『 字訣 という 秘訣 』

垂撑勢


中国武術や気功の世界には、
 
「字訣 じけつ」というものがあり、
 
慣れ親しんで参りますと、
その文字を想起しただけで、
身体感覚が呼び起こされる
からだ言葉が豊富に ございます。
 
 

 
☯「収腹松腰 しゅうふくしょうよう」
 

腹を収め 腰が ゆるむ
 
 
 

たとえば天地上下にアクセスする作業、
 
「站樁 たんとう」と呼ばれる立ちかたのとき、
 
 
反り腰に気をつけて、


仙骨操作②

 
 
尾骨の先を入れ、
骨盤を立てるようにし、
 
会陰(えいん。肛門と性器の間のツボ)が引きあがると、
 

 
腹が収まり、腰の緊張がゆるむ
 
 
 
「字訣(じけつ)」という秘訣となります。
 


仙骨操作①
 


これは日常の力仕事、
「腰を入れて」作業する場合にも、
 
腰を守り 強くする
 
身体つかいとなります。 
 

良い姿勢


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
〔 山下俊行 〕

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな現代人の

こころ と からだ がより良く寄り添うような、

身体と心の在りかたセッションです。



からだ の軽快な状態をもって こころ の状態が導かれていく


セッションの比重としては、
中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや症例に応じた各種整体運動・現代型ストレッチなどをとりいれたセッション内容となります。

 
一般に広く行われているリラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まっていく」


そんな状態をセッションでは当面、目指しますが、
プロセスのなかでいずれはそんな目的も自然に忘れて、
楽になれば良いと捉えております。


現代は特に、

“あたま”が賢くなることよりも先に、
 
“からだ”が賢くなることが大切なことと感じています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR