プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まる」


これが主なセッションの目的となります。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:所感

みなさま、おはようございます。
 

 
宇宙天然自然法則など、
 
「本質」というものには
本来、旧いも新しいもありません。
 
 
東から昇るはずの太陽が、
 
ころころと時には西であったり
南であったりしちゃ、
わたしたちの生体リズムは困るわけですよ(笑)
 
 

 
日本の歴史には、
だいたい三層からなる歴史認識層があります。

 
  
表層部分から始めますと、

第一層は、近代化の流れのなか、

西洋圏の強い影響のもと育まれた意識の層・・・
さかのぼること、この150年からの意識層ですね。
 
何も知らずにおいて
日本はすべてにおいて遅れている、
アメリカ・ヨーロッパ最高のノリは、
この辺りからですね。
 

 
第二層は、儒教社会の色濃い、

いわゆる武家文化が花開いた時代・・・
日本の精神文化の「華」が成熟した層ですね。

 
 
この第一・第二までがメジャーなシーンで、

多くの方が現在、混迷すればするほど、

アイデンティティを求めては
それらの層に依拠しながら追っている
意識の層です。

 

 
 
そして第三の層は、

わたしたちが思考体系の
「あたま」で追うこともなく、
遺伝子レベルでその身体のうちに流れている、

 
それはふつふつとする地下深くのマグマ層のごとく、

 
アニミズム・・・
原初の感覚でコミュニケーションスキルを用い、

当時の、特にあえて「平和」とは称さない
コミュニティを生きた自然崇拝の姿。

 

東方ジパングは東の果ての果て・・・
平安末期まで栄えた人種のるつぼのなか、

おそらくはひとつの可能性として成立しきっていた、

かつての古代日本の意識の層。

 

メジャーな「古事記」や「日本書紀」・・・
いわゆる記紀神話以外にも、

 
この陽の本(ひのもと)には、
いろいろな勢力が栄えていた氏族による
数々の古史古伝書というものが存在します。

それは現代のこういった
情報媒体と同じように、

ひとつの皆が知る手立て、
ひとつの可能性の示唆をもふくんだものです。

 

 
情報をどう消化(昇華)するかは
それぞれのセンス次第です。

 

うまく摂取してその栄養とするか、

要らぬものは排せつするか、

 
はたまた情報を、

酒よろしく呑みすぎては
二日酔いを起こすか(笑)

 
二日酔いや食べ過ぎに懲りたら 
肝休日や断食をして、
 
自分でなんとかするように

 

情報をどう呑みこみ、
摂りこむかはそれぞれの感性力であり、

またそれぞれであっていいものです。

 

 
古史古伝書・・・
かつて日本各地にはさまざまな民が存在し、
その一族の言ってみれば家伝書のようなものです。

 
そのなかに「秀真伝 ほつまつたえ」という、
古代の宇宙観を示した書があります。

 
 
全三巻「天・地・人 あ・わ・や」から成ります。

 
その並びには
「三笠紀 みかさのふみ」という書があり、

私を育てていただいた鹿島の地、

鹿島神宮に関わり深い中臣氏の嫡孫、
大鹿島命(おおかしまのみこと)が
綴ったものと言われています。

 

その「秀真伝 ほつまつたえ」

極めて神道・・・古神道に関わり深く、

陰陽五行を表す宇宙原理がそこに説かれています。

 

 
◎この宇宙のあらはれ、

宇宙創成につらなるエネルギーは、
根源神の働きにより 陽と陰の二極に分かれた。

 
一方は陽となり、天となり、
そして太陽が生じた。

 
また一方は陰となり、大地となり、
そして月が生じた。

 

 
◎ 陽 は 空・風・火 を、
 
また 陰 は 水・土 を生み出した。

  

これが陰と陽、

それからこの世界の構成要素である
五つのエレメント・・・五行説に関わる記述です。
 

 
そしてこの天と地のはざまに 
ひとりの神が現れます。

 
国常立命(くにとこたちのみこと)

 
この神さまには八人の御子がおりました。

 
この八神が実は、

八つの方角に関係してくるわけです。

 
 
陰陽五行に関する記述のあとにこう続きます。

 

◎天地が生まれたその後、
八元神(ヤモトカミ)
 
「ト・ホ・カ・ミ・ヱ・ヒ・タ・メ」の 八神が生まれた。

 

ト・ホ・カ・ミ・ヱ・ヒ・タ・メ は、
それぞれが 神の名であり、

・トノクニサツチノミコト

・ホノクニサツチノミコト

・カノクニサツチノミコト

・ミノクニサツチノミコト

・エノクニサツチノミコト

・ヒノクニサツチノミコト

・タノクニサツチノミコト

・メノクニサツチノミコト

 

八人の神は八つの方位、

 
【ト:南】 【ホ:東北】 【カ:西】 
 
【ミ:東南】 【ヱ:北】 【ヒ:西南】 
 
【タ:東】 【メ:西北】 
 
 
それぞれを守り、
またそれぞれの頭をとって

方位方角を表す言葉としても使われました。

 

そして恵方巻き・・・
どこぞの販売業者が売り上げに乏しい
二月の売り上げアップから始め、

いつのまにか毎年のイベント商戦に加わった感じであり、

またもっともらしい由来も
商品にパッケージしておりますが・・・・

 

どうやら「秀真伝 ほつまつたえ」に
照らし合わせると、

 

恵方とは、「ヱの方角」

北の神 エノクニサツチノミコト 
 
依国狭津雷尊のことらしいです。

 

旧暦によると、

現在この【ヱの神】が北にいらして、

陰暦の11月中旬(新暦12月中旬)から
12月の終わり(節分・立春)までの
気象をつかさどっています。

 

またこの【ヱの神】は、

冬に "天の精霧 (太陽の陽エネルギー)" を使って、

春を招来する役割も持っています。

 

どうやら「恵方」とは

「ヱ方」のことであり、
 
【ヱの神】の方角、

すなわち 北の方向 のことでした。

 

ですから古来、陰暦の新年、

この節分の夜に去って行かれる
 
【ヱの神】に向かって願い事をしていたことが、

 
江戸時代の末期に、大阪の船場で
商売繁盛を祈願するようになりました。

 

これが現在の恵方巻きにつながるわけです。

どうやらね♪
 

CA530IST.jpg


スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ