プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まる」


これが主なセッションの目的となります。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:動画紹介

夏休み、寝ぼけまなこで出席カードを首からぶら下げて、朝のラジオ体操に子供のころ出かけた思い出を持つ方も多いのではないでしょうか(笑)


基本の「ラジオ体操第一」に、いくつか気功的アレンジを加えさせていただきました。

「 気功的ラジオ体操 第一 Full 」
https://www.youtube.com/edit?o=U&video_id=kVT91tzAzxY


☯「腕の運動・斜め上に大きく」は、腕と胸全体で惑星を受け止めるようなポーズのあと、「ツリースタンディング」を。

五心(5つの主要なツボ)・・・両土踏まずの辺り・両手のひらの真ん中・頭のてっぺん。
この五心に、さらにへその少し奥(丹田)の意識を加えて、
自分があたかも一本の樹になったような感覚でしばし佇んでみます。


☯ねじり運動は、気功的に「スワイショウ」


☯腕をのびやかに掲げる、腕と足の運動は、
いちど肩の付け根に中指の先を着けながら、肘の先で円を描くように前まわし・後ろまわしを行ないます。


☯上体ななめ下・胸をひらく運動は、「圧腿 あったい」を採用しました。





誰もが知っているラジオ体操。
ゆっくり丁寧に 心を澄ましながら


☯わたしたち日本人のほとんどの方が知っている「ラジオ体操第一」を気功的アレンジで。


   “開いて 調えて 高まる”


まず水路を整備せねば、水は流れてゆかないように、まず身体を開かねば体内のエネルギーは滞り、流れてゆきません。

最初は身体の上下内外、体操でゆっくりじわりと「開いて」、関節、心肺に無理なく、全身を気持ちよく伸びやかにして参ります。


ほとんどの方が知っており、また経験しているであろう「型」・・・ラジオ体操第一ですが、いずれもゆっくりかつ丁寧に、
からだのすみずみまで意識をめぐらし、
全身上下内外に身体を「開いていく」ようにおこなえば、体液、気血の活性を緻密に促進させる、じゅうぶんな「気功運動」となります。


伸び伸びと「背伸びの運動」から、両手を交差する「腕と足の運動」までこなしたら、
気功の収功(しゅうこう)動作のようにゆったりと深呼吸をして締めます。


ラジオ体操がベースとはいえ、自身を監督するような「内観力」を身につけるためにも、行う上でいくつかの姿勢・動作要求があります。



◎足うらが地に着いているときは、足指で軽く床や大地をつかみ、土踏まずで呼吸しているような感覚を持つこと。


◎腕を上に伸ばすときは、指先まで天に届けとばかりにピンと張ります。


◎腰を伸びやかに、反らせすぎない(仙骨操作)
尾骨の先に重りがついたような感覚で沈めていきますと、腰が開き(腰の命門穴 めいもんけつが開く)上半身と下半身が断絶せずに「繋がります」


◎腕をまわして円を描くときには、最大円の軌道をキープして、関節を伸びやかにします。


◎胸を開く運動のときには(むね開けば 心が開く オープンハート)背中の二枚の羽・・・肩甲骨を寄せるようにすると大きく開いて「呼吸力」がつきます。


姿勢・動作要求に関しては大体こういったところでしょうか。
これらの姿勢・動作要求の訓練は、他の分野の所作にも活きて参りますので、みなさま、ご参考までにと願います。

なぜカモなのかは、動画を最後まで観るとわかります(笑)

10556386_320130954819432_1257638918015200577_n.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 写真 心と体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ