プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:所感

みなさま、いつもお読みいただき、
ありがとうございます。

風邪が流行っておりますね。
だいぶ軽くなりましたが、
私も実は先日まで、
関節が痛むほどの風邪をひいておりました(笑)

 
これはあくまで「整体」の身体観ですが、
私から観ますと風邪もひかない鈍感な身体
(自然治癒力がうまく働いていない)のほうを心配します。


風邪ひとつでもいろいろ言えますので、
詳しくはまた後日になりますが、
季節の変わり目にひく風邪が理想的な風邪と言えます。

 

たとえば汗をかく夏の季節にエアコンの風ばかり浴びて、
あまり汗をかかないことでいるとか、
四季の変化に しっかりついていけない方が増えています。

 
季節と身体の関係ですが、
実は私の伝えるボデイーワークも
季節のサイクルに沿って練って参ります。

 
☯春は夏の暑さに備えて、
汗をかきやすい身体になるために良く全身を伸ばしておく。

☯夏はしっかり汗をかいて発散、
代謝を高めて、身体をゆるめます。

☯秋は皮下脂肪を蓄えて(食欲の秋はこのことから)
体温をうまく調節できる身体に。

☯冬は体熱を漏らさぬように、
しっかりと身体をコーティングし、
寒さに耐えられる身体になることです。

 
四季のはっきりしている日本では、
この季節の巡りと身体のサイクルの繰り返しが、
この国の土地空間、
天地自然の法則にかなった暮らしぶりと成ります。

 

風邪は次の季節を迎える準備として、
前の季節から持ち込んだ身体の不調を、
「風邪という症状」として外に排出しているのです。

 
「症状という表現」
http://9512taitao.blog.fc2.com/blog-entry-246.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

事をインスタントに構えずに、
あらゆる物事をしっかり「味わう」ということ。

 
人には受け容れられる状態というものがあります。
ですから、ここで私が説いていることを、
みなさまが無理に「理解をする」必要はどこにもありません。

目の前の樹一本しか見ていなかったものが、
やがては森であったことに気づいていくように、

何かを学ぶに当たって、
本人に合う合わないなんてものは、
地道に続けてやってみないと
かならず観えてこない領域というものがあります。

 
ほんとうの学びとは、
しっかりと時間を掛けて、
自らの体験をもって落ちていくものです。

 
 
人間とは、よく忘れる生きものです。
かく言う私も「心掛け」というものを
日々、重ねます。

 
人間は良く忘れるからこそ、
忘れないように心を留める文化を形成し、

人としての品格を養い、
次代に繋いでいくことが人間としての終生です。

 
心を留め置く反省・内省もせず、

いたずらに前向きなポジティブシンキングは
あまり感心できるものではありませんし、
また人としての「品位」というものがありません。

 

わたしたちの先人が培ってきた精神文化の華として、
 
「見苦しい・恥を知る」という言葉を
 
忘れてはならないと捉えます。

 

心を修養するということ。

 
普段からこのことを「心掛けて」いないと、
人は忘れ、
そして現代は人の心と体を分離させるような情報が
このネット上でも常に行き交い、

しっかり心を練っていないと、
物事を主体的に判断できず、
かえって視野狭窄に陥ってしまうような時代状況ではあります。

 
事をインスタントにとらえることなく、
皮膚感覚の延長のように、
物事を「味わう」感性が大切となって参ります。

 
大病にいたる前の、比較的軽いもの・・
先にあげた風邪などに自身がかかったときに、
 
上がってくる身体のサインを、
その回復のなかで良く味わうような心根が、
いざ大病や大怪我をしたときの、
受け容れふくめた「心構え」の糧となって参ります。

 
ここまでお読みいただき、ありがとうございました。



ざんざ亭にて


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おすすめの書です。
著者は、
風邪は自然なる調整作用と説かれた、
「整体」という言葉をメジャーにされた巨人です。

駅前何分いくらといった、
整体マッサージのイメージが飛ぶ良書であります。

 
「風邪の効用」 野口晴哉

1621689_366559466843247_1724696058307643256_n.jpg



スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ