プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
〔 山下俊行 〕

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな現代人の

こころ と からだ がより良く寄り添うような、

身体と心の在りかたセッションです。



からだ の軽快な状態をもって こころ の状態が導かれていく


セッションの比重としては、
中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや症例に応じた各種整体運動・現代型ストレッチなどをとりいれたセッション内容となります。

 
一般に広く行われているリラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まっていく」


そんな状態をセッションでは当面、目指しますが、
プロセスのなかでいずれはそんな目的も自然に忘れて、
楽になれば良いと捉えております。


現代は特に、

“あたま”が賢くなることよりも先に、
 
“からだ”が賢くなることが大切なことと感じています。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:所感
いっちょまえに(笑)年若いときは、自己の確立とか

自立自立と一生懸命でした。

もちろん大切な自己のアイデンティティの確立です。


でもわたしたちは、けしてひとりで存在できているわけではない。


たとえば目の前の紙ひとつ、ポッとそこに最初から独立してあるわけじゃない。


大地があり、根が育って木がそびえ、

木を切る人がいで、木こりに弁当運ぶ人がいて(笑)、

加工されて、目の前に今、紙として在る。


天地自然。


いろいろな人が携わって、

わたしたちはこの天地 あめつちのはざまに存在できている。


これらを実感した上で、

今あらためて安易に依拠せずに「自立」するなら、


わたしたちはどんなにその内から溢れる自信をもって、

お互いに響き合うことができるだろう。


音叉は構造として、その二極がしっかりしているから響くことができるゆえに。


稲穂の垂れ

北川遡行


スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 ☯Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ