FC2ブログ

【 野馬分鬃 のまぶんそう Part the wild horse's mane 】

雄大な山々と共に

201911130859268cb.jpg


氣を感じ、練り、養う「気功太極十五勢 Taichi Qigong 15 Style」

Feel, nurture and nurture Life Energy.

若干のスタンスの違いはありますが、諸流派ある太極拳においてはどの流派にも共通する型と代表的な技のひとつです。

型の名前とその意味は、左手で馬の首を抱えて、右手で野馬のたてがみ(鬃)をなでるように分けるという極めて文学的な表現が成されています。

武術においての実際的な用い方は敵の顔面を裏拳ではなく裏掌で打つ他、効果ふくめて体術としては実に固定的に捉えられてしまうのでここでは割愛させていただきます。

氣を丹田に集中持続させながら体を静かに沈め、まるで馬にまたがるかのような騎馬勢(馬歩)となります。

運勁(力運び)は両腕ともに外に張り出す力をつくり、右手は「按 あん」・・せり上がってくる大地を抑えるようなダイナミックな気持ちで立ちます。

両腕を外に張り出す力は、これが修練していて実に面白いところなのですが、その力は強すぎても弱すぎてもいけません。

気功とその養生を人生の働きとして実践し、毎日その治癒の深さを実践しているので、上記のような強すぎず弱すぎないこの身体的および精神的状態に大きな影響を与える生命運動に、深く感銘を受けております。


Although there are some differences in stance, Tai Chi is one of the most common techniques in all styles.

The name of the action and its meaning are expressed in a very literary way by holding the horse's neck with the left hand and stroking the horse's mane with the right hand.

While keeping life energy concentrated in the solar plexus, you can quietly sink your body and get into a posture like riding a horse.

The use of force creates a force for both arms to protrude outward, and the right hand stands up with a dynamic feeling as if it were holding back the rising ground.

The power to stick your arms out is an interesting part of practice, but it can't be too strong or too weak.

I'm deeply impressed by this physical and mental state, which is neither too strong nor too weak, as I practice Qigong as a life movement and the depth of its curing every day.


20191113090338ef1.jpg



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント