プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:感性文
道は一を生じ、

一は二を生じ、

二は三を生じ、

三は万物を生ず。

万物は陰を負いて陽を抱き、

冲気(ちゅうき)を以て和と為す。

老子 第四十二章



(要約文)

この天地のはざまに、
ひとつの人類と呼ばれる生き物が生まれた。

この生き物は、
男と女 ふたつの性別によってできている。

ひとりの男と ひとりの女が結ばれて

そして子どもという

第三の命が生まれた。

これが連綿とつながり、この地球上に六十億もの人類が生まれてきた。



ひとつの家庭

一本の樹木

ひとつの生き物がはこぶ種

ひとつの宇宙もそうである。



この根源の「一 いつ」なるもの。

この一から生まれた二が、 「陰と陽」である。


1899588_262361040596424_1832691449_o.jpg



もともとは自然現象、 光や影を指すものであるともいわれた。

神が「光がよし」として、光を創ったとされる聖書の「創世記」

そうであるならば、

この宇宙が生まれる瞬間には

光とともに 影も生じた。



光は陽に属し、影は陰に属する。
暑い南は陽で、寒い北は陰である。

熱いものは膨張して上昇し、
寒いものはよくまとまっては下降する。

天は上で陽に属し、地は下で陰に属する。

この宇宙のあらゆる現象……



上下、内外、前後、

時と空間、

天と地、

月と太陽、

水と火、

男と女、

五臓六腑と呼ばれる臓腑の関係、

気と血・・・・・・

すべて「陰と陽」という、

対立しながらも相互依存するなかで

わたしたちは生かされている。


10153301_283511158481412_3954683932625667634_n.jpg



「 男と女、その陰陽 その理(ことはり) 」

主たる属性を上げれば、男は「天・・・陽」、女は「大地・・・陰」


1926213_262340613931800_214629759_o.jpg



男は愛しきること 守りきる意識を抱くことで

「陽」立ち昇るがごとく(太陽)、はじめて人として強くなれる生きものです。

女はそういった男の「愛」を一心に受けることで 安心感を抱き、

すべての穢れ(気枯れ けがれ)を浄化する大地のごとく(運化)、

はじめてその受容性たる「女性性」が開かれて

男を元気にしてくれる生きものです。



男は包容力、女は受容力。



それは互いに相互転化されていき、
しっかりと機能すれば世の安心へと連なる純然たる貴きエネルギーです。

この社会の安寧秩序をもたらす、最小たる原点たる貴き姿なのです。


1926287_262349737264221_959952338_o.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 映画 人間の可能性 心と体 写真

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ