プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:所感

ヨーガ…日本ではハタヨーガ、沖ヨーガなど、その昔、第一次のブームがありました。
「心身統一法」…日本初のヨーガ行者、中村 天風 師もまた、
軍部の仕事で大陸に渡り、当時は不治の病と言われた結核で体を壊し、艱難辛苦をヨガの修得で乗り越えたことは知る人ぞ知る逸話です。

「中村天風」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%9D%91%E5%A4%A9%E9%A2%A8

日本においての第一次ブームが沈静化し、時を経て、ハリウッドセレブなどが実践しているということで若い世代、特に女性の関心を呼び、
パワーヨーガ系の逆輸入で再注目され、今では有酸素フィットネス系エクササイズとどう違うの?と感じるピンきり状態でもあります。

ヨーガは、多様性をはらみつつ受け入れられ、ひとつの層の定着として、この国でもひとつの身体文化として収まった感があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前回、ヨーガはポーズ・呼吸法・瞑想法、
この3つの構成要素と一致を目指す体系だと説きました。

ポーズの次は、今回は呼吸法…イダ・ピンガラ、火の呼吸、陰陽調節呼吸法など、ヨーガや整体にも、さまざまな呼吸法があります。

以前、私の「氣功講座」に初参加された方にも、“呼吸法が体にいいと聞いて”…と訪ねられる方がおりました。本屋さんの健康コーナーなど観るにつけ、世の高い関心とその浸透ぶりが伺えます。

この“呼吸法がいい”ということが、人の意識に落ちてきているのは感じてはいるのですが、なんちゃらブレスダイエットとかいろいろと世に沢山あります。

先にヨーガは3つの要素の一致を目指す体系だと説きました。
この「呼吸法」というのが、実はそれだけを取り出して実践し、深めていくのは意外と難しく、私は指導する上では練習者の段階を追って、細心の注意を払います。


呼吸法、気功法・・・「方法」や「手法」というものは、先にそれを受け容れられる「状態」が成立してこそ活きるものです。


心が安静になってゆるみ、深い息ができてくる身体に成る前に、
呼吸のやり方にとらわれすぎて、リラックスどころか逆に緊張して過呼吸に陥り、気分を悪くしたりケースもあるのです。

30年来、武術や整体、yoga などを修めて参りましたが、「站樁 たんとう」を中心とした、実際的でアカデミックな「気功養生学」というボディーワーク体系に、すべてを集約した指導内容に行き着いた現在では、

練習者の身体の状況・状態によりますが、
私は初心者に無理に“吸って吐いて”を強要せず、自然呼吸を説きます。

運動量が上がりますと(身体内部における活性化)内圧が高まり、車の排気圧よろしく、「自然に」息を力強く吐きたくなりますから、
そのときはじゅうぶんに息を吐ききり、
吸うときは吐いたぶん、自然に空気が入ってきて、身体がふくらむような感覚にまかせます。

呼吸法はそういった体感から段階に応じて。これが私の経験上、言えることです。


イライラ、ソワソワしたりして心が落ち着かないとき、気血があたまに上がっているものです。

“あたまにくる!”という言葉があるでしょう?
あれはあたまに、氣も血も上がっている状態を指す、昔から日本にある、からだことばです。


「氣功」レッスンの姿勢要求で、私はいつも言います。

“肩と肘を下げて”と。

この姿勢上の要訣を「沈肩墜肘 ちんけんついちゅう」といいます。

肩肘張る…肩と肘が上がれば、気血が上がって こころ も乱れやすくなるものです。


肩と肘を下げれば、

自然とハラ・・・下腹部に「氣」が集まり、それと意識しなくても腹式呼吸になり、
いつの間にか こころ が落ち着いているものです。

………………………………………

「呼吸法」について論じましたので、効果合わせてとりあえずまとめます(笑)

呼吸法→

ご自分の息…静やかな「状態」に注意をはらう→

感覚をご自分の、からだ の中に向ける…「内観」→

吐いたり吸ったりのペース、呼吸を調整する→

いつの間にか こころ が安定してくる→

感情のセルフコントロール…「肩肘下げて」 呼吸を穏やかにする姿勢上の要点も、また知恵のひとつです→


*比較的フラットな、安定度の高い自分に成る


・・・およそこういった流れとなりましょうか。


皆さま、ご参考までにと願います♪


1016678_182072251958637_2090646489_n.jpg  1004036_182072278625301_2116474841_n.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 写真

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ