プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:功法紹介


雲をかき分けて 月を捧げもつ

「勢」とは、体勢の言葉に見られるように、
身体を突き動かす体内部の氣の勢いを指す。

動の前、動きが生ずる前には「静」(深く浸透する力)の極みがあり、
それは事物の始まり…宇宙の運動法則に同じである。

本来、気功も太極拳も宇宙を体現するためにある。

十五勢の前段階、「たんとう」の訓練によって静の極みを体得し、DSC_0151.jpg

ただ姿勢の要求を守って立ち続けることにより、
骨盤内の内気が発生発動し、
全身に満ちる「勢」となる。

内気の運用、「たんとう」で培われた身体のまとまりを崩さずに、
体運動をつかさどる。

ゆえに十五勢は、気功のなかでも高級功法に位置づけられている。

腰背部…生命の本臓、「腎」の氣を高める。
ここでいう腎は腎臓そのものにとどまらず、
「腎」を中心とした気の通り道、経絡そのものをいう。
恒常性ホルモン、恐れや不安といった感情面のケアも含む。


雲かき分けるように、指先末端まで「勢」…氣の勢いが満ち、

琵琶湖の水を巻き上げるように両手が上がっていく…

こういった想念の力を「意念」という。
本気で想起し、広大無辺な感覚を、その肉体に宿らせる。
意識が過ぎて緊張が強くならないように注意が必要だが(この辺りはどんなに言葉を費やしても直接指導である)、
たとえばボールを抱いたような「形」を取ったとき、
確かに身体に感じられるように成ることが大切である。
こうした力の獲得をまた「意感」という。


腕は服の袖を、これも「意感」だが、手首表面の皮膚が柔らかく擦るような感覚で
繊細に螺旋を描き、
同時に胸と背中が大きく広がっていく。

「分雲捧月」YouTube

以下は自身の内部要求だが、

胸のハートチャクラを開き、

頭頂部のクラウンチャクラを開き、

会陰の「根気」と貫くようにつなげる。

第三の目(直感、インスピレーション)印堂穴にて統括、内視する。


それが月でも太陽でも、身体がシンクロするように繰り返すことが大切である。

太陽版、分雲捧…日?(笑)

「朝清らかなる陽差しのもと」YouTube

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ