プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
〔 山下俊行 〕

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな現代人の

こころ と からだ がより良く寄り添うような、

身体と心の在りかたセッションです。



からだ の軽快な状態をもって こころ の状態が導かれていく


セッションの比重としては、
中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや症例に応じた各種整体運動・現代型ストレッチなどをとりいれたセッション内容となります。

 
一般に広く行われているリラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まっていく」


そんな状態をセッションでは当面、目指しますが、
プロセスのなかでいずれはそんな目的も自然に忘れて、
楽になれば良いと捉えております。


現代は特に、

“あたま”が賢くなることよりも先に、
 
“からだ”が賢くなることが大切なことと感じています。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:未分類
菜の花パスタ


 
春の恵み、
菜の花をパスタに絡めて有り難くいただく。

 
季節のもの、
そしてその土地のものを有り難くいただきます。

 
それは人たることの健全さ、
自身の「自然性」を取り戻す、
 
「食」として最もシンプルで確かな在りかた。

 

春にお疲れ気味になる
「肝のケア」にも関係ある、
菜の花、よもぎ、ふき、うどなど
春野菜のほのかな苦味。
 
「肝」の不調からくる、
イライラと高ぶりがちな神経を
クールダウンする効果もあります。

 

☯「 春の臓器、それは肝臓 」
http://9512taitao.blog.fc2.com/blog-entry-112.html

 

・生にんにくをスライス。
フライパンで香りが出るまで炒めたら、
ベーコン(無塩せき)を炒める。
 
ベーコンに少し焦げ目がついてきたら、
ダイス状にカットしたトマト(伊那地産のもの)を投入して、
少し水気がなくなるまで炒める。
 
塩、コショウ、コンソメスープの素
(無添加)で味を調えます。

 
パスタの茹で汁を加えれば、
ホールトマトを使わずとも、
自ずと美味しいトマトソースと成りますよ♪

 
・菜の花は水洗いしたものを
3㎝はばくらいに包丁で切り分け、
塩(食塩ではない、自然塩)を加えたお湯でさっと茹であげ、
流水でしめて水気を切っておきます。
 
パスタが茹で上がる直前に投入して、
サッとお湯を切りますよ。

 
・炒めた具材のフライパンにパスタを投入。
まんべんなくソースを絡めて皿に盛って完成です。

 
添え物のスープは新玉ねぎを使った、
シンプルなオニオンスープで。

 
身体温まって元気の出る春メニューのご紹介です。
  


スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性 心と体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 ☯Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ