プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:所感

以前、つかいすぎのあたまと

そのゆるめかたについて触れましたが、
(首を良くゆるめることです)

大切なことなので再度触れさせていただきます。

 

 
人の意識の働きと

気血エネルギーの働きは

密接にリンクします。

 
 
 
☯「意いたれば 気いたる」という言葉がございます。

 
たとえばヨーガや気功などの、
緻密な内観(観察と集中)を
ともなったボディーワークは、

 
この意識…こころと

からだの働き…つながりを

しっかり認識した上で活きる

技術…身体文化です。

 

あたまをつかう…情報を追う

これは追いかたでありますが、

誰かが意図的にそれを見た者の
 
(わたしたちは見るのではなく、“観る”のです)
 
心理をくすぐるよう、

なんどもなんどもサブリミナル的に流している情報…

情報のほとんどは視覚から得ていますから、

特に目に見えて刺激的な視覚情報
(映像媒体)には

人は大きく左右されます。

 

 
この情報の持つ力を
いちはやく戦時中に着目して

大いに利用したのがかつてのナチスです。

 
以降、こうしたマルチメディア戦略は
形を変えながらも、
現在も世界中で機能しています。

視覚どころか、聴覚…
その巧妙高揚たる演説演出を加味して、

当時の
それを求める人心をひっぱりあげました。

 
人々はそれに“酔い”、

そしていつしか

自分で考えることを放棄して

自身の「人生の本質」から外れていきます。

 

刺激ホリックとなり、

つねに情報を追い求めては

つかんだ表面的な情報に
あたまに気血をのぼらせて
(のぼるとイライラ・そわそわします)
いきり立っている方も多く見受けます。

 

テレビの情報は信用ならん、
ネットでホンモノの情報を検索…

しかしながら

ネットもそこには複雑に人の意識がまとまりなく介在し、

いたずらに追っても
その張りめぐらされている網に

こころを絡みとられるだけです。

 

どう嗅ぎ分け生きて参るか…

わたしたちひとりひとりの

深いところに根ざした原初の感覚…

そこに落ちたところで手にしたものが
わたしたちの人生航路の方舟と成ります。

 

自身、この2年ほど
ほとんどテレビを観ていない生活ですが、
 
一種の情報断食になってます(笑)

 

情報化社会と言われて久しい現代ですが、
皆あたまをフル動員して、
脳みその疲れがピークに達している方も
多いことでしょう。

 

一昨年の5月まで
私は首都圏に住んでおりましたが、

立派なスーツを来たサラリーマンが、
顔を紅潮させて(気血がのぼってます)
ひとりごとをぶつぶつ言っているのを、
電車の中などでよく見掛けました。

 

この国の年間自殺者数3万人とか。

これだけの異常値が出ていながら、
ほとんど有効な対策が打たれていません。

 

新聞、雑誌にインターネット、
携帯、テレビに、
リアルな人間関係。

 
電車に乗っていても常に刺激的な吊り広告や、
車内壁にベタベタ貼ってある、
猥雑な広告が目につきます。

 

これだけの情報処理に追われて、

わたしたちは日々暮らしているのです。

 

あたまおかしくならないのが
おかしいですよね。

 

あたまもからだも

使うばかりで休む「間」がないと、

本来の働きが鈍ってしまいます。

 

ぽけーっとして お休みしましょう


何事もバランスです。

 
使うばかり、
詰め込むだけではいけませんし、

まったく使わないのはさらに良くないことです。

 

以前、ご紹介させていただいた、

瞑目しながらの、

背骨を左右 前後 回転と、

背骨をあたかも海底にゆれるワカメのように

ゆらゆら動かすのも、

 
張りつめた神経をゆるめ、

疲れきったあたまを休めるのに

良い養生運動になります。

 

1日のなかで上記のような運動を取り入れ、
なんどか瞑目する時間を持ちますと、

脳本来の潜在している働きを引き出す上でも

良い時間となります。

 

これを気功養生学では
 
「積極的休息」といいます。

 

人は良く働いて、
 
そして「良く休む」ことで

 

人ひとりが持っている能力の幅が広がり、

時間に対しての、
ここぞという集中力など、

ほんとうのゆとりが生まれていくのです。
 

10407110_383825435116650_2109355791749633626_n.jpg


スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

コメント

最近、自律神経はコントロールできないが、ある程度調整はできるものと思うようになりました。
からだが、海の上でうかんでいるような、ハクチョウが翼を広げているように腕を広げるなどなど、イメージをすることにより、身体の血流や筋肉の緩みを引き出すことができるのではないかとおもういます。
ラジオ体操にしろヨーガにしろ、太極拳にしろ一つ一つの套路をそのようなイメージを持つことが大切に感じます。
この記事を読んでいて改めてそれを感じました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ