プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:功法紹介
土用ですね。
スーパーにも鰻が並ぶ今日この頃です♪
夏やせに良いと、鰻は万葉集にも登場するほど古くから親しまれている魚ですが、
ウナギが美味しい季節は、実は冬眠を前にして身に栄養を蓄える晩秋から初冬にかけて。
土用の日は他に、しじみや、お餅、卵などの精のつく食べ物が親しまれてきました。

ただ、どんなにいいものを摂りこんでも、身体の消化・吸収、排せつ能力が調わなくては今ひとつですね(笑)

写真のポーズは「内功八段錦 ないこうはちだんきん」

970996_192382707594258_1407209230_n.jpg


身体の中心たる「脾・胃」(季節の変わり目…土用)を調えているところ。
今年8月7日の立秋を前に、夏バテしないように消化・吸収能力を高め、
秋に臨んでは傷心…胸いため ハートブレイク、「肺」のケアを教室や講座で伝えていきたいところです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「脾」

その華は唇にあり、肌を充たし、口に現れやすい。

要は消化・吸収能力が低いと、唇の血色が悪くなり、
お肌の潤いをなくし、
味覚の異常…口中がねっとりする、口中に苦味を感じたりして、
さらに食欲をなくしていく状態を指します。


「八段錦 はちだんきん」

片手は天を支えるように掲げ、もう片手は大地を抑えるようにして立つ。
正面から観ると、まるでSの字のカーブを描いた「形」となります。
これにより、内臓が安定した平衡状態を実現し、胃の経絡…「気」のネットワークを調えてゆきます。


「脾の気」の特性は、上昇

胃の降濁は、下降


上昇と下降…この2つの「気」の拮抗作用を身体の中心、「脾・胃」を調整することで高め、
消化・吸収能力を高めて全身すみずみまで栄養の運行をはかり、四肢の萎縮から影響を及ぼす倦怠感、無力感の改善をはかります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「脾・胃」
季節の変わり目、土用に変調が起こりやすいところであり、

心理に相当するは、思い煩い

考えすぎたり、思念が現実化しない…思い通りにならない懊悩さ。

私も昔、うまく会社を辞められないときに経験ありますが(笑)、そんなときによく胃をいためたりするものです。

逆に「脾・胃」のケアが行き届かない場合、そんな感情にとらわれやすくなるということでもありますね。

よーくおなか伸ばして参りましょう♪

スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 写真

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ