プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
〔 山下俊行 〕

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな現代人の

こころ と からだ がより良く寄り添うような、

身体と心の在りかたセッションです。



からだ の軽快な状態をもって こころ の状態が導かれていく


セッションの比重としては、
中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや症例に応じた各種整体運動・現代型ストレッチなどをとりいれたセッション内容となります。

 
一般に広く行われているリラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まっていく」


そんな状態をセッションでは当面、目指しますが、
プロセスのなかでいずれはそんな目的も自然に忘れて、
楽になれば良いと捉えております。


現代は特に、

“あたま”が賢くなることよりも先に、
 
“からだ”が賢くなることが大切なことと感じています。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:動画紹介
からだの声を聴く

こころの声を聴く

やがては内より湧き起こる たましいの声を聴く



抑えているものはなにか

解き放ちたいものはなにか



矛盾あるからこそ そのせめぎ合いのなかで「力」は生まれ

「力」を宿し、

人は前に進むことができる.



空気圧があるからこそ揚力を得て

飛行機は飛び立つことができるように

哲学 思想にとどまらずに それは物理でもある



「気」は原子核と電子からなる 原子運動です.

人が放つ想念も

量子論ではエネルギーとして捉えられ、

空気中に浮遊するそれは

人の意識・・・「意念」にて

ラジオ放送局の電波を捉えるように紡ぎあわせることができる。



遠隔・チャネリングが成立するのもそれゆえである。

原理がわかれば 何も不思議なものではない。



好きな小説、

京極夏彦、憑き物落としの陰陽師「京極堂シリーズ」に

“この世には 不思議なものなど なにひとつとしてないのだよ”という決まり台詞があるが、

まったく同感である。



錬金術は科学であり、

アーユルヴェーダも科学であり、

陰陽五行も科学であり、

アロマもまた科学である。


表現が違うだけで、それが「科学的」か否か、問うこと自体がナンセンスである。

おばあちゃんの知恵袋だって、ひとたびその生理的検証に立てば立派な科学である(笑)




身と心のバランスをとりもち

魂の声をゆさぶり起こす上で

俯瞰し、客観視する視点が「今ここ」を生きるうえで必要になります。



ゆえに静かに“聴く”ことが必要なのです



こころとからだの声を聴き

わたしたちはそのたましいを

龍雲のように

自由に遊ばせる「力」を持っています。



「今ここ」を生きて参りましょう。

お互いに。



Improvisation Dance. Heaven And Earth.
 「昇龍・螺旋の舞い」

https://www.youtube.com/watch?v=BIVT8CD3Pg8

木々の下 (5)


スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 ☯Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ