プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まる」


これが主なセッションの目的となります。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:所感
見ものです。

先日、ひさしぶりに劇場に足を運んで観て参りました。

アナと雪の女王



ディズニーのアニメは「塔の上のラプンツェル」以来かな。
また更に映像技術が進んでいるので、正直、氷の質感とその美しさには驚きました。

昔はディズニーのキャラクターデザインは、キャベツ畑人形同様、
生理的に苦手なものを感じて受け入れがたかったのですが(笑)、
まぁ、人間変わるものです。


実写による洋画は、俳優の肉声が聴きたいので字幕にこだわりますが、

最近のこういったアニメの吹き替えは秀逸で、なんら違和感なく楽しめます(松たか子うまいっ ♪)

というか、吹き替え版のほうが断然面白い。

「マダガスカル」にいたっては〝躍るんのっ すきすき♪〟って、何よ(笑)



この動画のシーンですが、


https://www.youtube.com/watch?v=cvj3-MZO9Tw&feature


雪の女王が、自分の「真の自由性」を取り戻して、その命の煌めきを謳歌するシーンですが、


氷の城を築くまでに育ったその「力」も、

封印という長きにわたる「内圧」があったからこそ、その力の発現がある・・・なかなか感動的なシーンです。


昔、ヨーロッパ社会には「魔女狩り」(男性含みます)という、たいへん恐ろしい時代がありました。




「魔女性」という、異端視と弾圧は、

キリスト教圏内において、その支配権を盤石なものとするための、

人間の可能性を封殺するための抑圧行為でした。

そこからの解放を西欧圏自身が製作するようになった・・そんないろんなところが見え隠れする作品でもあります。

スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ