プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まる」


これが主なセッションの目的となります。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:所感

私も囚われというものをある程度抜けるのにかなり苦労しましたが、
武術に関しては以下のような心の起こり・・・またそれあるからこその向上ではありますが、

常に〝自分より強い弱い〟とか、〝表面的には謙虚さを装っても、素直に相手を認められない〟など、
この30年間の長きにわたり、自身の修養を重ねながら広く観て参りましたが、
伝える者も学ぶ者も、そういった心の縛りに囚われすぎて、エゴの強さを卒業できている方が少ないのです。

「武」そのものの捉えかた・・・またその可能性を考えたいところで、この記事をアップさせていただきました。


「武術」は、上のような心の囚われ・・・エゴを突き抜けて、正しくエネルギーを転換すれば、
その人が雰囲気として醸し出す安定感は、その人の周囲へと安心感を与え、
「この世界の安寧秩序」にも繋がる、強力なツールと成るものです。

この心の囚われというものは実は武術だけの問題に限らず、
たとえば会社や家庭がうまくいかないなど多くの人間関係、病気や経済など、
これはわたしたちを取り巻く、この世界の利権の絡んだ戦争の問題をも含んだ、
すべての人類間のトラブルにも、実は共通して言えることなのです。


強さというものは「人間力」としての結果です。

しっかりした「心と身体の修養」を、普段から人として積み上げておかないと、
その生きていくための強さはブレルばかりで、
人生上の窮地に追い込まれたときなど、生きていくための方向性を自身の力で決められないものと成っていきます。


外へ外へと関心を向けさせて、人を弱体化する騒がしいニュースサイトなど、
世の関心含めて本人がどこと意識が繋がるのか・・・

静やかに立ち昇る「内なる自信」・・・平和な波動をまとうことで、余計なトラブルを引き寄せないように成ることが、
新宿歌舞伎町の危険地帯をほっつき歩いたり、ガッツンガッツンして来た、自身の経験からも言えることです。


本来の「武術」とは、

この世界・・・時と空間において、

その乱れた空間秩序を整えるものでもあります。

少なくとも私は そうとらえます。

https://www.youtube.com/watch?v=lvkCBZSe0NA



単純に殺傷力だけを追求するだけなら、

関ヶ原の合戦以来、すでに鉄砲の時代。

現代において、何も手足をばたつかせる必要はどこにもないです。


血気盛んな男性に顕著ですが、

抱え持つ生き物としての闘争本能を

歪んだものにしないためにも、

繰り出す手足に何をノセルノカ?


手足を通した「表現」として、

その闘争本能を 純粋昇華すること。

そして、

緊張感あるシュミレーションから誘発される

脳の覚醒状態・・・

これは銃ではなく、

自らの五体を駆使しなければ得られない境地です。


この闘争本能を「表現」として

昇華する作業。


それあるならば、

「武術」も現代社会に機能する

「道 TAO」となりましょう。


*写真は私の好きな映画「たそがれ清兵衛」です。

たそがれ①

スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ