FC2ブログ

【 黙念師容 もくねんしよう ー わたしはあなたであり あなたはわたしである ー 】

「 エネルギー・・・その連綿とした流れのなかで生きること 生かされること 」

人は何を識る(しる)かによって、その後の体験というものは大きく変わって参ります。

ミラーニューロン


ものまね名人たれ。
セッション開始に当たっては、まず何かを学ぶ上での心得にも通ずる上達のカギである

「黙念師容 もくねんしよう」

この言葉をお伝えすることがあります。


あなたはわたしであり わたしはあなたでもあると。


ミラーニューロン・共感細胞にも通じる知恵ですが、脳機能だけでなく全身レベルで、

先達である「師」の動きを、〝気〟で結ぶような感覚で持って深め高めていくこと。


ただ「方法」だけを追うのではなく、内部への観察眼を持って、

先達である師の「状態」と重なり、その心身の状態に近づいて参るように
明確な意識を持って深め高めていくこと。


一期一会。
限られたセッションのあいだの貴重な時間であるからこそ、
柔らかな集中力が大切となって参ります。

黙念師容 






スポンサーサイト



【 保健・美容気功 Health Qigong 】

信州・松本での一般講習会。

〖 保健・美容気功 Health Qigong 〗

【 保健・美容気功 Health Qigong 】

 
写真は、いくつかあるエクササイズのうちのひとつです。

「摩腹 まふく・おなかマッサージ」

胃腸の働きを調節、つかれた脳を休める効果あり。



五感を高めるは秋の匂い、銀杏。
 
「うん、くちゃいっ」とか言いながら、また手にして嗅いじゃうんだよね(笑)

銀杏


・・・・・・・・・・・・・・

☯10月30日(月) ・31日(火) 開催

『 秋の土用・ボディーワーク と 食養生 Food and body work 』↓
http://9512taitao.blog.fc2.com/blog-entry-752.html

アルプス公園







「 不屈 Standing Man 」

日曜映画事情【 弁護人 The Attorney 】2013年〔韓〕

「不屈 Standing Man 」

 
ソン・ガンホ。この役者さんの内圧が好きです。
抜群の安定感。
食堂のおばさんとの再会シーンに私は泣きました。

内容は知る人ぞ知る、実在の人物です。
しかしながら政治的視点を導入すれば、物語の本質はたちまち歪んでしまうものです。

大切なことは、そのときその状況において、
現場の人間がどう反応し、どう対したかなのです。

 
映画に出てくるようなアカ狩りのような話しは、私は世代は違えど、
過去、右左の活動家と知り合い、
時には酒を酌み交わす貴重な機会を得ることがありました。

今現在、私は社会運動ではなく、
「修身」の作用を信じて、
まず個人の在りかたそのものをボディーワークを通じて啓発する立場におりますが、

もし右左に関わらず、何かを掲げて社会運動をするのならば、

怒りは立ち上がる「不屈 Standing Man 」に変えて、
人間の誇りそのものを持って対するのです。

“怒り Standing Man ”という火力は、
ものわかりよく収まる前に、もっと人にあったっていい。

 
劇中の弁護人は理不尽なる状況のなかで、こう強く発します。

「国家の主権は国民にあり!
すべての権力は国民に由来するのです!!」と。






【 新しい息吹きのために 】

昔では考えられなかったと言うことは、とても容易いことです。
情報化社会と呼ばれるようになって久しいですが、心と体への環境影響というものは、時代と共に推移して参るものです。
 
伝統的な立場とそれらを好まれる方々も、
新しきものを好まれる方々も、
権威等を盲信せずにご自分で感じて考えること。
 
 
もし不調和と感じられる今現実のなかでの事ならば、
 
なぜ心と体の安静状態が最優先されるのか、
 
起きている現実をただいたずらに批判せずに、
 
生命根源の在りかたそのものをどう現代においてプレゼンテーションしなくてはならないのか、
そんな時代に入っておりますね。
 
私の養生学も新しい息吹きのために、
日々、研究を重ねている次第です。

【 新しい息吹きのために 】

 
・・・・・・・・
 
【 内功八段錦 ないこうはちだんきん 第四段と 眼精疲労 】↓
http://9512taitao.blog.fc2.com/blog-entry-754.html?sp
 
 
「松本一般講習会」など、各種講習会情報です。↓
https://vital-energy.themedia.jp/posts/2886687

秋は「肺」の季節。
メンタルバランスにも影響する浅い呼吸が自然と深くなる、
シンプルかつ効果的な整体運動などをお伝えします。


勁道







【 秋の土用入り 】

【 秋の土用入り 】


散歩コースでもある、信州・駒ヶ根高原の樹々の色合いも美しく🍁♪
 
本日から「秋の土用入り」となりましたね。
 
今年の「秋の土用」は、10月20日に土用入りし、
「立冬」前の11月6日までの期間となります。
 
この「土用」の期間に、下記の合宿企画を開催いたします。
 
 
☯10月30日(月) ・31日(火) 開催

『 秋の土用・ボディーワーク と 食養生 Food and body work 』↓
http://9512taitao.blog.fc2.com/blog-entry-752.html
 
 

この「土用」という期間ですが、
 
「土」はものを受容・変化させる作用を持ち、
 
「用」とは働きそのものの意が含まれています。
 

 
立春の前18日間が冬の土用、
立夏の前18日間が春の土用となります。
 
そして立秋・立冬の前各18日間が、
それぞれ夏の土用、秋の土用に当たります。
 

 
この土用の期間は、
 
からだとこころの内と外のエネルギーが
今まで季節に応じて大きく動いてきたなかで、

ふと立ち止まって心と身体を滋養するのに適した期間でもあるのです。
 
 
また季節と季節のあいだに取りこみ溜めてきた不要なものを、
肉体外へと老廃物を排出すること。
 

つまり、食事と呼吸の摂取から得られるエネルギーの、運化・受容器官である、
消化器系のケアにも大きく関係ある期間でもあります。
 

“サトルボディー Subtle body・微細身の実践セッション道場”
 
☯ Vital Energy Body Work 山下道場
https://vital-energy.themedia.jp/

22550519_864734293692426_6596116195470819767_o.jpg







【 内功八段錦 ないこうはちだんきん 第四段と 眼精疲労 】

目は本来、外部の刺激に敏感です。
現代では仕事・プライベート合わせて、
パソコン・スマホに長時間向かって、目を酷使する時間が増えております。

一番の眼精疲労のケアは、
長時間向き合い続けないでとにかく目を休ませることですね。


脳機能と目の状態はダイレクトに繋がっており、
脳死の判断を目の瞳孔が開いていることで確認することでも分かるとおり、
脳の疲れ・頭の疲れが目の疲れにも反映いたします。

わたしたちの脳は定期的にシャットダウンしないと、
休むことなく働き続けるパソコンみたいなもので、
すぐにヒートアップして疲れを覚えやすい、脳は身体の司令塔です。

脳は疲れを覚えると、
あ~・・・という感じで脳そのものを支えている重い頭蓋骨が下がり、
首の骨、7番まである上部頸椎の1~3番の可動に影響を与えて、
頭蓋骨の下の視神経を圧迫、目の疲れとなるのです。


背骨をゆるめる体操



ご自分で行える回復運動としては目そのものを良く動かして、
視神経と関係深い延髄の働き・脳の働きを活性化します。

まず手のひらを、あっついというくらいに擦り合わせて熱を発生させ、
手当ての力を高めます。

温めた手のひらをまぶたを閉じた目の上に当てます。

そのまま眼球を時計回りに 9回。
逆時計回りに 9回ほど、ぐるぐる動かして、ゆっくりと手を離します。
電車の中でもどこでも出来る回復運動です。

公園などに足を運び、まず遠くに視線を送って樹々の葉を見つめたのち、
近くの花などに視線のフォーカスを移したりして、
しばらく遠くに近くに視線を上下させるのも良いでしょう。

これが硬くなり滞っていた首の骨の動きを良くして、
視神経にも良い刺激を与えるのですね。


で、上のような目の健康状態とその回復のプロセスをギョウザの皮のように包括的に含み(笑)、
鍼灸(しんきゅう)における体内のエネルギー回路・経絡をも刺激する、
経絡調整スイッチの漢方運動とも言える優れた保健医療運動に、

「内功八段錦 ないこうはちだんきん」というものがあります。


これは8つの動作ポーズからなる、
筋骨格レベルの整体効果と、全身経絡の調整運動が合わさったような、
たいへん珍しい保健医療運動であります。


八段からなる8つの動作ポーズのなかの第四段に、

「 五労七傷往后瞧 ごろうしちしょう おうごしょう 」というのがあります。

動作タイトルの意味としては、

〝後方をふりかえるようにして、五労七傷を調整していく〟となるでしょうか。


☯「五労七傷往后瞧」

「后」は後ろ、「瞧」は見るという意味です。

8つある動作ポーズのなかで、見た目、たいへん地味な形と動きですが、
この型は肉体的、精神的な疲れに役立ち、
疲れた体と心に染み入るような感覚で味わえる型でもあります。
訓練が進んで身体の感覚が開いていくと、更に効果を感じる味わい深い型と成ります。


まず「五労」とは五臓(肝心脾肺腎)の疲労、

または長時間「視る、横になる、座る、立つ、歩く」を続けることによる、
 
人間の行動上における、主に5つの動作による疲れを意味します。


①久視傷血・長く目を使っていると血が傷つきます⇒肝は臓血の主。

②長臥傷気・いつもゴロゴロしていて運動不足だと、気の運行を妨げます⇒肺は気の主。

③長座傷肉・脾主肌肉⇒肉を傷めると脾臓も傷みます。

ずっと座ったきりで動かずにいると脾臓にも悪影響を及ぼします。

第三段の「調理脾胃須単挙 ちょうりひいすたんきょ」でも練られることですが、
運動不足が続くと筋肉が衰えて力が失われていきます⇒湿気が生じるようになり、脾胃に疾患が生じ易くなります。

座り続けていて、お尻に汗をかき始めたらサインです。
おもい悩むときほど、無心で取り組める運動に専念したほうが良いのです。


④久立傷骨・立ち仕事など、長く立ち続けていると骨を傷めます。
骨の痛みは腎に悪影響を及ぼすものです。

また腎は思考にも深く関わっています。
腎の活動が衰えると 脳に栄養が行き渡らずに、精神疲労を誘発するものです。


⑤久行傷筋・長時間歩き続けたりすると筋肉を傷めます。

普段は運動しないのに、いきなり5kmも走ったりすれば、 当然、筋肉を傷めます。
筋肉の主はどの臓器でしょうか?⇒≪肝主筋≫=肝臓を傷めます。

またこの型の動きは、背骨と腎・膀胱経の鍛錬になるものです。


「七傷」とは、七情(怒・喜・思・悲・憂・恐・驚の七種類の感情)による精神疲労を指しています。

つまりこの第四段の動作は、
〝五労〟と〝七傷〟をトータルで合わせて、「心と身体の疲労回復をはかる」ということです。



本来、言葉では表現しきれない、直接指導を持ってしか伝えられない妙趣ではありますが、
文面上でこの型の動作解説をすると、

まず両手のひらを胸の高さまで上げます。
次に手のひらを反して、軽く腰を落としながらヘソ下まで下げます。


続けて腰を上昇させながら、両手のひらを平円を描くように左右に開くように回していく。
同時に顔を左方向にゆっくりと回していく。

両手のひらを胯(Kua:股関節周辺)の脇まで回す。
顔も楽に最大の角度まで回す。


アレンジすればこの動作のとき、
視線をいちど斜め上の対象物を見つめてフォーカスしたのち、
顔を回しながら、左の肩越しに床を見つめて視線の上下運動を加えます。
これが先に述べた眼精疲労のケアとも関係深くなるのですね。



しばらく立ち続けたのち、両手のひらで大きな平円を描くように胸の前まで戻してくる。
同時に顔も右方向に回り始める。

胸の高さで両手指先を向き合うように寄せ、
両手を左右に開きつつ体側に落とし、左足を引き寄せる。

続けて右足を肩幅に開き、左右交互に繰り返す。


「内功八段錦 ないこうはちだんきん」は、鍼灸(しんきゅう)における経絡をも刺激する、
経絡スイッチの漢方運動ともなり、

それを外部よりの刺激だけではなく、
自発的に本人の身体のなかから起動できる生命運動だというところに、
その特色と醍醐味があるところです。

・・・・・・・・・・・・・・

一生自己成長、高めることのできるエクササイズである、
内功八段錦(ないこうはちだんきん)Eight-section Brocade Exercise などの各種訓練法、
それらエッセンスを緻密にお伝え致します。

【 こころとからだの長期サポートコース 】
https://vital-energy.themedia.jp/posts/2886742

19055168_798388816993641_2995148652199134704_o.jpg








【 関わり 】

およそ数十億の人間がこの地球上で暮らしているなかで、
 
結び合わさり 出会い別れの繰り返し運動で出来ているのがこの世界です。
 
その遠大とも思われるなかでいただける「ご縁」というものは、
 
ふと街角で人とすれ違う数を含めても、実はかなり限られている。
 
 
因縁、悪縁、良縁と、事象立ち現れるものはさまざまではありますが、
それらはすべて偶然ではない必然の〝結果論〟であること。
 

わたしたちは遠くに近く、
 
常に関わりのなかで生きているし また活かされているのです。
 

山下 俊行 拝





【 リラックスして拳を放つ Relax and strike a fist. 】

これは武術に限らずに、あなたの身体と心、精神の調和、
その有り様すべてに繋がることだ。

This is related to all of your physical and mental, spiritual harmony state, all.

あなたがその拳を放つとき、

いちいち力まないで、ポカーンとして打ってみること。

 
どんなに激しく意気込んで打っても、あなたのその“やってる感”に反して、

対象物表面に力は分散し、意外と浸透力そのものは低下するものだ。

 
 
目標を目の前の対象物だけに留めずに、
さらに遠くの方に視線・意識を向けることが秘訣と成る。

 
〝目標を目の前の対象物だけに留めない〟

 
これは目の前のハウツーだけに終始しない、
 
あなたの遠大な人生の計画、
 
その哲学にも通ずる“在りかた”と成るのだよ。

 
"Do not keep the target on the object in front of you"

This is "a way" related to life philosophy.


施術の心


「意識圧」のこと。↓
https://vital-energy.themedia.jp/posts/894852






【 気の理 ことわり Law of Qi · Energy 】

なにかとなにかが出会い合わさるとき、
そこに収縮・膨張が生じ、新しく何かが産み出される。
 
When something matches anything,
Shrinkage and expansion will occur there, and something new will be produced.


「昇・降・開・合 しょう・こう・かい・ごう」

「気」には四大運動というものがあります。

 
実際的な「気功・気を練るの意」とは、
この理(ことわり)…
宇宙の運動法則を動作上、体現するものです。
 

〖 Healthfulness 2017 〜未来の健康をつくる〜 〗

塩山駅からの送迎や、ランチの案内などは、こちらに詳しく。↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/healthfulness2017



10月15日(日) 10時〜16時

「保健農園ホテル フフ山梨 ~こころとからだのリゾート~ 」にて、出張養生講座を開きます。
 
内側から美しく【 保健・美容気功 Health qigong 講座 】

講師 「 Vital Energy Body Work 山下道場」 代表 : 山下 俊行
https://vital-energy.themedia.jp/

朝陽のなかで自由に

 
◎「フフ山梨」http://fufuyamanashi.jp/

21273109_1651745708200597_4952500960227609453_o.jpg







【 肚 はらひとつ 】

ぴーぴーとした百の屁理屈など、
 
マグマのような肚ひとつに吹き飛ばされてしまうものだ。
 
Hundreds of silly reasons,

It will be blown off before the pride and anger of hot people like magma.





【 首がまわる まわらない、その心と体の訴え 】

「首が回らない」とは昔から良く言ったもので、
日本のからだことばの深い洞察には、ふとその言葉をあらためて想い起こしたときに、
たいへんにうならされるものがあります。
 
本日はサロンへの来訪者さまの施術セッションでした。
 
「首ってまわるんですね⁉」
 
サロンを出て帰るころには、
憔悴気味だったお顔色も良くなっておりました。

 
 
ご本人曰く、
 
職場で期待されて求められるお声に対して、
「前へ進まなくてはいけないのに、進みたくないとだだをこねてる自分がいた」
 
そんな気持ちにもビシッとスイッチが入った感じで、
明日からまたしっかり仕事に励むことができると。
 

 
この方は長く介護の仕事をされていて、本日、二回目の施術なのですが、
当初の主な訴えは、肩こりでした。 
 
主に、右肩。
右に向く時に、痛みがあり、
途中までしか向けないとのこと。

全身の張り感も気になっていて、
久々に腰の痛みもあると。
 

 
本人の気持ち的には、忙しすぎた夏を通り抜け、ほっと春休みのような状態が訪れ、
 
自然のなかに身を置いたり、
家でひとりゆっくり過ごす時間を取ってみても、
 
空っぽになった電池が、
ぜんぜん充電・満タンにならないのですと。 

 
 
身体の訴えは、
純粋にその方の長い生活習慣によるものと、
 
心理的な、出来れば逃げてフタをしておきたい
否定感情の蓄積によるものと、
 
複雑な絡みを見せて「表現」として、
現れている場合があります。
 

 
最中は逃げたっていいんです、人間ですから。
 
私だってこの半生で逃げ出したくなるときが
何度もありました。
 
 
ただ、いつかは逃げている自分の縁取りが見えて、
 
無意識下でも自分でその状態を認めて 
 
自分のなかからOKがでたとき、
 
 
そこからいくら訴え 表し続けても仕方ないと
 
本人の心と体が悟ったとき、
 
 
いつのまにかそれまで抱えていた不調が
気にならなくなることも良くあることです。
 

それはひとつの「安心」という
 
心持ちだったりいたします。
 

 
私のセッション・施術メニューは一般的な整体、姿勢調整技術から、
 
 
気功の応用による、
身体の内部に浸透するエネルギーヒーリング、
 
 
実践することで本人の自然な健身効果の得られる、
 
「静」と「動」を組み合わせた、
 
 
〝意識〟と〝気〟のトレーニングによる
 
セルフワークのお伝えなど、
 

 
来訪者さまのその時の心身の状態に応じて、
 
必要なことだけを施術させていただきます。
 

 
特に整体では、古式整体の「活法 かっぽう」を学び、

「腰痛・肩こり・膝の痛み」など、
 
日本人の三大主訴に当たっては、
強力に腕前の底上げをはかることが出来ました。
 

 
私の伝えるボディーワークの「站樁 たんとう」同様、
 
見た目シンプルながら、
 
「活法 かっぽう」はその理念ともに、高度な実践体系を擁している、
日本の身体文化の知恵が詰まった貴重なものです。
 

☯伝統療法普及協会
http://den10.info/
 

 
 
施術にしても ボディーワークにしても、
 
 
まだ起きてもいない未来への不安や、
現在の状況に縛られ、とらわれている、
身動きがとれない、生きづらさを抱えている方の、
 
その本人の
 
心と体の自由性の拡大を目指しておこなうものです。


・・・・・・・・・・・・・・


☯施術セッションご案内↓
https://vital-energy.themedia.jp/posts/1959307






【 御射鹿池 みさかいけ 】

【 御射鹿池 みさかいけ 】


写真は昨日、合宿企画のリサーチで私が撮ったものですが、
この一枚の、完成された絵葉書にそのままなりそうな景勝地。
 
日本画家の東山魁夷の作品「緑響く」のモチーフとして有名な池だそうです。

霧深い奥蓼科は標高1,500㍍にある、幻想的な池です。

22290077_859209177578271_6081500826736454561_o.jpg



☯10月30日(月) ・31日(火) 開催

『 秋の土用・ボディーワーク と 食養生 Food and body work 』
 
詳しくはこちらを↓↓
http://9512taitao.blog.fc2.com/blog-entry-752.html
 

31日のフィールドワークは、
この国に、かつて1万年続いた奇跡のコミュニティ「縄文の風」

古代の原初生命観に触れる体験。
自然信仰・アニミズムの歴史深い諏訪・茅野周辺をご案内いたします。

美しく幻想的な御射鹿池 みさかいけ や、
神聖な諏訪大社 前宮の最奥他、いくつかのスポットを巡ります。

22256647_859210264244829_7174150089596802373_o.jpg

二本の樹は神の依り代よりしろか。






【 仕事のミスは、仕事で返す 】

仕事のミスは、仕事で返すこと。
 
「現場」にごちゃごちゃとした感情脚色ドラマや、心理の掘り下げなど無用。
 
肚に力を充足させて 心を空にしては不惑と成し、
 
フラットな状態で物事に当たることです。
 
 
☯【 Vital Energy Body Work 山下道場 】
https://vital-energy.themedia.jp/

・・・・・・・・・・・・・・
 
司馬遼太郎「坂の上の雲」より
 
「よき指揮官とはなんでしょうか。
あしにはそれがようわからんのです。
少将はご自分の出した命令を後悔したことはありませんか。」
 
東郷平八郎に秋山真之は問う。
 
「おいも人間じゃ。そいはおはんと同じじゃ。
悩みや苦しみと無縁ではなか。
 
じゃっどん、将たるもの、
自分の下した決断を神の如く信じらんにゃ兵は動かせん。
 
決断は一瞬じゃが、
正しい決断を求めるなら、その準備には何年、何十年とかかろう。

よか指揮官とは何か。
犠牲になった兵のためにも、よう考えてほしか。」





【 セラピーフェス 】

〖 Healthfulness 2017 〜未来の健康をつくる〜 〗↓
http://fufuyamanashi.jp/news/109/

2017年10月15日(日) 10時〜16時

「保健農園ホテル フフ山梨 ~こころとからだのリゾート~ 」にて、出張養生講座を開きます。
 
内側から美しく【 保健・美容気功 Health qigong 講座 】

講師 「 Vital Energy Body Work 山下道場」 代表 : 山下 俊行
HP:https://vital-energy.themedia.jp/

21273109_1651745708200597_4952500960227609453_o.jpg

 

山梨と言えば、目の前に壮大に広がる霊峰「富士山だーっ♪」でしょうが(笑)、
秋深まるクリアで自然な澄んだ空気を味わいながら、呼吸運動を楽しむのも良いでしょう。
 
他にも様々なプログラムがございますから、ぜひご体験ください。


21731756_849140558585133_7033809140155295177_o.jpg






【 シラットの教え 】

バリ①


世界中どの国に行っても、その土地風土のなかで育った武術があり、
東南アジアにはプンチャック・シラットという武術が伝わっています。
 

シラット


それぞれの土地風土で長らく育つなかで、
 
技術体系とともに、
 
かならずそうした武術には
 
それぞれの思想・哲学が伝わっているものです。
 

そしてそれは、
なぜ拳脚を必要に応じて振るうのか、
 
その武術の魂の基盤とも成っているものです。
 

 
Wikipediaによる、
 
シラットの教えをそのまま転載いたします。
 

『 シラットには「稲穂の教え」(イルム・パディ)という基本思想があり、
 
鍛練を積むに従って
 
礼節や他人への思いやりを身に付け、
 
心豊かに生きる事を理想としている。
 

また、「崇高な精神と品格を備える」、 
 
「同胞を尊敬し、友愛と平和を守る」、 
 
「常に前向きに考え行動し、創造性と力強さを持つ」、
 
「真実、公正、正義を守り、
試練や誘惑に立ち向かう」
 
「常に自身の言動に責任を取る」という 

「5つの誓い」が存在する。
 

シラットを行う者は「プシラット」(pesilat)と呼ばれる。」
 

・・・・・・
 

上の教えは武術に限らずに、
 
人間の内と外に広がる戦いを収めて、
 

自分自身の人生を
 
主体的に、クリエイティブに切り開いていく上でも、
 
とても大切な教えと感じるのです。






【 知恵つなぐもの Person who connects wisdom 】

人間は後天的に、
節制と不節制の往来のなかでバランスというものを悟り、
 
次の世代へとその知恵を渡して参る。

 
そうした点と点を繋ぐような行い明らかななかに、
 
わたしたち人間としての働きかけが
 
この天と地の間はざまで用意されている・・・
 
そういう生きものである、とも言えるでしょう。

While humans exist in this universe, fusing nature and unnaturalness,

We will take over the wisdom to the next generation.

October.
 

☯【 Vital Energy Body Work 山下道場 】
https://vital-energy.themedia.jp/

【 知恵つなぐもの Person who connects wisdom 】