プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:未分類
先日、木曽は御嶽、開田高原に出向いた際に、
気になって買ってしまったホップの芽。ホッペッペ♪(笑)

ホップの芽


ビールの主原料でもありますが、さてどう調理したものかと考えたところで、
オムレツとスープにしていただきました。

Frittata di Luvertin
フリッタータ ディ ルヴェルティンといって、

北西イタリアでは、この「ホップの芽」のオムレツは割と主流な食べ方らしいです。

スープは苦味と塩気がいいバランスで仕上がり、
立夏を迎え、これから開放に向かう夏のからだに
この「ホップの芽」は爽やかな風味をもたらします。

ホップの芽を食べるのは自身、初めてでしたが、また作ってみたいメニューとなりました。

ホップはつる科の植物で、北西イタリアのピエモンテ州というところでは、
昔から春になると野のものを採ってきて食べられていたそうです。

ホップの芽 (2)



今日は江戸時代に制定された五節句のひとつ、

端午の節句。

風習起源は元々、大陸のものですが、平安時代に貴族のあいだで行われていた行事が、
時代がくだるにつれて庶民にまで広がり、現在の形に成ったものです。

節句は節目であり、また禊ぎ(みそぎ)のときでもありますから、

菖蒲湯もいいですが、臨機応変で(笑)こちらは庭で育ったセージのお湯に浸かろうかと思います。

藤の花も見頃となりました。

免疫力に影響ある人参もこれからまたおいしくなりますし、

伊豆あたりの金目鯛もおいしい季節となりました。


みなさま、良き節句となりますことを。

スポンサーサイト

テーマ : 人生を豊かに生きる - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ