プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まる」


これが主なセッションの目的となります。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:所感

かえゆ②


かえゆ♪ かえゆ♪

庭のバラ茎つかんで なにのぞむ♪

外はときに 大雨ふるふる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本やヨーロッパ、諸外国に残っている古代の信仰や民間伝承において、カエルや蛇は数多く登場します。
「つばき姫」など、グリム兄弟などはキリスト教導入以前の古代ゲルマン信仰と照らし合わせながら、各地に残る民間伝承を集めていたふしがあります。

古代の人たちは、人間から動物、動物から人間への変身は比較的普通に起きるものと考えていたようです。
それは厳しい冬を、飲まず食わずで冬眠などによって乗り越える能力・・・その姿を借りたい現れであったり、

蛇(また転じては龍)など水路をよどみなく泳ぎ行く姿・・・エネルギーの流れ「運気」などを感じ取って、
農耕など執り行う上において吉凶を判断する象徴でもあったのでしょう。

古代の人たちは生物学を修めずとも、こと命の繋がりにおいて、カエルも蛇も人も同根とも感じていたのだと想います。

それは日本においても八百万(やおろず)、すべてのものに神・・・精霊・自然・Element が宿ると観て取った、
わたしたちの祖先の感性力にも共通するものであり、
現代の近代グローバル視点に侵食されきる以前の、絶え間ない自然観察から来る自然信仰であったのだろうと強く感じるのです。

かえゆっぴぃ観ながらも、ふと(笑)


かえゆ

スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 写真 心と体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ