『 気骨とは 』


「気骨」とは、骨に気が宿った状態を指します。

そしてその骨に気が宿ることは、

かたいものと やわらかきもの・・・体内の水分調整や、健全な骨髄の状態とも関係深い、

腎臓の健康…「腎の気」の養成と密接です。


先人はこの「気骨」に溢れていた。


「気骨」満ち溢れていたがゆえに、


外部にとって容易に抗しがたい態勢や、強く立ち上がる力を身につけていた。


現代を生きる私たちは、それと気づかぬように目隠しをされ、

エネルギーを奪われ、

あれだけヒットした映画がありながら、ほとんどの者が目先のこと、

マトリックス状態に甘んじて生きている。


腐ったイジメ根性たる若い芽を摘むメディア・権威の在りかたや、買い占めのような浅ましい愚は何事か。


「恥を知る」ことを呼び起こすのだ。

その心の姿勢たるや、それは外堀を埋めることではけして出ようがない、


人としての凛とした強さ・美しさをもたらす。


正しく「気骨」を養うのだ。 次代に繋ぐためにも。

鉄砲柱① 君背負いし

朝陽のなかで自由に (3)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
〔 山下俊行 〕

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな現代人の

こころ と からだ がより良く寄り添うような、

身体と心の在りかたセッションです。



からだ の軽快な状態をもって こころ の状態が導かれていく


セッションの比重としては、
中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや症例に応じた各種整体運動・現代型ストレッチなどをとりいれたセッション内容となります。

 
一般に広く行われているリラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まっていく」


そんな状態をセッションでは当面、目指しますが、
プロセスのなかでいずれはそんな目的も自然に忘れて、
楽になれば良いと捉えております。


現代は特に、

“あたま”が賢くなることよりも先に、
 
“からだ”が賢くなることが大切なことと感じています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR