プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まる」


これが主なセッションの目的となります。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:所感
11042942_425456797620180_3978962213528141978_n.jpg

 

白川静「常用字解」における 

「抱」、
 
その解説文を紹介させていただきます。

 

「包」は人の腹の中に胎児のいる形で、

つつむ、くるむ、いれるの

意味がある。
 

 
手でつつむことを「抱」といい、
 
「だき、いだく、かかえる」の
 
意味に用いる。
 

 
 
[ 老子、第十九章] には

「樸(はく)を抱(いだく)」とあり、 

 
 
人間の本来の素朴な心を守ることを言う。
 

 

写真のポーズは
 
「站樁 たんとう」抱球式 ほうきゅうしき
 
と呼ばれるものです。
 
抱球式

 
 
☯ポーズ…「形(構造)」が極まれば、

わたしたちの体の内と外を
 
 
「氣」と表現されるエネルギー(機能性)がまわり、

 
そしてそれは

 
こころ(意識、情報)で統合していく作業です。

 

 
☯「 形 と 氣 と 意 」を調えること
 
 
上における三要素、
 
 
物ごとにおける
 
構造・機能性・情報の
 
トリニティー作用を整えていく、

 

これが老子が説く「修身・修心」という取り組みです。

 

 
このからだを修めるのも 国を治めるのも 
 
その原理はシンプルに一つしかありません。

 

たとえ多くの悩みがあったところで、
その解決の仕方も「一つ」しかないのです。

 

この一つとは、

 
「一 いつ成ること」…

自らの内に宿り眠る原初生命、
 
その生命運動作用へのアクセス、

 

これを「修身」といい、
 

老子の爺さんの言いかたを借りれば、

 

政治も経済も、社会も家庭も、

個人の こころ と からだ の状態まで、

 
すべてにつながっている「道 TAO」なのです。

 
大御食たんとう


スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ