プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:古道プロジェクト
「道」は人を繋いできた・・・

7月19日㈯
わたくしどもが住まう街、南信州は駒ケ根市において、
「古道で繋ぐ、人と心と地域社会」と題しまして、講演会を開かせていただきました。

講演をお願いしました古街道研究家である宮田太郎先生ですが、考古学をベースに、
さらにその本質を違えずに「歴史シアター」としてエンターテイメントができる、素晴らしい先生で御座いました。

IMGP7999.jpg


講演前日、宮田先生を周辺のスポットに御案内させていただきましたが、わたくしどもこの駒ケ根の地の歴史も、実に詳しく調べていただいており、
お集まりした皆さまの興味が湧くような、土地にマッチした研究とそのお考えを披露していただき、わたくしども研究会としてはとても感謝に絶えません。

普通は普段からの自身の研究成果を披露する先生方がほとんどなのでしょうが、こうした足を運ばれる土地にマッチメイクした、深い洞察に基づいた内容と、
その真摯さ、情熱に頭が下がるばかりです。
こちらの街のキャッチコピーまで考えてくださり、講演中、連呼されてました(笑)

IMGP8020.jpg

IMGP8022.jpg



今年度の記念すべき走り出し、その第一回を飾るにふさわしい先生であり、
この御縁を大切にしながら、今後も地域おこしとしての知恵をお借りして、わたくしども研究会は邁進して参ります。


IMGP8035.jpg



「宮田太郎 先生プロフィール」
http://www.miyatataro.com/profile/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次回のお知らせです。

第二回 8月9日㈯
時間:1600~ 場所:駒ヶ根駅前「アルパ」
*終了後、古道弁当披露、懇親会(要参加費)

「日本古代社会における上伊那の発展」講師:北條芳隆(東海大学歴史考古学 第Ⅰ研究室教授)
http://kyousho.pr.tokai.ac.jp/detail.php?yyg_shoc=851650&tsc_shoc&cmp_sho_kubun_cd=100&yyg_bu_cd=2130&yyg_kyoinc=183387


知られざる古代の歴史から浮き上がる、上伊那の遺構をさぐる

おもて  うら


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


わたくしども、この伊那の谷の遺構から、古代の息吹きを感じるような講演内容となると想います。

聴講費は無料です。
みなさまのお越しを心よりお待ち申し上げております♪

「まほろばの里研究会」副会長:山下 俊行

IMGP7964.jpg

IMGP8040.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体 写真

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ