プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まる」


これが主なセッションの目的となります。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:所感
鶏の照り煮


・鶏むね肉は食べやすい適当な大きさに切り、ボールに移して生姜をすりおろし、
酒をそそいで良く揉みこんでから、10分以上置いておきます。

・生しいたけは乱切りにします。

・フライパンにオリーブオイルと胡麻油のブレンドをひき、鶏肉を表面に色がつくまで炒めます。
醤油、みりん、三温糖、だし汁(水でもよい)を加え、煮汁がある程度減るまで炒めます。

・しいたけを投入。よくからめて、フライパンに蓋をして熱をまんべんなく通します。

・仕上げは醤油とみりんを少々くわえて、照りをつけます。

・トッピングは白と黒(肺と腎)のスリゴマで。


春野菜の苦味、菜の花の味噌汁と、ふきみそでご飯を有り難くいただく。
ご飯がもりもりとすすむ、おいしい一品ですよ♪


一日30品目ですか?
私の経験則では、あれも良いこれも良いと多くを詰め込むことよりも、

良質の、少ない品目をしっかり吸収できる身体づくりと、

不要なものをしっかり排せつできる身体づくりのほうが大切です。


これはなにかモノを学ぶ姿勢にも同じことが問われるのであり、

食べる姿勢というものは、その方の生きる姿勢そのものとも言えるのです。


「たなつもの もものきくさもあまてらす 

ひのおほかみのめぐみにてこそ」 柏手一拝 かしわでいっぱい パンっ♪

国学者であられた本居宣長さんのものですが、


穀物や木草などはすべて

天を照らすお天道さまのおかげがあってこそのもの

といった意味です。



冬が長い南信州は伊那の谷。梅と枝垂桜がほぼ同時に咲きました。

梅と枝垂桜 (2)

梅と枝垂桜 (4)

スポンサーサイト

テーマ : 人生を豊かに生きる - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ