プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まる」


これが主なセッションの目的となります。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:神さま

戸隠(とがくし) 「 宝光社 ほうこうしゃ 」


祭神: 天表春命(あめのうはるのみこと)

知恵の神 天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと)の息子神。

ご神徳:学問、技芸の上達、女性や子どもの守り神。


八百万(やおよろず)の神といわれるように、神さまにはそれぞれ得意な領域があります。
どこの神社に行っても、交通安全、商売繁盛というのはおかしいことです。

たとえば私の育った茨城は鹿島の武神おわす地、鹿島神宮なら、
勝負事に強い「氣」を心身に浴びるために、古来よりわざわざ遠方からそこ目指して神域に入り、
ありがたく参拝させていただくわけです。

どこの神社の、主祭神はどのような神さまか、事前にお調べしてから参りますと、
意識の落ちよう 願いや祈りの落ちようがまた変わって参ります(^-^)


よく入り口などに設置してある由緒書きの看板などは割と近代になってから、歴史推察もそこそこに新たに書き換えられたものも実は多いのですが、
そんな細かな専門的なことは好きな方のご想像や研究にお任せしましょう(笑)


よほど荒れ果てた神社以外なら、

わたしたちは鳥居の奥に そこがなにがしかの神域なのだと感じたならば、

畏れ(おそれ)ながら通り入り(鳥居)、

神前にては無心に口角ちょとひいて(笑) この心と体をそろえるためにその手を合わせるならば、

そんなに悪い気はせず(笑) 気持ちも清新に成るものです。



「宝光社」

270余段の石段を登る。

1147770_197764077056121_398144300_o.jpg


参道は 産道

天に地に連なるため 神社・仏閣は割と高い位置に建てられたところが多いですが、

その暮らしぶりにおいて ふだんわたしたちが何をかかえていても

一歩一歩踏みしめ、その登りゆく足のつらさと比例して

雑念が減っていき

次第に心が清心になっていくようしつらえられた

長い石段や 長い杉並木という「装置」です。


ただただ無心で神前にて頭をたれ

参拝をする。


あれこれ根詰めて考えるより、そのほうが頭のてっぺんから足先まで

エネルギーの通りが良いというものです。

道下の水道管も わたしたちの血管も

すべてのエネルギーラインは詰まれば破裂しますでしょう? (^-^)

1098092_197815607050968_1830776888_n.jpg

1098405_197815633717632_511754487_n.jpg


この写真は鹿島神宮は祖霊社前にて。
思わずふと佇んで、気功のツリースタンディングをしたときのものです。


1526751_247184788780716_1128883123_n.jpg


「開運」という言葉があるならば それは何が開かれ 運ばれるのか・・・

わたしたちのこの心と身体が より良く開くことがなければ

「氣」という〝情報〟を帯びたエネルギー媒体は うまくは流れゆかないゆえに


10306252_287217881444073_8166910063614189245_n.jpg


スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ