プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:感性文

みなさま、
いつもお読みいただき、ありがとうございます。

以下はまったくの自身の感性文であり、
特に何かに向けたものであるとか、
特別、何の意図もないことを最初に明記しておきます。
 

 
痛みや苦しみは、
わたしたちの暮らしぶりのなかで浮き上がるサインです。

 
痛みや苦しみにじっと堪えているときは、
一日の時間の流れがゆっくりと感じられるものです。

 
身体を九の字に曲げたときなどに一点、目に写りこむ・・

それは限られて映る 視界のさなかで感じられるような、

その「状態」は ある閉じた宇宙を生きるようなものです。

 
ただコップの中の水が目に写り、
細かな物質レベルで訴えかけるような情報の奔流が、
コップ一杯の水のなかにも宿っている・・・。

 
 
その昔、身辺おだやかでないストレスからか、
4年間続いた心因性の成人ぜんそくの発作のときに、
私はその閉じた宇宙を生かさせていただきました。

 
いちどだけ救急車の厄介にはなりましたが、

それが当時の私の身体から上がってくる声だったのか、

薬を摂らず、

ほとんど医者にかからずに、
私はそれを味わい続けました。

 
頼れる近親者も当時おらず、
救急受付で青色吐息で書類を書き上げたのを覚えています。

ここで言っておきますが、
私は自分の回復過程を当時、味わいたかっただけですから、
みなさまはけして無理をせずに関係医療機関に素直に行かれてください(笑)

 
 
喘息のときは、
酸素を要する運動・活動そのものが覚束ない。
トイレに向かうのも牛歩どころか、とにかく微動。
 

朝晩に症状がひどくなりますが、日中は少し楽になります。
仕事は休まない、休めませんでした。
普段ならアパートから駅まで5分の道のりを、一時間かけて進む。
 
咳のし過ぎで背中の筋肉は張り痛み、
堂々と胸が張れず猫背となり、呼吸筋は弱くなる一方です。
 

眠るときに副交感神経が優位モードに働き、
このときに人は回復過程に入っていきますが、

この鎮静化するべき夜、
そっと眠りたい夜に限って
いちばん咳き込みがひどくなります。
 
続く眠れない夜ですが、
このとき懸命に
身体は排出しようと働いているのですよね。


一回の発作から約三週間ほどその状態を味わい、
痰が大量に出始めたら回復の兆しです。

 

当時の自分のことを精査に見つめると、

吸うのも吐くのもままならないだけで、
発作が始まると如実に衰弱していくものの、

なまじ体が強いほうだから、半端に保っちゃったんでしょうね・・・
いっそ倒れてしまったほうが楽だろうにと
さなかは頭には浮かびました(笑)

 

病気やケガという現象に見舞われたとき、

それが当人にとって、
生活のあらため含めて、

それはこちらにずっとサインを発し続けられたことを受けとめる
ターニングポイントであったり、

またあらたなる感覚の芽生えだったりもいたします。

 

病気やケガは、
この世に肉体を持って生きている以上、

重い軽いに関わらず、
万人に体験値として与えられているもので、

そのときに何を感じ、どう受け止め、
どう落とし込んでいくのか・・・・。

 
発散や抑制による効果で そのときを過ごすのか、

その刹那、

肉体に現れては消える変化を、
つぶさに感じ取っていくのか、
味わっていくのか・・・・・・

それは各々でよろしいと想います。

 
 
人に何かを伝え説かれる方は、
みな何がしか閉じた宇宙を生き、

命の流れを感じとるに至った過去を持つ方です。

 
江戸時代の養生家、貝原 益軒しかり。
http://www.gld.mmtr.or.jp/~sumiyosi/seikatu(youjyoukun).htm

 

私が「站椿 たんとう」からなる養生を、
どう現代的にプレゼンしようかと辿り着き、

横浜站樁
 

その「站樁 たんとう」を世に広めた偉大な養生武術家、
王 向斎(おう こうさい)しかり。

http://ja.wikipedia.org/wiki/王向斉

 


人斬り天風とまで呼ばれ恐れられた、
日本初のヨーガ行者 中村 天風しかり。

http://ja.wikipedia.org/wiki/中村天風

 
 
そういった有名無名に関わらずとも、
ふと周りを見渡せば、
それは普段から見知っている、
普通に生活している良き隣人だったりいたします。

 
みな幼少期から病弱であったり、
活動の最中、身体を壊した方々ばかりです。


☯「脳科学者 ジル・ボルト・テイラー氏の体験」
http://newsbiz.yahoo.co.jp/ted/detail/229

 
jill_taylor.jpg

jill_taylor_brain2.jpg




「今を生きる」ことにも繋がることですが、

人はそのときそれをどう受け止め どう落とし込むのか、

とても大切に感じ入るのです。

 
「先」というものは、
その積み上げの彼方にこそある。

 
命の流れを 静かに つぶさに また温かくも感じとれる・・・

冬の厳しさが待っていようとも 

これからはそんな季節でもありますね。

気血の流れㇳ雪景色

スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ