『 ものまね論考 』

ものまねというのはけっこう奥深いものでして(笑)

ものまねをしたい本人の意識とからだの状態を

ある程度、自身にひっぱってこなくてはなりません。


プロと呼ばれる方々の

それが形態模写であれ 仕事のすすめかたであれ、

本人と自分が重なるように近づけて参ります。


劇画「バガボンド」において、〝山が師だ〟と言った武蔵ではないですが、
私自身は30年来、修めて参りました

武術にしろ、ヨーガにしろ、気功にしろ、

誰かに手取り足取り懇切丁寧に教えていただいた経験はなく、


連日連夜、寝ても覚めても、

「どうしたらこの身体と心の状態に成れるのだろう?」と


私はほとんど 「ものまね」でエッセンスを吸収し

検証を重ねて

現在の形にして参りました。


全身五体、小宇宙とも呼ばれる人のからだの内に流れている情報・・・その可能性だけに集中し、アクセス(あくせく (笑)していたのだと想います。

からだ内に流れている人類共有の情報・・・
みな提供の仕方を変えているだけで、オリジナルというものは実はあってないようなものです。


仕事であれ、スポーツであれ、

本人が目する豊かと感じる生き方であれ、

どんなにそれを志し、憧れても本人の気質性質、体質、体能によって

その分野によっては本人の向き不向きというものは歴然としてあります。


ですが、

「その気になる」というのもまたひとつの才能であり、

ものまねと呼ばれる、その「状態」に近づけようとする行為は

それを積み上げますと

本人の こころとからだに何らかの形でいずれ落ちてくるものです。


そのうち本人の細胞とブレンドして

それがオジリナル(笑)…

本人の生きやすいありかたとして

変化を遂げるはずです。

「ものまね」はけっこう奥深いものなのです。




「しつこいにゃ!ねこぱーんちっ」

「ば・うっ・・・おめぇ、いいパンチもってるじゃねかぁ。拳闘やんねぇかっ」by丹下段平(笑)

猫パンチ

すべては模倣から。
教習所の講習ビデオではないですが、こういったアニメのような題材は親しみやすく、時にはわかりやすくていいものです(笑)
https://www.youtube.com/watch?v=Kulpqh-L2uk

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
〔 山下俊行 〕

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな現代人の

こころ と からだ がより良く寄り添うような、

身体と心の在りかたセッションです。



からだ の軽快な状態をもって こころ の状態が導かれていく


セッションの比重としては、
中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや症例に応じた各種整体運動・現代型ストレッチなどをとりいれたセッション内容となります。

 
一般に広く行われているリラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まっていく」


そんな状態をセッションでは当面、目指しますが、
プロセスのなかでいずれはそんな目的も自然に忘れて、
楽になれば良いと捉えております。


現代は特に、

“あたま”が賢くなることよりも先に、
 
“からだ”が賢くなることが大切なことと感じています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR