『 陰気 と 陽気 』  

1535032_444090359090157_6005115212751288905_n.jpg  21025_444090372423489_9069364037359205272_n.jpg


 
一枚目と二枚目の写真ですが、
 

東の柔らかな朝陽(陽気)浴びたる植え込みと、
 
強い西日を浴びたる鉢植えと、
 
 
同じバラ茎で、
 
こうも成長に差が出てしまうものか・・・
 

 
朝陽を浴び続けたバラの方は、
 
まるでジャックと豆の木のように、
 
二回のベランダを突き上げるような勢いです。
 

 

私も触れたばかりの頃は
ちんぷんかんぷんでしたが、
 
陰陽五行説とは机上の空論ではなく、
 
 
そのたゆまぬ自然観察から生まれた
 
何千年も残っている宇宙観です。
 

 
 
朝から日中に掛けて
 
「氣」は上昇して広がり行き、
(春・夏おなじサイクル)
 
 
夕暮れから夜に掛けて
 
「氣」は下降して収束していく・・
(秋・冬おなじサイクル)
 

 
 
作業的なことは
立ち昇るエネルギーとともに、
 
午前から日中に済ませ、
 

 
「氣」が落ち着く
 
夕暮れから夜は
 
「沈思黙考 ちんしもっこう」
 
深く考える時間に当てこむ・・
 

 
 
「昇・開・降・合 しょう・かい・こう・ごう」
 

 
 
一年一日、
わたしたちはこの「氣」のサイクルの
流れのなかにあります。
 

いんよう図⑨

 
 
なにか物事がうまくいかないとき、
 
わたしたちはこの「流れ」を感じ、
 
調和し、
 
 
 
そしてときには「流れ」のなかで
 
波乗りの重心バランスをとるように、
 
自身の陰と陽のバランスを調えていく・・
 

暮らしぶりとはまさに
 
このありさま。
 

 
これが
物ごとの機微(きび)をとらえるという、
 
根源的なありさま。
 

 

今は春、
 
それは立ち昇るエネルギー。
 

 
昇り強いときほど
 
地に根を張り 降ろし
 

 
人体で言えば、
 
上と下を結ぶ中間地点、
 

腰と肚(はら)が調ってこそ、
 

その立ち昇るエネルギーは、
 
「不屈」という力に変化します。 

 
 
高速で回転し続けているコマが
 
遠くからは止まって見えるがごとく、
 
 
これが「相対静止 そうたいせいし」という状態。


垂撑勢
 

 
この不屈の力が
 
いわゆる「丹田の力」と
 
呼ばれるものです。
 

『 平肩 垂撑勢 へいけん すいとうせい 』
https://www.youtube.com/watch?v=csG88MQJZ04


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
〔 山下俊行 〕

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな現代人の

こころ と からだ がより良く寄り添うような、

身体と心の在りかたセッションです。



からだ の軽快な状態をもって こころ の状態が導かれていく


セッションの比重としては、
中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや症例に応じた各種整体運動・現代型ストレッチなどをとりいれたセッション内容となります。

 
一般に広く行われているリラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


循環機能するための、ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れるしなやかな強さ…生命根源の力が高まっていく」


そんな状態をセッションでは当面、目指しますが、
プロセスのなかでいずれはそんな目的も自然に忘れて、
楽になれば良いと捉えております。


現代は特に、

“あたま”が賢くなることよりも先に、
 
“からだ”が賢くなることが大切なことと感じています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR