プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:功法紹介
梅と枝垂桜 (4)


ひと雨ごとに春の足音が聴こえるようになりました。
この季節になりますと、冬のあいだ寒さでこわばっていた体が徐々に徐々にゆるんで参ります。

「朝起きるのがつらい、なんとなくだるい、
昼間とても眠くなる、食欲がない、寝つきがわるい」などの不調を訴える方が多くなります。
春は、からだのなかの気の変調が起こりやすい季節でもあります。

いろいろと切り替わりどきで、
進学や就職、転勤などによって環境が変わる方も多いですし、
気温の差も激しくなり、ストレスや疲労によってホルモンのバランスが乱れたり、「肝」の働きに影響を受けやすい季節です。

「肝」は、自律神経の働きととても深い関係があります。
「肝」がつかれてきますと、気持ちが不安定になって、
イライラそわそわしたり、怒りっぽくなる方が多くなります。

また皮膚のトラブル・・・冬のあいだ、皮膚の深いところに潜んでいたにきびや吹き出物などが表面に出てきやすい季節ですから、皮膚が炎症を起こしやすい時節でもありますし、
顔の火照りや、かゆみを訴える方も多くなるころです。

そのすべてが、
冬のあいだフタをして溜めこんでいたエネルギー・・・それがゆるんで解放されることによって起こる
「気血の上昇」によるものです。
草木の芽吹きも、その自然法則あってのこと。

この季節、朝は少し早めに起きて、散歩などをして体を動かしてリラックスするように心がけてみてください。
適度な運動はストレスの発散となります。
まだまだ朝晩は寒いですから、運動後は体を冷やさないように気をつけてくださいね。


簡単に「五行」の話しをしますと、
肝の働きを調えるために割と酸っぱみのあるものと、甘味のある食べものを少し意識して摂られることをおすすめします。
スイーツ食べ過ぎではなくてですよ~(笑)、
ここでいう甘さは砂糖の甘味ではなくて、にんじんなどの自然な甘さのことです。たまねぎや春菊、ニラなど香味のある野菜もおすすめです。



下の写真は、五臓六腑の回復と強化にと伝えている

「内功八段錦 ないこうはちだんきん」

内功とは、からだの内より発する内気…インナーパワーを養うことです(自己信頼、身体のなかから湧き起こる本当の自信につながります)

インナーマッスルを中心とした筋骨格レベルの整体調整、
基本訓練 「たんとう」 で育てた内気の力を、
その計算され尽した8つのシンプルな動作によって、全身に「気力」が力強く満ち満ちて行く気功によるセルフケアです。


8つのシンプルなフォームは、 緻密な内部に対する意識の力(内観)により、
保健医療効果をもたらす運動であり(未病のうちにしっかりと)、
鍼灸・漢方と同様に五臓六腑…各内蔵器官に相当する経絡(気の通り道)の調整を促します。


写真はその第7フォーム。
拳の握りかた、足指の踏みしめかたに秘訣があります。

このフォームが働きかけるのは「肝臓」であり、東洋医学的には疲れ目など
目の健康とも関連します。


「肝」の不調が心理に大きく影響するのは「怒り」

怒りそのものは自他ともに傷つけるものではありますが、
怒りそのものにとらわれず、自らを客観視するならば(あぁ・・・いまオレ・私は怒っているんだな・・・程度でもOKです。この俯瞰する視点はどの感情においても大切)、
それは「気血の上昇」をうまく制御して、どんな逆境にも立ち上がっていくエネルギーとなります。

それは強く上昇してくるものと力を拮抗させる「根気」を養うことであり、
正しい気功とはそれを身につけるための身体技術のことです。


「肝」の働きと関係深い季節は、今盛りのこの「春」です。

春は大地より放たれる、気の上昇が著しい季節です。
気血が上がりやすい季節でもあり、のぼせ、イライラ、そわそわしやすいのも、
この季節特有の「気の運動法則」の影響もあります。


大地を踏みしめ、頭のてっぺんを天に届けとばかりにそびえ立たせて、

天と地のはざまにおいて、堂々と生きて参りましょう♪

八段錦


スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ