プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まる」


これが主なセッションの目的となります。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:所感
くしふる神社②


写真は先日、人気(ひとけ)なくおとずれました高千穂は「くしふる神社」にて。
当日、肉眼ではわかりがたいものでしたが、写りこんでいるのは霧ではありません。


10410620_343383345827526_3968047527109307558_n.jpg


歩を進めるたびに濃くなる「神氣」・・・それは社殿ではなく、この地の御神体である峰の方から発せられていたものです。


10645172_343383495827511_3024370889597787782_n.jpg


先日、アニメ「 モノノ怪 鵺(もののけ ぬえ)」の紹介に絡み、

『 闇ある なし 』と題して、「闇」とは何かという点にて感性文的にお話しをさせていただきました。
http://9512taitao.blog.fc2.com/blog-entry-230.html


ご反応に素直に「怖い」というお声もいただきましたが(笑)

ありがとうございます(笑)

怖いとされる怪談などの持つ、ひとつの心理的機能に

そこにはこうなるがゆえに こうなるという明らかさがつねにあります。

それは海の怪談 山の怪談、都の怪談はおろか、神話や各地に残る民間伝承まで。


さて皆さま、「怖さ」とは一体なんでしょうか。

想うに現代を生きる私たちの多くが、手を出してはいけない領域にまで手を伸ばし
「怖いもの知らず」でここまで来てしまいました。


怖さとは、ある秩序をもたらすバランス機能でもあるのですね。

人それを「畏れ おそれ」と言います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1947, 三好十郎 「猿の図」

〝しかしながらそれと同時に、否、それを通して私どもは、さらに偉大なる命の源流がわれわれに与えられていたということを、
のっぴきのならぬ自覚にまで眼ざめさせていただいた大キミオヤのハカライに畏れ(おそれ)かしこみつつ、敬礼をささげるものであります!」(そこへ奥から、派手なモンペをはいたツヤ子が、盆にビールと二三の肴(さかな)をのせたのを持ってくる。〟


1951, 宮本百合子「 風に乗って来るコロポックル」

〝そして、今もなお、他の由緒ある家系のアイヌがそうである通り、
彼もそういう物に偉大な尊敬を払って、それを失い穢す(けがす)ことを畏れて(おそれて)いるのである。

スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ