プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まる」


これが主なセッションの目的となります。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:所感
各内臓とそれに相当する経絡(内氣の通り道)を調えるのに効果的な時間帯…

「十二時辰 じゅうにじしん」については、いずれまた詳しくお話ししようと思いますが、

たとえば午前5時~9時までの時間帯は、大腸経・胃経を調えるのに良い時間帯です。


総じてどの時間帯にも専ら練るものは、

わたしたちの、

この世を運ぶ舟や車のような乗り物である「身体」と、


それを運ぶ「エネルギー」、


そして精度の高い「ナビゲーションシステム」。


これら3つをそろえて、その統合力をはかることが、
こうした訓練の目的でもあります。



気血の関係・身体と意識の関係。


その関係力を磨く上において、


◎「形」…身体・構造


◎「氣」…エネルギー・機能


◎「意」…意識・情報


この3つの要素を良く認識し、そのバランスを養う訓練が必要となります。

この3つのバランスが調わなければ、すべて自然性を欠いたトレーニングと成ってしまいます。 


これはなにも気功の世界に限ったことではなく、

この世界の目指す、健全なる全体性のバランスにも影響するお話しです。



「氣を専らにして柔にいたして、能く嬰児(えいじ)たらん」 老子

一意専心にて気功を練習し、全身の上下内外、氣を滞りなく巡らせることができたなら、

その身体は自ずから、赤ん坊のようにやわらかくなる。



10268415_285253078307220_2729231409277684742_n.jpg

https://www.facebook.com/photo.php?v=285226921643169&l=4420182699283804084

スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 写真 人間の可能性

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ