プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まる」


これが主なセッションの目的となります。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:功法紹介
「心」

東洋医学では心臓を中心とした経絡…氣のネットワーク、氣の通り道をいいます。

季節的に熱中症など「夏」に負担がかかりやすいところであり、
心理面では開放感ある「喜び」に影響するところです。
一般にお笑いなど良いとされる感情ではありますが、
それも過ぎれば浮き足立って躁状態となり、
心身を傷つけるものです。

いたずらなポジティブシンキングもまた無理(ことわりがない)なことであり、
かえってストレスになるようであれば、
いたずらに前向きであったり、
また無理をして笑顔をつくる必要はありません。
それはときには事実を事実として「観る」ことや、
物事を素直に受け止めることを曇らせてしまうものです。


心:その華は顔にあり、血脈を充たし、
舌に現れる。

心臓の健康状態は、顔の血色に現れ、
血液の流れ・血管寿命に関係しています。
舌ですが、
「心」の生理機能に異常が生じると、味覚の変化や、
舌がもつれる、言語障害などが現れやすいところです。

また「心」は発汗機能の調整にも関係しているところです。

夏本番真っ盛り。
より良き秋を迎えるためには、
エアコンの効きすぎる部屋にこもったりせず、
かくべきときにしっかり汗をかいてください。
そしてかいた汗はしっかり拭き取ることをおすすめします。

汗の再吸収、一度汗とともに出た老廃物が、
拭き取らずに皮膚から再吸収され、
それが体調不良の原因となっていることも多いです。

涼しいからといって、
エアコンの風を直接浴びないこともそうですが、
特にからだの首と呼ばれる箇所、
冷房の効いたところではスカーフを巻くなど、
頭の下の首から、手首・足首を冷やさぬように気をつけてください♪
皮膚の薄いところは邪気が入りやすく、
そこから関節などに浸透して不調の原因になったりするものです。

…………………………………………………………………………………………………………………………

今回は「心」の調整、

比較的シンプルな気功体系の「八段錦 はちだんきん」を、
さらにシンプルにした「心」の調整法を教えます。

「馬歩 まほ」という立ちかた。
DSC_0668-1.jpg


馬のあぶみを踏むがごとく、
馬の腹をしめるがごとく。

実際、この立ちかたをマスターすると、経験上スムーズに乗馬ができます。
お金をかけてJO-BAを購入する必要もありません(笑)

またこの立ちかたは へそ力…強い丹田力を育てます。

……………………………………………………………………………………………………………………………

写真は比較的楽な、姿勢の高い立ちかたを示してます。
DSC_0670-1.jpg


さぁ♪よろしく誘導はじめますよ~♪……

まずはご自分の肩幅の二倍から二倍半、
やや広めの歩幅をとって立ちます→→

足先は空手の騎馬立ちのように平行に揃えるでなく、
やや八の字の末広がり。
軽く足指で地をつかみ、
重心は足裏全体で吸着するように立ちながらも、
やや小指側で立ちます。
土踏まずの部分で呼吸をしているような感覚で→→


そこから高いイスに腰をかけるように…
ここが三枚目の写真でも示していて注意点ですが、
DSC_0671-1.jpg


へっぴり腰・反り腰にならないように注意しながら腰を下ろしていきます。
尾骨を後ろに傾けないでまっすぐおろすような感じです。
会陰(肛門と性器のあいだのツボ)を意識で、
背骨の方向・あたまのてっぺんに向けて、
気持ちキュッと引き上げます。


腰を反らさずに真っすぐおろすことで“根”…根氣を養うことができます→→


「馬の腹をしめるがごとく」
膝をやや内巻きにする…そうすることによってモモの内側、
内転筋を鍛えることができ、
子宮や、膀胱など泌尿器系の安定にもつながります。


腰を真っすぐおろし、
膝を内巻きにすることによって、
連動して骨盤にゴム輪がかかったような圧力を感じ、
またそれが骨盤の安定にもつながります。

骨盤という背骨の土台が安定しますと、
そのまま背骨は天に向かって伸びやかになっていき、
背中側の筋肉…脊柱起立筋が背骨側に集まって、
さらに背が伸びやかになって参ります。

骨盤内の「内氣」が活性化して、
下腹部に充実感をおぼえます♪
これが強い丹田力を育てます。


天地 あめつちへのアクセス


建築もそうでしょうが、
人体工学とは、無駄のない構造から重さを支えたり、
ものすごく楽に「力」が出てくる形をいいます→→


首すじを楽に、
胸をあまり張らず、
小脇をあけるように腕は丸みを帯びた ゆるいカーブを描きながら、
股関節・そけい部に手を添えます。
手で支えるというよりは軽く そけい部に触れるていどです。

手の小指側を中心に、
やや内巻きにゆるいカーブを描きながら手を添える…
これがわきの下の極泉(きょくせん)というツボから、
少衝(しょうしょう)に連なる心臓経絡に働きかけます。

時間は要求される姿勢が決まってセッティングが完了してから、

5分くらいを目安に。

砂時計などを目の前にされて取り組まれたあと、

普通にご自分の肩幅で立ってみてください。

なんともいえない、普通に立っているのだけど、
内側から出てくる充実感をもって立てているはずです(^-^)


ご参考までに、この夏実践されてみてください♪



スポンサーサイト

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ