『 ながらに 』

ながらに食べていませんか?(テレビとか見ながら)

ながらに浴びるように受け取っていませんか?(メディア情報とか)


ご自分が何かに取り組む際に、

どのような心づけ、

意識の置きどころを持って取り組んでますか?


食事も情報の受け取りかたも、

ご自分という筒状…五感を通すことにおいて、

その方の物事に対する生きかたそのものが現れます。


人のはざま・・・ 「人間」という社会性を持てば、無菌室には居られない。

ときには刺激物も、それに対する身体の抵抗力、

外界に対する心の抵抗力を養うものだったりします。

苦しみ、悲しみといった感情の揺れも同じです。


ただ だくだくと受け入れるのか

ご自分の「軸」と照らし合わせながら、一定の距離を保ち、自身を監督するように吸収するのか


迷うときほど ふと確かめたいところですよね。


人が人である以上、

一個の確立した生命体である以上(小宇宙)、

どのように他人を介したところで、 生きていくために最低限必要な情報は、

細胞レベルで自分に備わっています。

そこを起点に、すそ野を広げていくだけです。


わたしたちは針の先ほどの小さな小さな命の起こりから

今の身体を形づくり、

こうして今読まれているように、ネット上でも様々な意識、心に触れているのですよ。


それぞれの身の内にある財源に気づくことが、

天地 あめつちのはざまに生きたる、

人たるもののプロセスやも知れませんね。


マロンちゃん①


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
〔 山下俊行 〕

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな現代人の

こころ と からだ がより良く寄り添うような、

身体と心の在りかたセッションです。



からだ の軽快な状態をもって こころ の状態が導かれていく


セッションの比重としては、
中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや症例に応じた各種整体運動・現代型ストレッチなどをとりいれたセッション内容となります。

 
一般に広く行われているリラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まっていく」


そんな状態をセッションでは当面、目指しますが、
プロセスのなかでいずれはそんな目的も自然に忘れて、
楽になれば良いと捉えております。


現代は特に、

“あたま”が賢くなることよりも先に、
 
“からだ”が賢くなることが大切なことと感じています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR