていると思います。
 
またそのために、栄養の過剰で身体をこわしている事実は
もっと知られて良いことです。

 
馬歩站樁③


 
☯不足の害よりも 
過剰の害のほうが現代においては
とても深刻な問題です。

 
薬も過ぎたれば毒となるように、
栄養価の高いものは摂り過ぎると、
わたしたちの からだ へと大きな負担をかけるものです。

 

胃腸もそうですが、
特に肝臓への負担から、

疲れ目や肩こりを起こしている方を、
人さまの整体施術をしていても多く見受けます。

 
食べることが好きな方は、
いつもよりほんのちょっと早起きして、

お風呂に入ったり、

なにかひとつでも良いですから、
おぼえたボディーワークを丁寧にこなしたりして、
それから朝食にしてみてください。

いつものご飯が 
がぜんおいしい食事となりますよ♪

ねこカフェ②

【 語らいのひととき 】

11068869_433569413475585_1481487136_n.jpg


食事に加えて、親愛なる方々との楽しくて温かな語らいがあれば、
空腹を満たす以上の喜びを感じるものです。

Add to the meal good conversation and warm association with people you love, and it becomes a delightful event that satisfies more than just our hunger.




【 耐雪梅花麗 】雪に耐えて梅花麗し ばいか うるわし

【 耐雪梅花麗 】雪に耐えて梅花麗し ばいか うるわし③

15418584_702213589944498_2546161718356476464_o.jpg


一貫唯唯諾  一貫、唯唯(いい)の諾
 
従来鉄石肝  従来、鉄石(てっせき)の肝
 
貧居生傑士  貧居(ひんきょ)、傑士(けっし)を生み
 
勲業顕多難  勲業(くんぎょう)多難に顕(あら)わる
 
耐雪梅花麗  雪に耐えて梅花麗うるわしく
 
経霜紅葉丹  霜を経て楓葉(ふうよう)丹あかし
 
如能識天意  如(も)し、能(よ)く、天意を識(し)らば、
 
豈敢自謀安  豈(あに)敢あえて、自から安きを謀はからむや

 

いちど心に誓った「決心」ならば、
 
どこまでもただただひたむきにやり通さなければならない。
 
鉄の如く 石の如く 守ってきた胆力は、
いつまでもそれを変えてはならない。
 
豪傑の士というものは
貧しい生活をしてきた人の中から現れ、
 
勲評価される事業というものは
多くの困難を経て成し遂げられるのだ。
 
梅の花は雪に耐えてこそ 麗しく咲き、
 
楓の葉は霜を経てこそ 真赤に紅葉して
人の目を魅了する。
 
もしこれらの天意が理解できたのなら、
 
ただだくだくと安楽な生きかたを選ぶことなど
どうして出来ようか。
 

・・・・・・・・・・・・・
 

上の漢詩は西郷南洲、
幕末の傑士、西郷隆盛が甥に送ったものです。
 

「初太刀にすべてを掛け 二の太刀は負けと想え」
 
鹿児島・薩摩には、新選組も恐れたという、
薩摩示現流じげんりゅうという、
豪壮な打ち込みの剣術が伝わっております。
 
当然、敵に初太刀をかわされた後の変化技も存在しますが、
 
かわされたら次の手はないという気迫で、
 
初手にこそ、全神経を集中せよということです。
 

中国にも似たような豪壮な打ち込みを特徴とする、
八極拳 はっきょくけん という武術が存在します。
 

 
幕末期、貧しいものも富める者も、
大きなシフトエネルギーの気運のなかで、
 
実に多くの志しを立てた者が、
 
その魂を燃やし尽くして、
 
自らの命を最大限に使い尽して天に還っていきました。
 

 
現代もまた、
幕末期に相当するエネルギーの気運が働いています。
 
 
しかしながら多くの方々は、あたまでっかち知識だけで、
 
 
欲求ステータス性と 志しのカジ取りに必要な、
 
ハラの力「胆力」がない。
 

 
肚 はらの力は、身体の中心「丹田」であり、
 
その力の訓練は、
そのまま物事における意志貫徹力に反映されるものです。
 

 
梅の木、その枝葉が雪に耐えるには、
 
しっかりした幹や根っこの力があってこそ。
 

 
人の身体なら、
エネルギーの発生源である「丹田」を包む骨盤、
 
骨盤の動きと協調した足腰の力が、
 
「胆力」を養う上では大切です。
 

 
足腰の力というのは、
 
スクワットのような筋収縮運動の
分断されたパーツの強さを指すのではなく、
 
 
建築土台に相当する、
 
人間構造体としての、
 
全体運動バランスとしての「支える力」のことです。
 

 
丹田もチャクラも、気やプラーナの運用も、
 
この構造としての足腰の安定性がなければ、
 
 
梅花どうように、
 
真に花開くことはない。



【 耐雪梅花麗 】雪に耐えて梅花麗し ばいか うるわし①

【 耐雪梅花麗 】雪に耐えて梅花麗し ばいか うるわし②

【 耐雪梅花麗 】雪に耐えて梅花麗し ばいか うるわし④





【 こと成す人 】


「信心(自身を信じて) 決心 向上心」
 
何を成すにも この三つの「心」が全て必要である 

 

毎日ひたすら 地道に 真摯に こつこつと
 
 
それら努力を積み上げることなくして
 
人は 誰に 何に成れようか
 

 
寝ても覚めても
 
心をそこに留め置くことができぬ者が
 
いったい何に成れようか
 
 
 
 
わたしたちの暮らしの内と外で 常に情報はあふれ、
この半年、一年スパンの生活のサイクルは
 
昔に比べて早まったという
 

 
だがたかだか半年や一年足らずの経過や現象面に囚われて、
 
大人げなくギャースカ騒ぎだてるものではない
 

それは時代の価値観による錯覚である
 
 

時代による価値観と、

天然自然、この宇宙に流れている「本質」は違う
 
ことに長い経年変化、
その人間観察から紡ぎ出された言葉というものは
 
すべて「本質」である
 

 
 
ただ漠と物ごと続ければ良いというものでもない
 

感じ尽くして 考え尽くして
 
それらすべてを味わい尽しての
 
いちど何かに手をつけたならの
 
「石の上にも三年」である
 

 
姿の勢い・・「姿勢」とは、
 
事に臨んで生きる上での気構え、「生命力」である
 

その姿勢の積み上げたるや
 
かならずや わたしたちに、真の「品」と「格」をもたらし
 
 
それは人のはざまに生きたる
わたしたち人間という生きものの
 

その間はざまを流れる最大限の
 
 
「信頼」という力と成る
 
 

山下 俊行



【 こと成す人 】①

【 こと成す人 】②




【 2017年 謹賀新年 】

わたくしです。衣冠装束。
コスプレではありません(笑)

Z5qwBqTLrRxyAGU1483281590_1483282110.jpg


2017年「東国三社めぐりとフィールドボディーワーク」 ⇩⇩
http://ameblo.jp/vitalenergy21/entry-12222236664.html
 

・日程 2月10日(金)11日(土)
 
10日13時 鹿島神宮集合
 

2017年、意志の強さをまといし鹿島立ち。
 
武神の強きエネルギー、その御加護にて鹿島立ち。
 
今、我こそはという有志を集いたもう。
 
肚 はらの底から皆、強き高き声をこの国中に轟かせよ。
 
いざっ、おぉーっ‼ 、と。


CAXDLTFB.jpg

CAIHX6AX.jpg






【 緊張とリラックスの関係 】

【 緊張とリラックスの関係 】


あなたの心と体の状態において、緊張とリラックスの関係を深く学ぶことです。

緊張とリラックスの関係を深く学べば、危機的な状況を回避することが出来るでしょう。

It is to learn relationships of tension and relaxation deeply in your mind and body condition.

If you learn the relationship between tension and relaxation deeply, you will be able to avoid a crisis situation.


14681906_671446019687922_6124916581291594488_o.jpg