プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:所感
1977015_256340614547846_1499087348_n.jpg

 

ホオジロザメ・・・映画「ジョーズ」などで、
すっかり凶暴なイメージを持たれてますが、
 
様式美より機能美を重んじる私としては、
その流線型の無駄のないフォルムといい、
私は海の生きもののなかでも、
シャチに次いで好きです。

 
 
だいぶ数が減ってきていて、
絶滅の危険性もあるのではないかといわれています。
 
 
 
映画以来、獰猛と決めつけられて、
見かけると人間に殺されてしまうケースが
海洋上で増えてしまったようです。
 
人間とサメ、一体どちらが獰猛・狂暴なのか・・
どの絶滅種においてもそうですが、
生態系におけるパワーバランスというものを考えてしまいますね。
 

 
私の住んでいる長野県では、
鹿が増え過ぎたことによる獣害が問題になっています。
 
日が近くなりましたら お声がけさせていただきますが、
(既に多くの参加表明をいただいておりますが、
参加されたい方は今からでも お受けいたします)(笑)
 
 
 
4月24(金)に
曹洞宗の禅寺で
ボデイーワーク講座をとり行います。
 

 
 
講座後は限られた人数にはなりますが、
そのあと移動して高遠の温泉に浸かり、

「ざんざ亭」という秘境のお宿にて
囲炉裏端を囲み、
秘境の夜に私と皆さまで語らいながら
鹿料理を味わっていただきます。
 

 
☯鹿ジビエと山師料理「ざんざ亭」
http://www.zanzahotel.jp/
 


 
山で鹿をいただくということ、
 
有り難くも 命をいただくということが
 
どういうことか、
 
参加される方は大いに体験することになるでしょう。
 

 
 

「私は肉は食べません、ベジタリアンです」
 
 
野菜だって、植物だって、
 
わたしたちが命をいただいていることに
変わりはありません。
 

 
私が お伝えするボデイーワーク体系の中心核である
 
「站樁 たんとう」は、
 
表面的には全く動いていない様を、
 
樹々の生命活動に たとえます。
 

10393993_383605538471973_8755641467749589352_n(1).jpg
 
 
 
牛や豚も 鹿も熊も、

クジラやイルカだって、
 
 
みな同じ命です。
 

 
わたしたちは皆、
 
すべての命をいただいて、
 
自らの血とし 肉と成せているのです。
 

 

・・・最初の おもしろ画像に合わせて
もっと軽いノリの記事に仕立てようと思っていたら、
なんだかこんな流れになってしまいました(笑)
 

 
話しをホオジロザメさんに戻します(笑) 

人間の思い込みで、
だいぶヒール(悪者役)としてのイメージ・・・

人食いザメというイメージが強いようですが、
 
 
人を襲う件数、
 
このホオジロザメに襲われる件数は
年間30から50件、
 
死に至るケースは10から15件らしいです。
 
 
ハチに襲われて、その神経毒により
(おもに呼吸障害を引き起こします)
ショック死してしまうほうが、
はるかに件数としては上回っているそうです。
 
 
自殺者の数や
交通事故に至っては、
世界中で今この瞬間にも毎分毎秒起きているのです。
 
 

 
サメは襲うというよりも、
興味の対象をまず咬んで判断するのですが、
 
ホオジロザメの場合はその大きさゆえに、
そのひと咬みが人にとっては致命的になるのですね。
 
 
上記を踏まえた上で、
表現としてあえて言うなら、
ホオジロザメが人を襲う理由のひとつに、
 
サーフボードに乗ったサーファーの姿が
ふだん捕食しているアザラシに似ていたり、
 
船のエンジン音や、
その他の機械類が出す磁場が、
彼らの感覚を狂わせるためだとも考えられています。
 

 
おそらく捕食の上で役立っているのでしょうが、
鼻先に微弱な電流をキャッチする器官があるそうで、
そこを抑えられると猫のように大人しくなるそうです(笑)

 

たぶん顔で損しているかもしれませんね。
 
まぁ、実際に同じ海の中で遭遇したら、
えらいびっくらこくでしょうからね(笑)
 


ホオジロザメ


スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ