『 歴史的文化の〝出会いの高原〟駒ケ根市より 』 古道プロジェクト

~ まほろばの里研究会・講演会お知らせ ~

発見、古道

「次第に開発で失われていく〝遺跡〟こそ、

実は現代生活にとって様々な面で 有益なヒントや学ぶべき教え・心を持っている。

ー 過去の歴史には、現代人を元気にしてくれる 不思議な力がある。」 宮田太郎

「宮田太郎 プロフィール」
http://www.miyatataro.com/profile/

IMGP7414.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先月、7月19日㈯
上記の言葉と、タイトルにある街のキャッチコピーまでいただきました、
古街道研究家 宮田太郎先生をお招きしての「まほろばの里研究会」
その第一回目の講演会を、おかげさまで好評のうちに終えることができました。

http://9512taitao.blog.fc2.com/blog-entry-189.html

今回は第二回目の講演案内をさせていただきます。

おもて  うら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月9日㈯

時間:1600~ 場所:駒ヶ根駅前「アルパ」3F研修室にて
*終了後、古道弁当披露の上、懇親会(参加費1,000 ほど)

「日本古代社会における上伊那の発展」
講師:北條芳隆(東海大学歴史考古学 第Ⅰ研究室教授)
http://kyousho.pr.tokai.ac.jp/detail.php?yyg_shoc=851650&tsc_shoc&cmp_sho_kubun_cd=100&yyg_bu_cd=2130&yyg_kyoinc=183387

知られざる古代の歴史から浮き上がる、上伊那の遺構をさぐる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わたくしどもが住まう、南信州はこの伊那の谷の遺構から、
古代の息吹きを感じるような講演内容となると想います。

また次回、第三回の内容ですが、講演だけではなく実体験も加わります。

8月30日㈯
「秋葉街道にみる古道の信仰」

「古道を巡って癒させる科学的な実証・効果」
講師:雄山真弓(関西学院大学名誉教授)著書、「ゆらぎの心理学」詳伝社新書

ゆらぎ


体験:伊那の古代史遺構、癒しのスポット散策、
気功体験(山下俊行)、
精密バイタル測定器にて癒され度 実測 etc.

聴講費は無料です。
みなさまのお越しを心よりお待ち申し上げております♪

「まほろばの里研究会」副会長:山下 俊行

IMGP7478.jpg

IMGP7386.jpg

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
〔 山下俊行 〕

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな現代人の

こころ と からだ がより良く寄り添うような、

身体と心の在りかたセッションです。



からだ の軽快な状態をもって こころ の状態が導かれていく


セッションの比重としては、
中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや症例に応じた各種整体運動・現代型ストレッチなどをとりいれたセッション内容となります。

 
一般に広く行われているリラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まっていく」


そんな状態をセッションでは当面、目指しますが、
プロセスのなかでいずれはそんな目的も自然に忘れて、
楽になれば良いと捉えております。


現代は特に、

“あたま”が賢くなることよりも先に、
 
“からだ”が賢くなることが大切なことと感じています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR