プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まる」


これが主なセッションの目的となります。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:お知らせ
養命酒①


『 Vital エナジーボディーワーク(内気功)吉祥寺講座 』

10月23日㈭ 霜降の日、13:00~ 16:00でとり行います。


前回、7月28日㈪
「 エナジーボディーワーク(内気功)吉祥寺講座 」(東京・吉祥寺ではありません)(笑)

地元信州から、遠くは大阪や横浜から参加された方もおられて、
有り難くも皆さまに喜びのお声を頂戴しながら終えることができました。

立春・立夏・立秋・立冬前の、年四回ある18日間という「土用」という大きなエネルギーの切り替わりどきに講座をセッティングし、
ご参加された皆さま方と貴重な時空間を共有できましたこと、心から嬉しく想います。

ありがとうございました。

今回も既に多くの方から、参加したい旨のお声をいただいておりますが、
まだまだ御一緒できるスペースがございます。



おかげさまで、今まで実に多くの方々の、心と体の目覚ましい変化に添わせていただきました。

自らの確たる意志を宿して取り組まれようとする方々へ。

私と一緒に、自身の内なる「自由」への旅路を体験いたしませんか。
そっと心を澄ませば、あなたの身体のなかの奥底から渦を巻くような変化が、
あなたを待っています。

あなたの「内なる宇宙」と、わたしたちを取り巻く「外の宇宙」が、
あなたのその自然なる変化、その行き会う あなたの自由な姿を待っています。

御嶽Sunset (3)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の「エナジーボディーワーク(内気功) 吉祥寺講座」

10月20日㈪から土用入りしたあとの、


10月23日㈭ 霜降の日、13:00~ 16:00でとり行います。


翌24日は新月であり、そして土用が終わる次月 11月7日㈮は満月です。


この世界における五つのエレメント「木・火・土・金・水」のトータル的な陰陽五行説のお話しは長くなりますので、

この五つのエレメントの中心と繋ぎ目に位置する「土」そして「土用」という期間、
「土」はものを変化させる作用を持ち、「用」とは働きの意が含まれています。

四季の終りの各18日間を「土」の為の期間として、五行のなかでは土用として割り当てられています。
つまり立春の前18日間が冬の土用、立夏の前18日間が春の土用となります。
そして立秋、立冬の前各18日間がそれぞれ夏の土用、秋の土用です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

場所:「吉祥寺」長野県伊那市美篶(みすず)笠原馬場2911
電話:0265-78-4329

時間:13:00 ~ 16:00

参加費:5千円。わたすの30年の叡智をダウンドーロしていただきます(笑)


あいだに10分ほど休憩を入れての、みっちりとご自身の心と体に向き合う3時間コースです。


吉祥寺、冬の講座①



☯中国気功の緻密な内観力…自身の意識の力をベースに からだ のスキルを高めて参ります。

身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容となります。


持ち物:ヨガマットorバスタオル、水分補給の飲み物。前回ご参加された方は、お配りしたテキストをまたご持参ください。

支度:からだをあまりしめつけない、動きやすい服装で。
   汗をそれなりにかきますので着替えを用意されてください。

お問い合わせ:taitao69@gmail.com
(お申し込みの場合、@を半角にしてお問い合わせください)



☯こんな方におすすめします

・最近よく聞かれる「こころの軸」とか「芯」は育てたいけれど、
どうにも人の意見などに流されてしまう。

・ここぞ!というときに想うようにからだが動かず、
無駄な動きをかさねて疲れきってしまう…。

・体に良かれと普段スポーツに邁進しているけれど、
なんか体の歪みと、使いかたのかたよりを感じている。

・いつもなんとなく頭がぼーっとして考えがまとまらず、
イライラ・そわそわ…気持ちがあまり落ち着くことがない。心の安定がほしい。

・体に良いこと始めたい。
運動はしたいけれど、あんまり激しいのはどうも…
体かたいし…もじもじ…。

・インスピレーションを安定的に高めたい、
クリエイティブな暮らしと、その活動の源泉となる「底力」を養いたい。

などなど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参加者からいただいた貴重な感想を、少しご紹介させていただきます。

「とても充実した時間を過ごさせて頂きました。

体の軸がしっかりして 線が通ると、しっかり地に足つけられてエネルギーの通りやすい体 になるのだなぁ、と実感しました。
そして詰まってうんうん唸っても 運は開けない、ということ とても納得しました。

吉祥寺の風、ざんざ亭の鹿(料理)、 宙いっぱいの星、山がいっぱい、 澄んだ空気、みなさんとの交流、 。。。

嬉しい楽しい思い出ができました。
からだで感じること、を恵まれた環境で行えて、目に見えないものに 集中できて、大切なことを感じれました」

貴重なお声をありがとうございました♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「土用」は元々は中国の五行思想に基づいていますが、うつろいゆく日本の四季の変化、
その季節のうつろいを感じるなかでの土用の18日間は、とても興味深くて、また味わいのあるものです。
日本の季節はゆるやかに変化しながら移り変わって参りますよね。

この移り変わりの期間に寒さや暑さが行ったり、来たりして、
それが18日間ぐらいあって、春、夏、秋、冬という四季が明らかになって参ります。

冬の土用は、ほぼ大寒の節気であり、春の土用は、ほぼ穀雨の節気であり、
夏の土用は、ほぼ大暑の節気であり、秋の土用は、ほぼ霜降の節気です。

寒・暑に雨と霜という象徴的な節気が土用に相当するわけであり、それは気候が厳しかったり、寒さ暑さが定まりにくかったりする時節です。
健康状態にも気をつける時節ですし、また大きな変化を秘めた期間でもあります。



先日、大自然の「気」の五大運動のお話しをしましたが、

「昇・降・開・合 しょう・こう・かい・ごう」の流れのなかでの「定 てい」

土用の期間はこの「定 てい」に相当します。

それは動きの中でふと立ち止まる大切さであり、

静かなるものの極みであり、

「静」の極みが真の「動」…宇宙を産み出していく。


五臓六腑で申しますと、またこの期間は身体の中心たる「脾臓や胃」の健康に注意したいところです。


ここまでお読みいただき、ありがとうございました。


みなさまのご参加を心より、お待ち申し上げております♪


kitijyouji.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ