プロフィール

9512taitao

Author:9512taitao
[ 山下俊行 ]

1969年生まれ。

【 Vital Energy Body Work 山下道場 】代表


Vital Energy Body Workとは、
ヨーガ・気功・武術・整体手技などを
研究・実践、整理を重ね、
 
とかくバラバラになりがちな

こころ と からだ をより良くまとめられるよう、

東洋の叡智を結集した身体と心の技術体系です。


からだ の状態をもって こころ の状態を導く


中国気功養生の緻密な内観(観察と集中)をベースに、
身体操作・ヨーガや整体・現代型ストレッチなどをとりいれたレッスン内容です。

 
リラクゼーション主体の癒やし効果だけではなく、


ゆるみとしまりのバランス良い関係

「内から溢れる強さ…生命根源の力を高める」


これが主だったレッスンの目的となります。



関節や心・肺に無理な負担をかけず、

老若男女問わずに、

練習に努めることで「結果」

からだの奥底に眠っている生命力を奮い立たせることを狙うレッスンです。



今まで出会った方々

これから出会う方々へ


貴重なるご縁に

感謝申し上げます。




身体に対する意識を高め

自己否定をしない、内から湧き起こる真の「自信」を育て

深い たましい の道行きを 皆さまと共に歩めたら

そう感じ想いながら日々、活動、
発信させていただいております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:所感

私は培って来たことを教え伝えることにおいては、
 
全身全霊、
 
いつも真剣です。
 
 
ですからこちらの門を叩いた上で、
真剣に、
 
自分の頭で考えて、
取り組む意識に欠ける方には
とても げんなりします。
 

 
人が羨む成功者や、
ひとかどの者に成っている方は、
 
みな主体的な努力と、
 
働きかけ続ける精神を忘れていません。
 

 
教えられることを、
ただ あんぐりと口を開けて待っている方が多いです。
 
そういう方と関わり続けることは建設的ではありませんし、
私は非常に疲れを覚えます。
 
なぜなら、
お互いを高める循環作用が働いていないからです☯
 

 

認識というものは何を始めるにも大切なことであり、
 
それは心がけであったり、姿勢であったり、
 
だからこそ、私は口うるさく
普段から認識の大切さを説くのですが・・・
 

 
ボディーワークの指導において、
首都圏に留まらず、
東京や地方にお住まいの方から、
良く以下のようなコメントやメッセージをいただきます。
 
 
「東京(その他の地方名)で開催することがあったら、
ぜひレッスンを体験したいです。」
 

一見、有難いお声掛けであり、
またそういったお声掛けに
駆け出しの頃は快く応じていた時もありますが、
 
 
 
こちらの指導経験上、

こういった〝何かを待って〟期待している方々の
心と身体に、
 
まず持って「学び」が落ちた試しがありません。
 

 
 
学びが落ちるとは「身につく」ということですが、
 
身につくまでに止めてしまう方がほとんどです。
 

 
 
安請け合いをして、
私自身も消耗を重ねた経験があって今が在ります。
 
 
 
 
モノに成らない方に共通して言えることは、
 
何かを成すに当たって
どの分野においても必要最低限である、
 
「継続力」がない。
 

 
こたつから手を伸ばせば手に入る状況のごとく、
 
容易く与えられることに慣れてしまっているのか、
 

 
何かの〝ついでに〟始めたり、
 
本気で取り組む気持ちがないのなら、
 
初めから関わらない方が失礼に当たりません。
 

 
「どこそこで開催することがあったら、
ぜひレッスンを体験したいです。」
 
 
これは本人は至って悪気はないのでしょうが、
 
 
「あたしやオレんところに足はこんでくれるんなら、
 
学んでやってもいいよ」
 
 
悪気はなくとも、
こちらに対してそう言っているのに等しいのです。
 

 
現実、移動するのに交通費は?宿泊費は?
一体、だれが?
 
場所の確保や、
志しある自分たちのコミュニティでもいいですから、
催行するための参加人数など、
 
私は純然として教え伝える内容だけに集中したいので、
 
オーガナイズしてくれる状況が派生するのなら、
私はどこにでも出かけて参ります。
 

 
全身全霊、本気で教え伝えるために。
 

 
オーガナイズできないのであれば、
私の住む長野県は駒ケ根市まで足を運んでいただきたい。
 
 
何かを真剣に学び、修めたいと欲するのであれば、
 
自分の方から足を向けるんです。
 

それが人からものを「学ぶ」ということです。
 
 

私は中国武術のエッセンスに触れたくて、
茨城の片田舎に住んでいた高校時分から、
都内各地に足を運び、
 
国内外の先生方の気風に触れながら、
流れているエッセンスを吸収していったものです。
 

今から28年前は資料といえば、
古本屋を漁ったりする他なく、
ビデオはまだ高くて、
今のようにお気軽に動画など観ることはできない時代です。
 
集中力を磨くという意味では、
その環境で良かったと、
今、振り返れば想います。
 

 
何かを修めたいのであれば〝受け身〟であっては
けっして身につくことはありません。
 
 
 
このことは、
御自分の人生を主体的に全うしていく、
 
その精神、
 
生きる姿勢に関わる大切な問題意識です。
 

 

信心(自分を信じて)・決心・向上心
 

何を成すにも、
 
この三つの心がけが必要です。
 

 
山下 俊行



遠雷


スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

tag : 人間の可能性

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ☯ Vital Energy Body Work 山下道場 all rights reserved.Powered by FC2ブログ