プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まる」


これが主なセッションの目的となります。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:功法紹介

レッスン回数をこなしてそれなりに慣れてきた生徒さんにはお伝えしようと思いますが、

中国武術や気功には、あまり多くを語ることなく、

その文字を想起するだけで、
からだの感覚を呼び起こす言葉が豊富にあります。


たとえば太極拳における

肩と肘の状態に対する姿勢要求で、

「沈肩墜肘 ちんけんついちゅう」というものがあります。


ストレスフルな緊張したからだの状態に特に顕著ですが、

肩ひじ上がった状態が長く続きますと、

こころもイライラそわそわ、

呼吸も浅くなり、

そしてあたまにも血がのぼりやすくなるものです。



「沈肩墜肘」

肩と肘を下げますと、

自ずと気血が下がり、下腹に気血が集まり、

どーんとした心身の安定感が増す

知恵の言葉です。


よく「肩の力を抜いてっ」と言われますが、
そうは言っても力抜きというのはなかなか難しいものです(笑)


実際には、胸の張りをゆるめて

鎖骨の部分を下にさげるような感じで行うと、

結果、

余計な力が抜けたようになります。



これは写真のように一見、腕を上げた状態であっても、

その姿勢の内部への要求は同じです。

1399119_235217396644122_1031902176_o.jpg



神社仏閣、庭園、室内レイアウトの黄金比などもそうですが、

正しい姿勢とは、

正しくエネルギーが回り出す「形」のことを指します。


本来の「形」とは、

エネルギーが無理なく発生し、正常に作用する「装置」のことです。


写真で演ずる型は「気功太極十五勢」 分雲捧月

雲かきわけて 月を捧げもつ


中国武術や気功には、
こういったオーバーに思える言葉もまたたくさんありますが(笑)、


随意筋と不随意筋・・・

本気で月を捧げもつような感覚を動員することで、

自分ではコントロールしにくいこの不随意筋をも

深層レベルで訓練するための知恵でもあります。


またこのイメージによる動員力を「意感 いかん」と申します。


ん~・・・いかんともしがたい(笑)


分雲捧月


スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ