プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:教室日記

先日の教室のレッスン模様です。


☯『 技撃樁 ぎげきとう 』


1422588_434840256681834_1333502955106859441_n.jpg

 

初めてお伝えしたわりに、
上出来でした。
 

 
他の団体ではどうかは知らない。
 
これも相互依存を創り上げていく
具体的なワークです。
 

 
勝負ではなく、
 
お互いの力量を向上させていくために
 
 
身勝手に自分の力を押し込まず 
 
拮抗させ、
 
からだ と こころ の総体的な力を
引き上げていくのが
こうした訓練の目的です。
 

 

動きのなかでも、
 
站樁(たんとう)で養った
全身のまとまりを崩さぬよう
注意をはらいます。
 
 
 
☯基本 站樁(たんとう)
『 平肩 垂撑勢 へいけん すいとうせい 』

https://www.youtube.com/watch?v=csG88MQJZ04
 
 

「站樁 たんとう」訓練により
 
全身がまとまっていれば、
 
接触面から腕を回すだけで
(らせんの力)
 
相手の身体は重心を奪われ、
 
崩れます。
 

 
これを中国武術では
 
相手の力を化かす
 
「化勁 かけい」と言います。
 

10995749_434840223348504_1753159871625306549_n.jpg


 
どのような訓練においても
 
常にリラックスを心がること。
 
 
 
自分がリラックスをしていれば、
 
相手の身体と心から伝わる
緊張も分かるものです。
 

こうした訓練は、
仕事を含めた人間関係全般に
活きていく質のものです。
 

レッスンの締めはペアワークで、
お互いを ねぎらって終了します。
 

11013567_434840323348494_8424091380092206274_n.jpg


 
☯相互依存の関係性を育むこと

 
何事も片手落ちではバランスが悪いものです。
 
 
わたしたちの心の中には、
「頼りたい」「甘えたい」「当てにしたい」といった
 
依存の位置から相手を求める気持ちと、
 
 
「助けたい」「役に立ちたい」「力になりたい」という
 
自立の位置から相手に与えたい気持ちの両方があります。

 

 
依存しっぱなし 自立しっぱなしでは
マズいということですね。
 
 
依存や自立の位置と、
その関係性がその場で固まってしまうと、
(武術では、居着きと言います)
 
 
自身の求める気持ちは満たされても
 
与えたい気持ちは満たされなかったり、
 
またその逆も生じます。
 

 
相互依存の関係性とは、
 
それは陰陽太極のマーク☯が、
そのまま秀逸に表現できているのですが、
 

いんよう図⑤



依存も自立も、陰陽のマークが回転するように
自由に行き来できる「状態」を指します。
 
 
依存と自立、そのどちらも、
お互いに満たし合うことができるのです。

 
 
自分自身が自立も依存もできる
オールラウンドプレーヤーになることで、
受け入れのキャパが広がり、
 
相手の自立を促したり、
相手の依存を引き受けたりできるようになり、
 
 
 
それは「お互いに」より早く、
 
自立も依存も大丈夫な関係性を
育んでいくことに成るのです。

 
 
スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ