FC2ブログ

☯【 保健・美容気功 Health qigong 講座 】

ヘルスチーゴン①


5月2日 (水) 八十八夜 10:00~11:30

今は立夏前の約18日間、消化器系の滋養期間でもある「春の土用」に相当しますが、
夏も近づく八十八夜、「立夏」を前に心も身体も整えて参りたいものです。

 
季節と身体の緊張・弛緩における循環機能の関係ですが、
 
夏はしっかりと汗をかいて発散、代謝能力を高めて、身体を奥底からゆるめて参ります。

保健・美容気功については、こちらをご覧ください ⇩
http://9512taitao.blog.fc2.com/blog-entry-641.html


ヘルスチーゴン②


 
・場所 ナチュラルベーグル 歌
https://bageluta.jimdo.com/
 
季節のランチプレートを合わせていただく食養生とのコラボにもご参加OKですよ。


ベーグル歌





スポンサーサイト



『 居着かないこと・死に体(しにたい)とならないこと 』

【 站樁(たんとう)Standing zen 禅 】


立ち昇る雲

 
どんなに低く腰を落としても、
良くも悪くも世の中の現象面においては相対的に安心しないで(心と身体の動きが停滞することは避ける)心と身体のフットワーク・機動性を失わないことです。

No matter how you sink your body, "footwork" is to not lose mobility.



magical-fire-4-2-s-307x512.jpg





【 和のボディーワーク 】

自国の身体と心の文化の見直しを図る。
 
We will review the culture of our body and mind.


和のボディーワーク



☯雄大なアルプスの山々を眺めながらの「青空ボディーワーク」など、
もろもろ講習会の情報です。
 
心と身体のお気づきなど、なにかのきっかけにご利用いただけたらと願います。↓
https://vital-energy.themedia.jp/posts/2886687


iStock_000070952357_Small.jpg






【 寝ても 覚めても 】

プロとは何か?と問われれば、
毎日毎日、自分が関わっていることへの「誠意 まことのこころ」の体現そのものと言えるでしょう。
 

「寝ても 覚めても」

仕事にせよ、習い事にせよ、
たとえばギターをマスターしたいのであれば、いつでも自分の手が届くところにギターを置いているでしょうし、
 
一定期間、自分が選択したことに関わり続けることが、
 
「誠意 まことのこころ」としての蓄積による上達を産むでしょうし、
 
そのときはじめて何かを身に着けたと自信を持って、
人は身体のなかから言葉が出てくるのでありましょう。




【 太極の舞い Taichi dance 】

『 太極の舞い Taichi dance 』↓
https://www.youtube.com/watch?v=nNXBDrweFi0


「太極」とは宇宙空間を意味する言葉です。
 
“丸・円”という空間のなかに一点という中心が生じたとき、
 
たとえばそれが太陽系という宇宙空間ならば、
 
その空間における中心は太陽そのものです。
 
そしてその中心から放たれたエネルギーが、太陽系のすべての惑星を包み込んで運行しているのです。
 

一般に伝わっている健康体操に留まらない、
本来の太極拳という武術が、なぜ円を描く動作が多いのか。
(実際に用いるときは俊敏迅速に反応速く、かつ動きはコンパクトで小さいのです)
 

それはこの“丸・円”という宇宙空間を、
 
人体という小宇宙に同じと捉えているからです。
 

ここで人体という宇宙空間の中心がどこに座しているのか・・・
 
ここから腹奥の「丹田たんでん」、
 
解剖学的には第2の脳とも言われる“太陽神経叢たいようしんけいそう”への刺激活動が明らかと成って参ります。
 

物理的には縦長である人体ですが、
 
中心の「丹田」より放たれる、外部エネルギー体そのものをも包む空間圏内が、
 
“丸・円”として成立するのです。
 

 
「天地人」
 
天地陰陽の間に存在している、
 
わたしたちは人という生きものです。
 

滞りなき水の清らかさを保つこと同様に、
 
取り組んでいる物事に対して人は、
深く高く、
目指す水準は高クオリティに保っておくと、
先々、思わぬところで言葉にならない妙趣を味わえるものです。
 

練習者は一見、不動に見える「站椿たんとう」訓練から、筋骨格レベルでの物理安定性を学び、
 
ひとたび動けば見えない「氣」の動きがボール状に練り立ち現れるまで、
 
腹奥の丹田のエネルギー律動が、
手先足先・四肢末端まで貫き伝わるように練習するのです。


【 冬山背負う 】