FC2ブログ

『 表現するということ 』 


本日、あるスジの方々(やくざではない(笑)の指導で、
長野から東京は赤坂見附へと出向いておりました。
 

レッスン後、「流れている本質」に迫る、
そして、人間の可能性にも通ずる貴重なコメントをいただきましたので、
ご参考までに紹介の方させていただきます。
 
 
「流れている」ものに、
何かしら感じ触れていただけたらと願います。
 

 
「山下先生、 今日もありがとうございました。
胸とか腕とか少し痛いです。笑

でも、今の私に、武術、すごくいい刺激になります。
パンチを受けたら流すとか、
パンチを相手の表面ではなくて、中に効かせるワークは、
 
人付き合いが苦手な私が、人と打ち解けるのに必要な、
間合いとか、
気の流れのようなものがカラダで体感出来てすごく楽しかったです

 
へたっぴぃですが、組み手みたいなのやるの楽しみです。

 
なんか、「たんとう」はひとりの世界で、
天や地と繋がる感じで、
組み手は、人と繋がれる感じで、  
 
いままでの私は、ひとりで天に繋がったりしてるのが好きだったので、
人と繋がるのが、やり方がよく分からない感じなので、
なんかキッカケになりそうなイメージです。」

 

この方は既に武術なるものに流れている本質がわかっている。

無意識のところも合わせてわかってます。

それだけでコミュニケーションスキルをじゅうぶんに持っている方です。

 
あとはただそれを「表現」していくことだけ。  

武術はこの場合、あくまでもツールです。

 
うまいへたではなく、
身に起きたことをこうして言葉に紡ぎ出し
 
「表現」として昇華する作業。

 
コミュニケーションスキルは言うに及ばず、
 
レッスンで感じたこと・感じていることを
言葉に紡いで「表現」することは、
腑に落とす作業であり、
シェアするみなさまと、世界が繋がれていく作業であります。
 

CA7V0LQA.jpg



☯『 攻防原理 』
https://www.youtube.com/watch?v=uy8emTWFKpg



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント